1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

アンコール遺跡群

アンコール遺跡群は9世紀から15世紀に栄えたアンコール朝によって造営された石造の都城跡・寺院・祠堂・棟梁・貯水池などを指す。

アンコール・ワットやアンコール・トム等の主要な遺跡だけでも26以上に及び、アンコール平野の東西22kmと南北35kmの一帯に集中し、世界では例をみないほどの大遺跡群といえる。

【カンボジア】 アンコール・ワット(Angkor Wat)は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。 pic.twitter.com/cfTxK8mfqN

カンボジア、タイの旅から帰って来て~アンコール遺跡群以外にも、カンボジアが辿ってきた歴史が凄い!! tranningcom.me/2018/02/03/%e3… pic.twitter.com/jg2pE65gnF

サグラダ・ファミリア教会

1882年に着工、未だ建築中の教会 【サグラダ・ファミリア】(スペイン、バルセロナ) pic.twitter.com/CnCoxRqHp4

サグラダ・ファミリア教会は、グラナダのアルハンブラ宮殿とともにスペインで最も有名な見どころの双璧をなしています。

また、建築家アントニ・ガウディの代表的な作品のひとつで、130年以上も建設工事が続く未完の教会として、その名を世界中に知られています。

サグラダ・ファミリア教会内部の美しさを見て欲しいです…! ステンドグラスを通して入り込んだ光が反射して、壁や床が色付いて綺麗でした! pic.twitter.com/McSm0Ew5PE

グランドキャニオン

アメリカの国立記念公園 グランド・キャニオン! 世界自然遺産にも 登録されてます! スケールは圧巻ですね(^O^) 夕暮れ時に 夕日によって赤く染まる グランドキャニオンを見るのが オススメ! pic.twitter.com/P2b3xeZdM8

太陽、川、風、雨、嵐など自然現象が悠久の時をかけて創り出してきた峡谷、グランドキャニオン。

写真で見るより深く、広く、表情豊かな圧倒的なその景観は、静かに遥かかなたを望んだり、川を覗きこんだり、目を閉じて風を感じたり、と楽しみ方は様々。

アメリカにあるグランドキャニオンです。アリゾナ州北部にある峡谷で、起源は今から7000万年前、先カンブリア時代?ペルム紀までの地層の重なりを確認できます。地球の歴史を秘めている価値が認められ、1979年に世界遺産に登録されました。 pic.twitter.com/mRQCzMb6ou

アメリカのグランドキャニオン 雨水から流れ出たコロラド川によって4000万年かけて浸食されてきた、巨大な渓谷 全長446メートル、渓谷の深さは一番深いところでは1,800メートルにもなるそうです pic.twitter.com/F4LKdHqWbi

【アメリカ】グランドキャニオン国立公園 公園全体がアリゾナ州の北部にあり、コロラド川に添って277マイル(約446km)にものびる世界でもっとも雄大な峡谷で、このような浸食作用はどこにも類をみない。pic.twitter.com/9mobR3OURz

マチュピチュ

バチカン美術館、10分の1も見てないと思うんだけど脚は棒だしスマホはカメラ使い過ぎで電池無い。ラファエロ、ダ・ヴィンチ、ベルニーニなどすげえのが普通に置いてある。興味ねえのにすげえ楽しい。 pic.twitter.com/JSORBWql1s

マチュピチュは南米ペルーのアンデス山脈、標高約2,450mの尾根に位置する古代インカ帝国の遺跡。山裾から遺跡の存在が確認できないことから、「空中都市」「インカの失われた都市」などと称されます。

世界遺産だけでなく、2007年7月には新・世界七不思議のひとつにも選ばれました。 遺跡は神殿と居住区で構成され、その総面積の約半分の斜面には段々畑が広がっています。

1 2