1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
8 お気に入り 59782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

週明けは大荒れの天候に注意が必要です

naokana135さん

W低気圧の影響で週明けは猛烈寒気の予想

日本海で発達するふたつの低気圧の影響で、日本列島の上空には強い寒気が流入し、8日ごろにかけて続く見通し

北陸や西日本の日本海側と北日本では、5日にかけて大雪や猛吹雪に厳重な警戒が必要。

北日本と北陸や西日本の日本海側では積雪が急激に増えて大雪のおそれがある。

低気圧が接近する北日本では、北海道の太平洋側を中心に大雪となるほか、東日本や西日本でも日本海側を中心に大雪が降るおそれがある。

◇西日本では日本海側に加え太平洋側も雪が降り平地でも雪が積もる

西日本では日本海側に加えて太平洋側も雪が降り、平地でも雪の積もる所がある見込み。

5日朝までに予想される雪の量は北陸で60センチ、北海道と東北、中国で50センチなどとなっている。

◇低温が続き、長野・諏訪湖では5年ぶりに「御神渡り」が出現した

神様が渡った跡とされる諏訪湖(長野県)の御神渡(おみわた)り。全面結氷した湖面の氷に入った割れ目がせり上がる現象です。

せり上がる氷の高さは50センチ~1メートル。湖の両岸を数キロにわたって氷の道が結ぶ幻想的な光景が浮かび上がる。

最低気温がマイナス10℃の日が2〜3日ほど続いた後に気温が上がると御神渡りが出現する可能性が非常に高くなります。

前面結氷した諏訪湖の氷が、日出直後の昇温によってヒビ割れ、ヒビに入った水が夜間に凍って膨張してせり上がることで発生する御神渡り。昇温によって大きな音とともに氷にヒビが入る様子を音入り4Kで撮影成功!! pic.twitter.com/imK81Kqzf2

◇この時期限定、北海道の層雲峡温泉では氷瀑まつりが開催中

層雲峡の冬を代表する一大イベント。自然を最大限に生かして作られた氷像が石狩川沿いに立ち並び、ライトアップことによって幻想的な光景を作り出します。

滝は巨大な氷瀑となってそそり立ち、石狩川沿いに造られた氷の建造物が、七色の光に照らされて神秘的な表情を見せます。

日時・場所
2018年01月25日(木曜日) 〜2018年03月18日(日曜日)
場所: 上川町層雲峡氷瀑まつり特設会場

氷瀑まつり、ただいま開催中です♪ 毎日様々なイベントを実施! 昨日のアイスフラワー作成、私も初めて間近で観ました^^ #層雲峡 #氷瀑まつり pic.twitter.com/kJS16CYuJt

層雲峡の氷瀑まつりに行ってきた! すっごいキレイだゾ また来ます! pic.twitter.com/fPFStzsXyC

◇国土交通省は大雪に対する緊急発表を出している

国土交通省は「大雪に対する緊急発表」を出し、大雪や路面凍結による交通障害や雪崩に警戒を呼びかけている。

1 2