1. まとめトップ

メッシの性格が良すぎる…!!心温まるエピソード集

世界最高の選手リオネル・メッシ、彼が謙虚で人柄や性格がいいと言われる理由をまとめました

更新日: 2019年07月11日

1 お気に入り 51909 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oreoresamaさん

史上最高のフットボーラー リオネル・メッシ

人々を魅了する世界最高のフットボーラー

彼はピッチ外でも最高だった

「彼はどれだけ有名になっても、謙虚なままなんだ。世界中のサッカー少年に対して、本当に優しく接しているしね。彼の奥さんや子供と接するときと何も変わらない。常に自然体なんだよ」。

「あれだけ素晴らしい結果を残してきて、沢山の人に声をかけられ、もてはやされると、地に足をつけるのがすごく難しくなるはずだ。でも彼は全く浮足立っていない、彼のような友達がいることが幸せだ。僕が彼の立場だったら、あれほど立派な人柄でいられる自信はないよ」セスク・ファブレガス

•そんなメッシの心温まるエピソード集

メッシがアフガニスタンの6歳の少年と入場

ムルタザ・アフマディ君

アフガニスタンに、ムルタザ・アフマディ君という少年が住んでいる。この6歳の男の子は、リオネル・メッシの大ファン。

アフガニスタンという紛争地帯に住む少年ムルタザの家庭は貧しく、サッカー少年にとって必須アイテムである大好きな憧れの選手のレプリカユニフォームを買うことができませんでした。

でも、ムルタザにはステキな発想を持つお兄さんがいたのです。彼はアルゼンチン代表のユニフォームそっくりの青白ストライプのポリ袋をベスト型に切って縛って、マジックペンで「MESSI」の名と「10」の背番号とを書きこんだのです。

それを見て着て喜ぶムルタザの様子は、画像としてフェイスブックにアップされ、そのいたいけな笑顔に世界中のフォロワーたちがRTを繰り返して拡散させていった結果、それがメッシ本人のもとにまで到達したのです。

ムルタザの存在を知ったメッシと彼の関係者は、すぐさまムルタザの所在を探し始めます。ここでまたネットパワーの登場です。
「少年の名前と居場所を教えて」というメッシの公式ファンアカウントの呼びかけにはあっという間に回答が寄せられ、メッシはユニセフを通じてサイン入りユニフォームとサッカーボールを送ったのです。

ユニセフスタッフから「メッシのプレゼント」を受け取るムルタザの様子は再びネット上にアップされ、ムルタザは「健気でかわいそう」な存在から一躍「スーパーラッキーボーイ」へと変身しました。

そして…

ポリ袋で作ったユニホーム姿の写真で話題を呼んだアフガニスタン出身のムルサダ・アフマディ君(6)が、ついに本人との対面を果たした。

ムルサダ君は試合前、マスコットボーイの1人としてメッシ選手とともに登場し、チームのメンバーと写真に納まった。

アフマディ君は「ヒーローに会えてとてもうれしい。僕の夢だった」と大喜び。2人の対面を企画した2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会組織委員会はツイッターで「世界が見たかった光景だ。6歳の少年の夢がついにかなった」とコメントした。

ヨーロッパ最大の小児がんセンターの設立を支援

ヨーロッパで最大の小児がんセンターの設立費用の3000万ユーロ(約39億円)を集めるための#ParaLosValientesキャンペーンが始まった。このキャンペーンの大使に就任したメッシは、ファンにチャリティマッチ来場などを呼びかけるなど、さまざまな活動を行っていた。

そして2018年10月18日、サン・ジョアン・デ・デウ小児がんセンターの起工式が行われた。この朝までに集まった募金総額は2730万ユーロで、270万ユーロが不足していたが、バルサ財団の会長を務めるジョルディ・カルドネルが、さらに3人の出資者が現れたことを発表。正午には目標の3000万ユーロに達成した。

起工式でメッシはこう語る。「このプロジェクトへ参加できたのはとても幸せなことだと思っています。小児がんセンター設立の夢を達成できてとてもうれしいです。協力してくれたすべての人々に感謝します。これからこのセンターは、過酷な病気と戦う多くの子供たちを助けてくれるでしょう」

プロジェクターに映し出された子供たちを見たとき、メッシが目を潤ませる場面もあった。この患者たちに自分の3人の子供の姿を重ね合わせたのかもしれない。

1 2