1. まとめトップ

集団面接で聞かれる質問は?答えがかぶる、同じ答えはNG?頷く必要性や受かる人の特徴は?

集団面接において聞かれる質問はどういったものか?他の人と答えがかぶることや同じ答えは良いのか?うなずく必要性や受かる人のポイントなどについて書いてみました。

更新日: 2018年02月05日

2 お気に入り 5459 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

集団面接で聞かれる質問で頻出なのは?

①自己紹介

✕✕大学法学部の○○○○です。大学では政治学を専攻し、日々勉強に取り組んでおります。テニスサークルに所属しており、社会人・大学生大会ではベスト4にはいることができました。そういった経験からも、積極性と向上心には自信があります。貴社の積極性を持つ社員こそが評価されるという社風に、強い魅力を感じました。よろしくお願いいたします。

②志望動機

企業にとって一番知りたいのが「志望動機」になります。面接官としては、「なぜ希望したのか」「何が魅力だったのか」を把握したいのです。そのため、回答時間が短い中でも、企業の価値観や事業と自分の考え方が合致したと伝えましょう。的確に動機を伝えるには、自己分析はもちろん、企業研究を隅々までおこなっておくことが求められます。ESの回答もチェックされている可能性があるため、整合性を示すために内容を覚えておいたほうがよいでしょう。全く違う内容を話すと「一貫性がない」と思われて評価を落としてしまいます。

③学生時代に頑張ったこと

学生時代に頑張ったことも聞かれやすい質問のひとつです。面接官は学生時代の頑張りを見て「どのような働き方をするか」や「問題や課題をどう解決するのか」を知ろうとしています。そのため、これまでの経験を話すだけではなく、頑張った経験を仕事にどう活かしていきたいかも話すことが求められるでしょう。個人面接よりも回答時間が短いため、経験ばかりを話し過ぎてしまわないように気をつけてください。

集団面接で聞かれることはどんな質問でしょうか?聞かれる質問については企業ごとに異なります。異なりますが、集団面接は1人当たりの質問の回数は多くないですし、結構かぶります。集団面接は面接の中でも1回目に行われるので、そんなに突飛な質問は飛んできません。だいたいどの企業の同じような質問になります。何を聞かれるのか?というのは、形は違ってもほぼ同じような内容になるというのは覚えておきましょう。志望動機は聞かれる可能性は割と高いです。しかし、それ以外はいろいろな聞かれ方をしても、結局自己PRと同じということが多いです。だから、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」、「自己PRをしてください」、「あなたが輝いている瞬間は?」みたいな質問が実際に考えられますが、これらは全てほぼ同じ質問です。自己PRを聞いているのと同じなので、集団面接は志望動機と自己PRが中心で、それ以外の質問もあると言えばありますけど、あまり多くないと思います。他の人の意見についての質問などもあるようですが、集団面接で聞かれる内容は予想がしやすいので、志望動機や自己PRはいきなり聞かれると思って準備をしておきましょう。集団面接に受かる人はこういう聞かれる質問の準備はかなりやっているととも言えますから。集団面接に受かる人のタイプはある程度いろいろ部分に気を配れる人とも言えると思います。集団面接は聞かれる質問が予想しやすいですが、個別面接は聞かれる内容は予想しづらいかもしれません。なぜならば、質問回数は増えるからです。質問の数が増えれば、予想が難しくなります。集団面接の対策は何を聞かれるのか?ということを調べるのも重要で、想定質問を考えておけば大分有利になります。就活において集団面接で聞かれることについてはあらかじめ頭にインプットして、対策をしておきましょう。

集団面接で他の人と答えがかぶることは多い?

Q.集団面接で、前の人と意見が同じだったことはありますか?

はい …42.6%

いいえ…57.4%

4割以上の就活生が、集団面接で人と意見がかぶった経験を持つと判明。では実際に、先輩たちはどんな対応をしたのでしょうか。さらに聞いてみました。

Q.集団面接で、自分が用意していた答えと同じことを前の人がしゃべってしまったとき、どうしたらいいと思いますか?

