1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

波乱万丈の自伝からWEB漫画まで!3月公開のおすすめ「実写化映画」

3月公開の実写化映画も多彩。WEB漫画原作で中村ゆり主演のハートフルストーリー「ラーメン食いてぇ!」、“伝説の編集長”の自伝を映画化「素敵なダイナマイトスキャンダル」、中村文則の小説を実写化した純愛サスペンス「去年の冬、きみと別れ」、人気コミックの実写化「坂道のアポロン」&「ちはやふる 結び」。

更新日: 2018年07月17日

8 お気に入り 17786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

WEB漫画発 ラーメンを起点に感動を呼ぶハートフルストーリー

◆『ラーメン食いてぇ!』(3月3日公開)

「ラーメン食いてぇ!」は1杯のラーメンをきっかけに、妻を亡くし店を畳む決意をしたラーメン屋の店主、取材中にキルギスの高原で遭難した料理評論家、自殺を考える女子高生の再生を描く物語。

同作は、2014年に『講談社コミックプラス』で連載された後、2015年にウェブ漫画サイト「モアイ」で全話無料で公開されて100万PVを達成した林明輝の同名漫画が原作。

NHK連続テレビ小説「まれ」の中村ゆりかが主演、同「わろてんか」の葵わかなが共演。ほか石橋蓮司、片桐仁が脇を固め、ラーメンを起点に感動が感動を呼ぶハートフルストーリーを紡いでいく。

伝説のラーメン漫画「ラーメン食いてぇ!」映画化決定!中村ゆりか&葵わかなが共演 #映画 #eiga eiga.com/l/W1zh2 @eigacomから 原作面白かったから見たい

芥川賞作家・中村文則の小説を実写化した純愛サスペンス

◆『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)

芥川賞作家・中村文則による同名小説を岩田剛典主演で映画化した純愛サスペンス。

とある焼死事件の真相を追うルポライターが、次第に抜き差しならない状態に陥っていくさまを描写する。

『グラスホッパー』などの瀧本智行が監督を務め、主人公の婚約者を『ピーチガール』などの山本美月が好演。そのほか斎藤工、浅見れいな、北村一輝らが共演している。

「去年の冬、きみと別れ」完成披露試写会行ってきました! 原作とは違う展開にドキドキ 見終わったあとの「そうだったのか!」という驚きと爽快感みたいな不思議な感覚… そして岩田剛典さんの今まで見たことない表情が切なくて愛しくて。 こ… twitter.com/i/web/status/9…

昨日はご縁があって『去年の冬、きみと別れ』の完成披露試写会に行ってきました。原作読了済みでしたが、映画の展開と結末もアリだと思いました。原作者の中村先生が「騙された」という伏線も中々面白かった。伏線に関しては賛否はあるとは思いますが…。 #冬きみ

高校生の友情、恋、ジャズを描いた人気コミックを映画化

◆『坂道のアポロン』(3月10日公開)

小玉ユキによる同名コミックを「先生!、、、好きになってもいいですか?」の三木孝浩監督が実写映画化。

長崎県佐世保市へと引っ越してきた高校生の友情、恋、ジャズとの出会いを映す。

『金メダル男』などの知念侑李、『ReLIFE リライフ』などの中川大志、『渇き。』などの小松菜奈、『結婚』などのディーン・フジオカらが顔をそろえる。ディーンが劇中で歌を披露するシーンも見どころの一つ。

『坂道のアポロン』試写会に行ってきましたっ!みんな長崎弁うまい!あと演奏シーンがおっそろしい出来で、プロデューサーに5回くらい確認したのだけど、吹き替えなし!全部俳優さん本人たちの努力の賜物らしく…私なんて10年ピアノ習っても弾けないのに。すげぇなおい!素敵な作品になってましたよ

坂道のアポロン、試写。演奏シーンがものすんごいという噂は聞いてはいたものの…想像を遥かに超える場面の展開。ヨリもヒキも魅せまくってくれる。ドラマパートも知念侑李さん、中川大志さん、小松菜奈さんのオリジナリティが浮き彫りになっていて、思いがけないベストアクトに涙が流れた。取材楽しみ

1 2