15分で到着!?いま「配達サービス」に革命が起きてる

配達業界ツラさが報道される中、嬉しいサービスも増えてきています。

更新日: 2018年02月05日

29 お気に入り 59205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今までにないピザ配達が話題に

追加料金216円を払うことで、20分以内にピザを届けてくれるサービスが開始された。

ドミノ・ピザは注文からピザを20分でデリバリーする「ミッション20ミニッツ」を全国の店舗でスタートしました

時間内に届けられなかった場合は、次回Mサイズのピザが無料になるクーポンをプレゼントする

ドミノ・ピザが20分デリバリー「ミッション20ミニッツ」を開始 時間内に届かなかったら次回ピザが1枚無料|BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/trend/0118/bln… pic.twitter.com/5zFMtBRlPl

また、追加料金324円を払うことで15分以内の配達にも対応。

ドミノピザの15分チャレンジ?のやつで注文したらちゃんと届いてビビった早い

他にも、嬉しいサービスが続々登場

“再配達が激減” ロコンドが6〜24時、1時間単位の時間指定便を開始 wwdjapan.com/544325 pic.twitter.com/Jo6tasOpwb

ファッション通販サイト「ロコンド」が配達を24時まで受け付けるように。

午前6時から24時の時間帯は、1~2時間単位で配達時間帯を指定できる配送サービス「ファーストクラス便」を開始

利用には送料390円がかかるが、5400円以上の利用では390ポイント還元により実質無料で利用ができる

商品到着後に「楽天市場」からメールで送られてくる問い合わせ番号・認証番号を郵便局の窓口で伝えれば、郵便局で商品の受取が可能となる

コンビニでの受け取りや、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」の利用などにも対応。

楽天は日本郵便と提携し、楽天市場で購入した商品を郵便局で受け取れるようにした。 ascii.jp/elem/000/001/6… pic.twitter.com/BIIl0UNNIw

受取可能な期間は、商品到着後7日間とのこと。

きっかけは、配達の負担増加

物流運輸業界に詳しいコンサルタントは「10年後には24万人のトラックドライバーが不足する」とさらなる深刻化を予測

そうなれば「時間指定の再配達」などのサービスも続けられなくなる可能性も。

コンビニへ宅配ロッカーを設置する場合、一台あたり約200万円のコストがかかる。自宅への宅配ボックスの設置費用は、当然、自己負担となる

(そういった事情もあり、)トラックドライバー不足が深刻化する中、国土交通省は再配達の削減を呼び掛けている

そこで、再配達防止サービスが急増中

再配達は配達業者に大きな負担をかけることになる。負担が増えればサービスの質の悪化やコストの引き上げが生じ、利用側にもマイナス

労働問題や環境問題を引き起こしている宅配便の再配達の防止に向けて、国や企業の動きが活発になっている

自動運転車を使った宅配サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」で12月12日、宅配ピザ「PIZZA-LA」の注文ができるようになった

PCやスマートフォンから手軽にお買い物や再配達時間の指定ができることから、4月の実験開始以来、多くのユーザが利用し、体験者のリピート率は4割以上になっているという

現在は、神奈川県藤沢市の一部エリアで試験中のようです。

1