肉球ぷにぷにしてない?実はNGだった「猫との触れあい方」

あなたは大丈夫!?その触り方だと猫に嫌われちゃう…!

更新日: 2018年02月13日

103 お気に入り 60313 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

猫を2匹飼っています!毎日猫と接している時間が幸せ。

やりがちだけど、その接し方NGかも

ウインクするか、ゆっくりまばたきをする、目をそらすなどしましょう

これは愛情のサインであり、けんかをする意思はないという表れでもあります。

猫がさわられて一番嫌な場所NO.1は脚の先

肉球は神経が集まってて繊細な場所です。特に後ろ足は×

(肉球に触るなら)猫が寝ている時を狙います

ゆっくりと優しく前足を触りましょう。

接するポイントは猫の機嫌を伺うこと

【機嫌が悪いときは・・・】
しっぽを固くして左右にブンブン振り、振るスピードも速くなります

この状態のときに触ると、怒る率高めなのでやめましょう。

【機嫌がいいときは・・・】
シッポを大きくゆっくり振っている

【機嫌が悪いときは・・・】
ヒゲは前に突き出て、耳はピンと立てて、やや後ろに引き寄せ味にしている。

【機嫌がいいときは・・・】
10時10分の角度でピンと立っているときは、「うれしい」「遊んで欲しい」という気持ちのとき

1