1. まとめトップ

プロ野球|オリックス・バファローズ歴代キャッチフレーズ

2011年から最新2019年までのキャッチフレーズをまとめました。

更新日: 2019年04月20日

1 お気に入り 4185 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新しい指揮官が掲げたテーマは“積極性”。
全ての局面で求められる、積極性を分かりやすく表現。
超攻撃型の打撃、投球、守備、走塁はもちろん、
ファンの応援やファンサービスにも波及していく。
それが、超攻撃型バファローズの姿だ。

選手、スタッフ、ファンが一体となり、
勇気を持って、果敢に挑んでいく。
熱く戦うチームの姿を表している。

汗にまみれ、泥にまみれ、野球にまみれる。
原点に立ち返り、野球に尽くし、野球に捧げ、もっと野球が好きになる。
そんなチームの想いを表している。

監督、コーチ、選手はもちろん、スタッフやファン、オリックス・バファローズに関わるすべての人たちが皆、「俺のオリックスだ!」という誇りやチーム愛、強い気持ちを抱き、戦いに挑む姿勢を表している。

“さらに、ひとつになろう。”を合言葉に最後まで戦い抜いた昨シーズン。あと一歩届かなかった悲願達成に向け、2015年は選手、チーム、そして、ファンの“氣”を勝利のために集中し、栄光を掴み取る。
そして、みんなが眩いばかりの“輝き”を放つ姿を表している。

昨シーズン味わった悔しさを決して忘れることなく、チームは、さらなる進化を加速させていく。
そして、首脳陣、選手、スタッフ、ファンが一体となり、前へと進んでいく。2014年、オリックス・バファローズの反撃がはじまる-。
「もっと、ひとつになりたい。」と強く願うバファローズの選手たちから発案された『Bs spirits』というムーブメントを元に、全てがひとつとなって戦い、前進していく姿を表している。

新しい指揮官に迎えた森脇浩司監督が、就任当初から掲げるテーマ、それは“スピード”。
足の速さや球速だけでなく、スイングスピード、次の塁を果敢に奪う速さ、ボールの落下位置までの到達速度、さらには、判断、理解、対話や進化のスピードに至るまで、すべてにおいてスピードを求める。
“速さ”でひとつに“束”ねられるチームの新しい姿と、スピードによってチームにもたらされる無限の可能性、そして、スピーディーにグラウンド上で躍動する選手たちの姿を表しています。

昨シーズン、ブランド変更を施し、『新・黄金時代へ』というキャッチフレーズを掲げて戦いましたが、あと一歩のところで夢を絶たれ、悔しさをいやというほど味わいました。しかし、その経験はチームをさらに強く・大きく成長させました。2012年、めざす目標はただひとつ、“優勝”です。今シーズン、引き続きキャッチフレーズに掲げるのは、『新・黄金時代』。頂点へ立つことで、本当の黄金時代を創るという強い決意を表しています。

阪急ブレーブス、近鉄バファローズ、オリックス・ブルーウェーブと、それぞれ黄金時代を築き上げてきた先人達の伝統の上に、新たな伝説を創りあげていくという決意を表現しています。

また、昨年12月に開催された阪急・オリックスOB会の席上で、岡田監督が強く宣言した「黄金時代を創る」という言葉、そして、新しいチームカラーである“ゴールド”も、このフレーズに込められています。

新ブランド元年となる2011年シーズンは、その根幹となるコンセプトワードを球団キャッチフレーズとして掲げ、戦い抜きます。

1