1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

消えて…ない!!平成の歌姫たちが輝き続けている!

YUIさんに大塚愛さん,BoAさんに川嶋あいさんまで…あの頃ハマりまくった歌姫たちが今も活動を続けています!学生時代を思い出しますね…アラサー世代にはぶっ刺さる情報をまとめてみました。

更新日: 2018年02月02日

26 お気に入り 73707 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

青春時代を彩ってくれた歌姫たちはまだまだ健在です!

critical_phyさん

YUIの歌声がまた聴ける…新作発売決定に歓喜の声!

FLOWER FLOWERが、3月14日にセカンドアルバム『スポットライト』をリリースすることをオフィシャルHPで発表した。

2012年内での活動休止を発表したシンガーソングライターのYUIがリスペクトするミュージシャンたちに声を掛け、2013年に結成。

yui(Vo, G)は「新しいアルバムの完成です! すごいものが出来た!と思っています。メンバーとも話し合いながら制作をして良い時間になりました。どんな風に聴いてもらえるのかドキドキもしますが、その目で、耳で感じていただけたら嬉しいです」とコメント。

まじか…大塚愛さんは15周年記念ライブが決定している!

2002年、エイベックスに送った自作のデモMD(「さくらんぼ」「桃ノ花ビラ」「大好きだよ。」が収録)が審査員の目にとまったことがデビューのきっかけとなり、翌2003年9月10日にシングル『桃ノ花ビラ』でデビュー。

ピンクのギターを片手に歌う『さくらんぼ』を思い浮かべる人も多いだろう。2003年にリリースされた同曲は、今でもカラオケでは定番ソングとして歌われ、甲子園では応援曲としても使われている国民的ヒットソングだ。

第37回 日本有線大賞で最優秀新人賞を受賞しました。さらに第46回 輝く!日本レコード大賞でも最優秀新人賞を受賞しています。どちらも初出演で賞を受賞するなんて素晴らしいですよね!年末にはNHK紅白歌合戦にも出場し、国民的歌姫へと上りつめました。

大塚 愛が9月9日、日比谷野外大音楽堂で15周年アニバーサリー&バースデーライブ<大塚 愛 LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~>を開催することを発表した。

今回の公演では15年間の中で出逢った一人ひとりのファンに、過去から現在までの全シングル曲を、ギター、ベース、ドラム、キーボードにストリングスやホーンセクションも加えたフルバンド編成で実施。

「私みたいなものが15年も音楽を仕事にできる環境にいれたことに奇跡と感謝を強く感じています。皆さまと楽曲達との一期一会を歓び、共に祝したいと思いますので、ファンでも好きでもない方も、知っている楽曲がありましたらどうぞ、懐かしみに来てください。」

これ気になる…BoAさんの新曲MVが話題に!

デビューシングル「ID;Peace B」で2001年5月30日に衝撃のデビューを飾ったBoA。首都圏を中心にラジオ パワープレイを獲得するなど、テレビ、ラジオ、雑誌と各メディアで高い評価を得る。

「Amazing Kiss」「気持ちはつたわる」を経て、2002年4月の4thシングル「LISTEN TO MY HEART」で一躍ブレイク。

2009年からはアメリカでの活動も開始し現在に至る。2000年代における日本でのK-POPブームの先駆けだとも言われる。

約3年半ぶり、9作目となるオリジナルアルバム『私このままでいいのかな』を2月14日(水)にリリースするBoA。

お笑いタレントのキンタロー。さんが1月24日にInstagramを更新。韓国出身の歌手BoAさんがリリースする新曲「Jazzclub」のMVを全力で再現した動画を公開しました。アレンジのクセがスゴい!

『Jazzclub』はBoAさんにとって約3年半ぶり、9作目となるオリジナルアルバム『 私このままでいいのかな』(2018年2月14日リリース)に収録されている楽曲。この曲のMVは、2017年12月24日にYouTubeで公開され、約1カ月で再生回数87万回超を記録。

滅茶苦茶凹んだり、沈んだ時はBoAのJAZZ CLUBキンタロー。Verを観ると一気に元気出る。これで連チャンで辛いことあったけも、乗り切れた。笑

知っていますか?川嶋あいさんが粋な企画を続けている!

幼い頃より渥美二郎、鳥羽一郎らの前座を務める。中学卒業後に上京し、しばらくして路上ライヴをスタート。

何かと戦いながら……という感覚で、ずっとひたすら路上で歌っていました。どうやったら立ち止まってもらえるのか、模索しながら。曲によっては多くの人が立ち止まってくれるんですけど、そういうことを分析、研究したりして。

2003年にI WiSHのボーカルとしてデビューし「明日への扉」がヒット。ソロでの代表曲は「見えない翼」「My Love」など。

1 2