1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「妻が背中を押してくれた」‥ガラタサライ移籍の長友佑都に応援の声!

セリエAのインテル・ミラノからトルコ1部ガラタサライへの期限付き移籍が決まったサッカー日本代表DF長友佑都選手がtwitterで、移籍する際に第1子を妊娠中の妻・平愛梨さんが背中を押してくれたと明かしました。

更新日: 2018年02月03日

6 お気に入り 24594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ガラタサライへ移籍した長友佑都選手の活躍に期待!

karumaru0505さん

●サッカー日本代表・長友佑都選手

1986年9月12日生まれ。身長170cm、体重68kg。血液型O型。

豊富な運動量と抜群のスピードが武器のサイドバック。俊敏性に優れ、1対1に強く上背はないが、大型FWにも競り負けないフィジカルと身体能力の高さを併せ持つ

●インテル・ミラノからガラタサライへの期限付き移籍を発表

トルコ1部ガラタサライは31日、インテルミラノからDF長友佑都(31)を獲得したと発表した。

複数のイタリア・メディアによると、レンタル料は100万~150万ユーロ(約1億3500万円~約2億250万円)

また、インテルと来季(18~19年シーズン)まで契約があるため、移籍金700万ユーロ(約9億4500万円)の買い取りオプションが付くとの報道もある。

●今シーズンは思ったように活躍できていなかった長友選手

長友は今シーズン、セリエA第22節終了時点で11試合出場(先発は9試合)を記録している

開幕スタメンを勝ち取るなど序盤戦はコンスタントに出場機会を得ていたが、第13節から第22節までの10試合で、ピッチに立ったのはわずか1回と控えに甘んじている。

3大会連続のワールドカップ(W杯)出場を目指すなか、スパレッティ監督の下ではもはや戦力外扱いだった。

●7年間所属したインテル・ミラノを離れることに

長友は1月31日、7年を過ごしたインテルを離れてトルコへのレンタル移籍を決断。

今日でインテル丸7年。 2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す。 感謝の想いで胸がいっぱいです。 ありがとう。

●また、妻の支えを明かしました

長友佑都選手(31)が1日、自身のTwitterを更新。移籍するに際し「悩んでた自分に妻が背中を押してくれた」と明かしました。

平愛梨さんも同日に、「私にとっても冒険だ!」とのタイトルで自身のブログを更新。移籍を決断した夫について、「新たな長友佑都さんの姿を見たい」と心境をつづった。

もうすぐ出産を控える状況で、悩んでた自分に妻が背中を押してくれた。 何も気にしないで、長友佑都のサッカー人生のことだけを考えて決断して。 僕は新たな挑戦を決めた。 妻の強い覚悟に大きな尊敬と感謝を抱き、そして妻をサポートし、応援してくださるみなさんに心から感謝します。

●長友佑都選手に応援の声が相次いでいる!

@harikiri_tairi @YutoNagatomo5 いい夫婦ですね。ほっこりします。素敵です。末長くお幸せに

1 2