1. まとめトップ

プロ野球|埼玉西武ライオンズ歴代スローガン

2008年から最新2019年までのスローガンをまとめました。

更新日: 2019年04月20日

2 お気に入り 3380 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

埼玉西武ライオンズは、2019シーズンのチームスローガンを「CATCH the GLORY 新時代、熱狂しろ!」に決定いたしました。

10年ぶりのパ・リーグ優勝という栄光をつかみ獲った2018シーズン。2019シーズンは、これまで以上に熱く、果敢に戦い、「新時代」を駈け上がり続ける若い選手たちによって、新たな栄光(=日本一)をつかみ獲る!という想いを込めました。

この新スローガンのもと、埼玉西武ライオンズは2019シーズンを戦ってまいります。

来シーズンは2017シーズンからさらに飛躍し、必ずや日本一(=FLAG)をつかむ!という辻監督の明確な目標と決意をスローガンに込めております。

辻監督のもと、チームの一人ひとりが勝つために、今何ができるかを考え、その局面において一球を、一勝を、そして2018シーズンこそ日本一をつかみ獲りにいくという思いを胸に戦ってまいります。

辻新監督のもと、チームの一人ひとりが勝つために、今何ができるかを考え、その局面において一球を、一勝を、そして優勝をつかみ獲りにいくという思いをチームスローガンに込めています。

田邊監督のもと、肉体的、精神的にひとまわり大きく成長し、シーズンを通じて、“BEAST”のように強く、猛々しく、チーム一丸で優勝を目指していくという思いをチームスローガンに込めています。

田邊徳雄新監督のもと、チーム・選手だけでなくファンの方とともに、ガチ(真剣)に野球に取り組み、マジ(本気)で熱く戦い、日本一を奪還するという強い思いを表したフレーズを、2015シーズンのチームスローガンとして採用いたしました。

伊原監督自身の座右の銘の中にもあり、秋季キャンプ中もチーム全員へ求めていた「全力」というフレーズを、2014シーズンのチームスローガンとして採用いたしました。
このチームスローガンには、チーム・選手が全力で試合に臨むということはもちろんのこと、ファンの方とともに全力で戦い、日本一を奪還するという想いが込められています。

渡辺監督自身が秋季練習やオフシーズン中にこだわって使用してきたフレーズを自ら2013シーズンのスローガンとして採用いたしました。
その想いは選手一人一人が、心・技・体すべてにおいてもっともっとタフになり、最後の最後まで踏ん張り通せる、栄光を掴めるチームになってみせるというところから来ております。

2013シーズン「骨太!」を合言葉に、選手・監督・コーチ・ファンが全員一丸となって、ともにペナントを勝ち取りましょう!

“勝ちにこだわるフレーズを”と、渡辺監督自ら決め、自ら筆をとり、想いを込めました。また12球団でも群を抜いて若い選手が多いライオンズならではの、躍動感のある強い気持ちを、分かりやすくストレートに表現しています。

“選手の熱”、“チームの熱”、そして“ファンの熱”が三位一体となり、優勝という目標に向かってそれぞれが力を“出しきる”、そんな想いを込めたチームスローガンです。

14度目の日本一へ向けて勝利を追い求めるべく、2011年スローガンを「No Limit! 2011 勝利への執念」に決定いたしました。
勝利への執念を胸に戦い挑むライオンズとともに、2011シーズンを戦い抜こう!

2010年ライオンズは、再び頂点をめざして戦っていきます。

アジア制覇したことがゴールではなく、「まだまだ限界を迎えていない、もっと超えていかなくてはいけないものがる。」という思いから、引き続き2009年度スローガンを「No Limit!2009」と決定しました。

2009年 新たな時代を切り開くライオンズは、皆さまの大きな声援を背に受けて戦ってまいります。

2008年、埼玉西武ライオンズは、自分自身に対して、チームに対して、そしてファンの皆様に対して限界など決めることなく、自分の可能性をどこまでも追い求めていきます。

1