1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

批判殺到‥岡崎体育の日本初のファンクラブシステムに様々な声

ミュージシャンの岡崎体育さんが3日、ファンクラブ内で導入した日本初のシステム「bitfan」への批判を受けてブログを更新した。「bitfan」とは“ファンの熱量を可視化する全く新しいファンサービス”。これに対し批判の声が相次いでいた。

更新日: 2018年02月06日

18 お気に入り 156278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「bitfan」の今後が気になります。

karumaru0505さん

●ミュージシャン・岡崎体育

シンガーソングライター。1989年7月3日生まれ、兵庫県出身。

2012年より地元のスーパーマーケットで働きながら「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」の伝道師として活動を開始する。

2017年3月に「MUSIC VIDEO」のクリエイティブや話題性が評価され、「第20回文化庁メディア芸術祭」で新人賞を受賞する。

●アニメ「ポケットモンスター」の主題歌も担当!

TVアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」(テレビ東京系・毎週木曜18:55〜)のエンディングテーマとして起用されてきた岡崎体育「ポーズ」

前回の「ポーズ」と異なる全編生楽器によるレゲエ・サウンドで、リズムセクションにはジャマイカが世界に誇る最強のリズム・セクション、スライ&ロビーが参加。

新たなサウンドに挑戦しながらも、リリックでは自身の“ポケモン愛”を炸裂させた岡崎体育ならではの楽曲に仕上がっている。

●3日にはファンクラブ内で「bitfan」を導入したことを発表

これまでファンクラブの会員は、ファンクラブ会費を払うことで、一律のサービスを受けることが当然とされてきましたが、「bitfan」では、その常識を覆します。

ファンクラブ会員が、コンテンツの閲覧やグッズ購入などのアクションを起こすことでポイントがたまる仕組み

ポイント数で分けられたランクによって、2ショットチェキや握手などの特典を受けられるようになります。

●「ファンの熱量を可視化する」

ファンの熱量を可視化する全く新しいファンサービス「bitfan(ビットファン)」

これまで、ファンの熱量は、ライブへの動員数やグッズの売り上げなどの動向以外では、定量化や可視化が難しかった。

ファンは自分のランキングの順位に応じて、特別な体験を得られる機会を得ることが可能になる。

●しかし、これが原因で炎上‥

うーむ…… 「こんな叩かれると思わんかった」 岡崎体育、日本初のファンクラブシステムに批判殺到 SNSで真意を明かす nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlabenta から pic.twitter.com/IhCfvGKY5j

ファンクラブ内でランク付けする同システムは日本初の試みで、発表後には「ファンに優劣をつけるな!」「金をもってない小中学生のファンは置き去りか!?」などの批判

高い熱量を持って応援してくれてる人への恩返しです。 つまり今後はデブの俺がゼェゼェ言いながらツーショットとか握手とかで各お客さんの熱量に応じた稼働をしますよってことですね。 グッズとか多めに買ってくれてる人に俺がブヒブヒ言いながらギトギトの手で握手する。それだけのことです。

ファンクラブ内に優劣をつけているように見えるので、バチボコに叩かれたりしてますけども。 そもそもファンクラブ作ってる時点でファンクラブ入ってる人と入ってない人の優劣つけてると僕は思うんですけどね。どのアーティストもアイドルもスポーツ選手もタレントも。 細分化しただけです。

ただでさえ優劣の象徴であるファンクラブを、細分化しただけでこんな叩かれると思わんかったな。 僕の今の気持ちは 「飛行機の座席にいろんな種類がある!おかしい!全部統一して同じランクの座席にしろ!」 って怒られてる航空会社の社員の気持ちだと思って下さい。

1 2 3