1. まとめトップ

整う鉄道Wi-Fi2018 メトロは全駅で高速通信に対応

東京地下鉄株式会社は1月31日、高速インターネット設備が全駅で整ったと発表した。数年前から叫ばれていたフリーWi-Fiの整備は、鉄道でもとても広まった。ターゲットは観光客だけに留まらない。

更新日: 2018年03月29日

0 お気に入り 2055 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

駅では最近フリーWi-Fiに接続できるという張り紙をよく見かけるようになりました。先行する東京の鉄道でついに高速通信設備が整い、地方を含め日本全体でもフリーWi-Fiが広まってきています。

nagatorailさん

進むフリーWi-Fi設置

日本では、3GやLTEの全国普及が進んでいることもあり、無料Wi-Fiの利用機会が少ないものと考えられる。

日本は基地局と携帯電話が広い地域で繋がるため、フリーWi-Fiはもともとは必要なかった。

無料Wi-Fiに不満足の訪日外国人は2011年10月には36.7%に達したが、2013年12月には3.7%に減少。

観光客向けのフリーWi-Fiの整備は確実に進んだ。

鉄道各社のネット環境整備

キャリアフリー※のアクセスポイントが訪日外国人の多い交通動線等で拡大。

※キャリアフリー…そのエリアで独自に設置するWi-Fiで、携帯電話会社に依らずに無料で接続できる。

JR東日本発表資料より。
このマークがある駅では無料で公衆Wi-Fiを利用できる。

無線LANを用いたインターネット接続実験を東京駅において9月26日より開始します。

最初のインターネット接続実験は2002年に東京駅で行われた。JR東日本はその後範囲を拡大しながら実験を重ね、現在に至っている。

多くのフリーWi-Fiを一括管理するアプリ

東京五輪へ車内のフリーWi-Fiも

2016.5.1 都営浅草線 1312T エアポート快特 羽田空港行き 都営5300形5315編成 @三田 pic.twitter.com/OTgDVqS1sV

都営交通は2016年から一部路線にフリーWi-Fiを導入。東京オリンピックに向け外国人観光客を迎える準備を整える。

都営大江戸線のサービスを順次拡大し、都営地下鉄4路線の全編成への導入を平成32年3月までに完了する予定

2020(平成32)年の春に導入完了予定。2017年12月現在大江戸線の全編成と浅草線の一部編成に導入済み。

銀座線や日比谷線には新型車両に導入している。丸ノ内線には2018年度に導入する新型車両に導入する予定。

車両内無料 Wi-Fi サービスを、2020年夏までに東京メトロ全路線全保有車両へ導入することを目指します。

東京メトロが2017年10月に発表。同月現在、銀座線には全体の4分の1に当たる12編成に導入した。また丸の内線は導入完了を2022年としていたが、五輪に合わせ2年早めた。

通勤客向けに「通信高速化」も

東京メトロにおけるWiMAX 2+エリア整備完了について
-東京メトロ全駅で高速インターネットがご利用可能に-

1月31日にUQコミュニケーションズと発表。地上駅では基地局との通信で実現する。

WiMAX 2+に対応しているUQコミュニケーションズのルーターやスマートフォンのユーザーが利用できる。

お客さまには通勤、通学、ご旅行、お出かけの際などに、より快適に高速インターネットをお楽しみいただけます。

訪日外国人ではなく、日常的に使う通勤客がターゲット。つくばエクスプレスなどでもフリーWi-Fiが車内で利用できる。

特急のフリーWi-Fiも増えた

特急ときわ・ひたちは品川・東京・上野から水戸・いわき方面を結ぶ。JR東日本ではほかに成田エクスプレスでも利用できる。

「E657系 常磐線特急」の車内で無線LANによる高速なインターネット接続サービスをご利用いただけます。

東海道新幹線(東京~新大阪間)のN700A・N700系では公衆無線LANによる車内インターネット接続サービスをご利用いただけます。

東海道新幹線はJR東海の管轄である東京~新大阪間で使えるようになった。

「通勤私鉄特急」でもWi-Fiは不可欠

「毎日座って通勤できる」というのが大きな利点。移動中でも仕事に集中できる。フリーWi-Fiだけでなくコンセントも設置された車両もある。

写真は西武鉄道HPより。
S-TRAINは東京メトロ線とみなとみらい線に直通していて、乗換える必要がない(Seamless)。
おむつ交換室やトイレもあり、休日は横浜から秩父へ行く観光客向けの特急として走る。

「SEIBU FREE Wi-Fi」と合わせて、インターネットを利用した情報収集などで移動時間を有効活用できます。

平日は主に夕方の帰宅ラッシュの時間帯に運行される。

本日の『小田急70000形 試運転』@栗平。 (小田急70000形 70051×7『GSE』) pic.twitter.com/Dmwx23i8lW

通勤客も多いロマンスカー。新型車両にもフリーWi-Fiが導入される。

50090系は、 平成20年6月から東上線で運転を開始した座席定員制列車「TJライナー」用として就役した車両です。腰掛がクロスシートとロングシートに転換可能な「マルチシート」を採用しています。東上線にお越しの際には、是非・・・ pic.twitter.com/OmDoHqXEWf

平日の下り列車は帰宅ラッシュの時間帯に13本も運行される。

50090型車両への「TOBU FREE Wi-Fi」サービス導入

東武鉄道は2017年2月からに「TJライナー」として運転される車両に導入した。

1 2