1. まとめトップ

精神的に疲れるはずなのに…「愛想笑い」をする女性の心理とは?

笑顔の女性は素敵ですがそれが愛想笑いだと…男性よりも愛想笑いが多いという女性ですが、この愛想笑いをしているときは自分に嘘をついて笑っている状態なわけです。精神的に疲れ、ストレスも溜まる愛想笑いをする女性の心理とは?

更新日: 2018年02月04日

5 お気に入り 3708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■愛想笑いは社会では必要な手段

“愛想笑い”というと、“笑いたくないのに無理に笑顔を作る”というニュアンスで、あまりよくないイメージをもつ人も多いことでしょう。「愛想笑いは、下心ミエミエでよくない」と考える人もいるかもしれません。

でも、飲食店などの店員さんがニコニコしているのを見て、「こいつ愛想笑いをしやがって、汚い奴だ!」と嫌悪感をもつでしょうか? 無愛想で不機嫌でいるよりも、たとえ“愛想笑い”でも笑顔でいるほうが感じがいいと思いませんか?

■女性はもともと愛想笑いが上手な生き物?

女性とは本来、愛想笑いや作り笑いが上手な生き物なのです。女の子を、逞しく勇ましく育てようと思う親はいません。「かわいいね、かわいいね。」と育てられ、「女の子は愛想が一番!」と教育されるので、愛想笑いは結構普通にできてしまうのです。

女性の笑顔に、「この子、オノレに気があるのかも?」と勘違いしてしまうと、叶わぬ恋に時間を割いてしもたり、本当に出会うべき運命の人に出会っても、好意を抱いてくれていることにすら気づけへん、といったこともあります。

■愛想笑いをする人の心理

その笑顔が嘘っぽい?愛想笑いをする人。その心理は?

・自分に嘘をついている?

実際に愛想笑いをするということは、本心では楽しくも嬉しくもないのに、 表情だけをなんとか周囲の雰囲気に合わせて無理やり楽しそうにしているということです。つまり愛想笑いをしているときは自分に嘘をついて笑っている状態です。

・取りあえずその場を凌ぎたい

愛想笑いをしている人は、取りあえず笑ってその場を凌ぎたいという方が多いです。

笑ってさえいれば、揉め事等一切なくその場を上手く切り抜けられると思っているので取りあえず愛想笑いをしています。

取りあえずその場を切り抜けたいという考えですので至って無害です。

ですので、明らかに愛想笑いだなと思う方がいでもあまりツッコミを入れずにそのまま受け流しても問題ありません。

・本音を悟られたくない

実は心の中ではツッコミで一杯という腹黒い人はその本音を悟られたくないと愛想笑いをしています。

この場合の愛想笑いは、自分では気がついていませんが目の奥が笑っていなかったり話している内容が穏やかな様に見えて毒のある一言をサラッと言っています。

そのため案外他人からは「あの人、愛想笑いをしているししかもちょっと怖い」と見破られています。

また、秘密主義でプライドが高い人もこのバターンの愛想笑いをします。

自分の心理を周囲に悟られるわけないと他人を見下している方も多いです。

・自分が注目されたいと思っている

自分が常に注目されてないと嫌だという人は、いつも愛想よくニコニコ笑うことで「笑顔が素敵な人」と思ってもらいたいと思っています。

とびきりの笑顔を人に見せることでいつでも注目されていたい方に多いです。

この場合の愛想笑いはすぐに分かります。

あまりに自分の話ばかりをしたがるからです。

人の話の時はそこそこの愛想笑いで、自分の話題の時は嬉しそうに話すので他の人から「この人、他の人が喋っている時は愛想笑いだな」と見破られています。

・最高の相手を見つけたいと思っている

合コンやお見合いパーティ等異性が多い場所で最高の相手を見つけるためにとっておきの愛想笑いをする方は多いです。

最初は愛想笑いで相手を見つけて幸せかもしれませんが、そのうち本当の自分を見られてしまい「最初に会った時と全然違う」と別れることになってしまいます。

ですので、本当に自分に合う相手を見つけたいのなら、愛想笑いを辞めてできるだけ素に近い自分を見せることが大事です。

・自分をよく見せたい

例えば、自分がおしとやかな女性に憧れている場合もあります。
おしとやかな女性は、笑い方にも気品があります。
なので、その笑い方の真似をしようとして周りから見ると愛想笑いになっている場合もあります。
おしとやかな女性がタイプの男性とお付き合いをすることになった場合、本当の自分をさらけ出せなくなります。

・笑い方がわからない

小さい頃からあまり友達がいなく、1人で過ごす時間の方が多かったなどが理由で無表情でいることが多く、笑うことをあまりしてこなかったため、笑うことがわからない場合があります。

自分は笑っているつもりだけれど、周りからするとその表情が愛想笑いとも受け取られる表情の場合になってしまっている場合もあります。

・処世術としての愛想笑い

これは日本の社会の枠組みに入ってしまえばある程度は仕方ありません。
社会生活を送るにあたってマクドナルドの「スマイル0円」ではないけれど、愛想笑いは結構相手からも求められるものです。

・無意識(いつもしているから分からない)

なぜ愛想笑いをしているのか自分でも意味が分からない。

この無意識はよくありません。
処世術としての愛想笑いは理解できますし、周りも愛想笑いと認めながら悪い気分になる人はいないでしょう。
ただ、いつも無意識で笑顔を作っているのはちょっと問題ありです。

1 2