・言葉に詰まるよりは、同じ意見でもはっきり言う。(女性/22歳/建設・土木)

・前の人よりも自信を持って言葉を選び、同じことを堂々と話す。(女性/22歳/医薬品・化粧品)

・前の方と同じ意見であることを言い、自分の考えや経験を話す。経験や感じ方はみんな違うので、ありのままの自分で臨めばいいと思う。(女性/25歳/建設・土木)

・気にせずに、自分が用意していた答えを答えればよいと思う。(男性/24歳/商社・卸)

・同じ意見でも改めて自分の口から言う。出てくる言葉が違うから。(女性/23歳/マスコミ・広告)

・自分の経験を盛り込めばオリジナリティが出るから、答えは同じでも良い。(男性/23歳/金融・証券)

・とっさに話し出しを変え、切り口は少し違うけど内容は同じであるような話し方を心がけていた。(男性/24歳/ 不動産)

・頭をフル回転して、プラスアルファを付け加える。(男性/24歳/建設・土木)

・前の人よりもさらに深く突っ込んだことを話した。(男性/24歳/金属・鉄鋼・化学)

・相手の意見プラス自分の意見をかぶせる。(女性/23歳/学校・教育関連)

・正直に同じことを言うが、自分らしい意見も加える。(女性/24歳/医薬品・化粧品)

・結論は同じだが、それに至った理由や過程は違うことを言う。(女性/26歳/機械・精密機器)

・前の方と同じで〜ですと言う。理由とかエピソードで個性を出せればよいと思う。(女性/21歳/情報・IT)

・さらにプラスアルファで自分の意見を付け加える。(女性/22歳/マスコミ・広告)

・とっさに別の事を考えます!(男性/26歳/小売店)

・つい違うことを話さなければと意見を変えたが、それで失敗した時もあった。意見が同じでも堂々とその通り伝えれば良いと思う。(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)

集団面接は聞かれる内容も気になりますが、他の人がどんな受け答えをするのか?というのも気になるでしょう。集団面接では答えがかぶることが割とあります。引用したアンケートでは4割強くらいの人が他の人と同じ答えだったことがあるという経験があるのです。したがって、集団面接では答えがかぶることは普通に考えられるのですが、そのときには同じ内容の答えを言うのか?変えるのか?というのは悩むと思いますが、就活生の回答は人それぞれです。したがって、集団面接の受け答えをするときには、他の人の回答をちゃんと聞いておく必要もあるということなのです。他の人の回答を聞いて、自分の答えとかぶるときにはどういう対応をすべきか?というのも考えましょう。集団面接では人数がそれなりに多い場合には同じ回答になる可能性は十分あります。自分が答える前に考えていたことを言われた場合もあれば、自分が回答した後に別の人が同じ回答を話す可能性もあります。結果的にいろいろなケースで就活の集団面接は同じ回答になることは想定しておかないといけません。就活生は集団面接において何を聞かれるか?というのが予想しやすいだけに、回答をちゃんと練ってくる人も多いでしょう。聞かれることが予想しやすいならば対策もしやすいですから、自信を持った回答を練りやすいです。そのちゃんと考えてきた回答でかぶったとしても、その場でいきなり変えるというのはリスクはありそうです。

集団面接で他の人と同じ答えを言うのはマズイのか?

面接官も、「順番に」しゃべらせる以上、
「先に言った・言われた」の問題は、それなりに織り込み済みでしょう。
ですから、
「重複しますが」と断りを入れ、「マネしたんじゃないぞ」とアピールした上で、
自分の考えを述べればいいのです。
それにね、「先に言われた場合」は、ある意味「ラッキー」なのですよ。
Aさんの話を踏まえて、
「自分独自の部分」を強調(アピール)することが出来ますし、
Aさんの意見にツッコミ入れることも可能なわけですから。
「Aさんはこう言ってますけど、私は・・・・」
みたいな話に持ち込めれば、Aさんよりご自身をアピールする「よいチャンス」たり得るわけです。
一概に「ピンチ」と考えるべきではないと思いますよ(^_-)

集団面接をするときにはどうしても他の受験生と答えがかぶることがあります。集団面接で聞かれる質問は予想がしやすく、回答をきちんと考えやすいので、その答えがかぶったときにいきなり変えるのはリスクがあるでしょう。でも、実際に自分が話そうとしていることが先に言われてしまったということがあると思うのです。集団面接は順番に話していくので、そういったことはどうしても起きます。したがって、そういう事態が発生することは想定しておいた方が良いです。そして、集団面接で先に言われたときには基本的にはその場で別の回答を考えるのではなく、あらかじめ考えておいた回答を話すというので良いと思います。面接官としても、集団面接で複数人が同じ回答になるなんてことは何度も見ているでしょうから、珍しい光景ではないと思いますし、集団面接は順番に話していく性質があるので、仕方のないことだと思ってくれるでしょう。したがって、集団面接では回答がかぶることは基本的に気にしなくて良いと思います。集団面接で聞かれることに関して多くの就活生が同じ回答になってしまうこともあります。瞬時に回答を変える人もいるかもしれませんが、時間をかけて考えてきた回答以上に、今さっき考えた回答が優れているというのは考えづらいのです。集団面接で聞かれる質問の1つに対して、回答を複数あらかじめ用意してきて、先に言われた方じゃない方を話すというのならば良いかもしれませんが。でも、同じ回答であっても、その回答の伝え方には差が出ますし、そこで面接官の印象も変わると思うので、回答の内容が同じでも、回答それ自体が同じということにはならない気がします。集団面接では同じ回答をしたとしても、それで評価が下がるということはないと思います。先に言われたときには、その人の回答よりもさらに内容を詳しくしたりすれば、逆に前の人との比較で、自分が相対的によく見えるということもありますから、工夫次第で集団面接で先に言われたという事態はチャンスに変わるということになります。集団面接に受かる人は他人と回答がかぶっても、そこから自分のオリジナリティを出して、内容は同じでもより優れた回答に見せられる人ということも言えるかもしれません。集団面接では聞かれる質問ごとに回答を複数作っておくというのも1つの手ですけど、そこまでしなくても、集団面接では回答がかぶることを気にしないで良いと思うのです。

