1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

歴史物からファンタジー系まで!「茶道」が登場するマンガまとめ

「茶道」が登場する、おすすめ漫画6作品のまとめ。「私は利休」(作:早川光 画:連打一人)、「ケッコーなお手前です。」(みよしふるまち)、「お茶にごす。」(西森博之)、「へうげもの」(山田芳裕)、「コイ茶のお作法」(桜城やや)、「おちゃらかほい!」(やぶうち優)。

更新日: 2018年02月13日

22 お気に入り 4478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『私は利休』(作:早川光 画:連打一人)

平凡な日常に不満を抱きながら過ごすOL雪吹なつめは、どこにでもいる普通の女子。ある日、偶然出逢ったイケメン茶人・山上宗刻に導かれて茶道教室を覗くことに。冴えない同僚田中芳郎(黒ピー)を誘った彼女。そこに待っていた驚きの“世界”とは…!!?

茶道マンガの私は利休2巻は明日にしよ。こっちも面白いけど、これはたぶん好き嫌い別れそう。私は茶道やってたからお点前の種類とか茶道具とかたくさん出てきて面白いけどね。

単刀直入に言おう。マンガ「私は利休」……実に面白い!!!

帰り道で『私は利休』っていう茶の湯マンガを買ったけど、なんだこれめっちゃくちゃ面白いぞ・・・ヒカルの碁っぽいけど、千利休の生まれ変わりというその設定だけで面白くないはずがないだろう・・・私は利休・・・

◆『ケッコーなお手前です。』(みよしふるまち)

アメリカからの留学生ユージーンは、何となく高校の茶道部の門をたたく…。異文化に触れたユージーンは茶道に目覚めて…。

【ケッコーなお手前です。 2 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)/みよし ふるまち】作法は覚えられないけれど、青春があって面白い! →book.akahoshitakuya.com/cmt/32034569 #bookmeter

「ケッコーなお手前です。 1 」読んだ 外国人留学生が茶道部に・・・といった青春茶道漫画 非常にテンポが良くて読みやすい 結構面白い しかし、一巻のラストはこれはなんだ えらく気になる終わりじゃないか

ケッコーなお手前です。三巻読んだけどすごくいいお茶マンガだった……茶道はいいよ……みんなやろうよ……

◆『お茶にごす。』(西森博之)

「平和な心と生活を手に入れたい」と願い、茶道部に入部した最強の不良・デビルまークン!彼は暴力の連鎖から逃れ、優しさの道を極めることが出来るのか…?

お茶にごす。めっちゃ面白いから見て欲しい… ヤンキーが茶道部部長に惚れて茶道部に入るヤツ…

@maki_gem 私も西森先生の作品好きです~! 特にお茶にごす!! お茶にごすの影響で、中学と高校は茶道部入りました(о´∀`о) 面白いですよね~!!

【お茶にごす。】久々に読み返した。やっぱいい。 茶道部とアニ研のみんなが愛おし過ぎる。 最終回、ホロっと来ちゃった。青春だー!ってなって。 リアルタイムで読んだ時はひたすらギャグが面白いって感想だったのに 今読むと胸がキュッっとなって目頭が熱くなる。特に最終回。

◆『へうげもの』(山田芳裕)

群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長の家臣・古田左介。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。

へうげものは面白いよね!戦国漫画ですが、主題材が茶道ってのが目の付け所すごいと思うの

へうげものを読むとよく分かる。 茶道は元々男性社会の文化が発展したものであり戦国武将をはじめ政治的な歴史背景も絡んでくるから面白い chadougu.net/rekishi-meiji-… fb.me/2DxbpWA79

へうげもの、ついに最終巻! 面白い漫画を本当にありがとうございましたの気分です… へうげものは歴史漫画の中でも最上級におすすめ!!! 利休死後の茶道頭にして高弟、茶の湯、陶器のスーパープロデューサー、古田織部の物語! めっちゃ面白い人なの!!

◆『コイ茶のお作法』(桜城やや)

乱暴グセを直して!と妹によってムリヤリ茶道部に入部させられた徳丸。教室ではボーっとしてばかりの蓮根の、別人のように厳しい部長ぶりにビックリするが、そのうちに彼の様々な面が見えてきて…!?

桜城やや先生のはほんまになんか面白いの コイ茶のお作法めっちゃ好き

先の日高先生の「嵐のあと」、桜城やや先生の「コイ茶のお作法」。双方ともBLながらノーマルの男性心理や社会性も描写しているのでドラマとしても面白いです。 RT @xxx_yuzu BL漫画、ソースケさんのオススメなんかありましたら教えてください。

1 2