集団面接でうなずく必要はあるのか?

他の就活生が同時に面接に臨むことにより、「自分が話さなくていい時間」が発生します。話すのは質問されている就活生だけですから、他の人が話している間は話す必要がなくなってしまうのです。

このとき気を付けてもらいたいのは、自分が話す時間が終わったからといって、気を抜かないことです。話が終わった途端に、無表情になって下を向いていたりキョロキョロしていたりすると、自分のことにしか興味がない人であるかのように見えてしまいます。

誰でも自分が話す時は、表情や姿勢などを意識していますが、話し終えた瞬間にスイッチが切れる人は少なくありません。かといって、隣の就活生が話している時に、その人を凝視するのは明らかに不自然です。しかし、毎年何人かは隣の就活生を凝視しながら、うなずきをし続ける人にお会いします。

それも、うなずきが会話の流れとは全く関係がないところでも繰り返されるので、話を聞いていないことは丸わかりで、不自然極まりないものです。このような就活生が1人は2人ではないのが採用現場で起きている現実です。

一度、面接が終わった後に、少しだけ話をしたことがあります。

「誰かに『隣の人を見ろ』って、指導を受けたんですか?」
「はい、学校のマナー講習で教えられました」

そこで、その隣の人に、こう尋ねてみました。

「ずっと見られていましたけど、話しやすかったですか?」」
「…いえ、正直余計に緊張しました」」
「そりゃそうだよね。不必要に人を緊張させる方がマナー違反だよね。これからは凝視なんてしない方がいいですよ」」

残念ながら、マナー講師の中にはこのような間違った指導をする人が存在するようです。このマナー違反は、なぜか女子大の方に多く見られます。大学名を見て「また、隣の人を凝視しなきゃいいけど…」と心配しながら学生を迎えることがありますが、その大学は今でもその指導を続けているようで、不自然な凝視とうなずきは今なお続いています。

確かに出席者が対等な関係にある会議などでは、隣の発言者に注目してうなずいても不思議ではないのですが、面接というのは「面接担当者」と「就活生」の対話ですから、基本的には落ち着いて前を向いている方が好印象です。

これも全ては「面接」という不自然な状況が生み出しているものです。「就活は茶番だ」と言われる所以でもあるでしょう。面接以外でお互いを知っていく、もっと良い方法を見つけたいものです。お互いのためにも。

集団面接ではうなずく必要があるのか?ということについて気になる人もいると思いますが、そもそも「うなずき」というのは何のために存在しているのでしょうか?うなずきというのは、話を聞いている側が「あなたの話をちゃんと聞いていますよ?」という、話し手に対して安心感を与えるアピールなのです。つまり、本来はうなずく行為は話を聞いている側が話し手に対して行うことになります。そうなると、集団面接においてうなずく必要があるのは誰か?と言えば、就活生ではなく面接官です。話をしている就活生は面接官の方を向いているので、横にいる他の就活生の様子はほとんどわからないでしょう。そうなると、そういう状況で他の就活生が、話をしている就活生に対してうなずく必要はないということになります。うなずく必要がないと言っても、やってはいけないとは思いませんが、就活生が頷く必要性があるか?と言えば、基本的にはないです。だから、評価を上げるつもりで頷く就活生もいますけど、評価が上がるとは思えないのです。集団面接では話をしているとき以外でも気を抜いてはいけないというのは正しいと思いますし、他の就活生の話をきちんと聞くという態度も重要だと思いますが、それは頷くアピールで表現する必要はないのではないか?と思います。実際、集団面接でうなずく行為をしても、それが不自然なほど高頻度じゃなければ、評価に影響することはない気もしますが、評価が上がるとも言い難いので、就活生はこういうところも知っておいてほしいです。

集団面接に受かる人はどんな人か?

1 2