1. まとめトップ

バレンタインと言えばチョコ!美容効果がある食べ方って!?

意外にも!チョコレートには美容・エイジング効果があるのでそれをまとめました。

更新日: 2018年02月20日

3 お気に入り 3160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mimiko_11さん

エイジングケアをしたい、ダイエットしたい、リラックスしたい…

そんな思いに答えてくれる、美の味方のようなお菓子があるとしたらどうでしょうか。

しかも、それがチョコレートだったとしたら?

チョコに含まれてるカカオには美容・健康効果!

紀元前2000年頃、古代メキシコでカカオ豆は「神の食べ物」と呼ばれ、貨幣として使われるような高価なものでした。

カカオ豆をドロドロになるまですりつぶしドリンク状にした苦い飲み物は、不老長寿の薬とされ、アステカの皇帝モンテスマは1日に50杯も飲んでいたとも言われています。

この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用をもつ栄養素があります。

カカオに含まれているポリフェノールもそのうちの一つで、抗酸化力があるといわれています。

その量は他の植物食品より、多く含まれていることが分かっています。

カカオに含まれるポリフェノールは、お茶などにも含まれている低分子のフラボノイド類であるカテキンやエピカテキン、それらが重合したプロアントシアニジン類が多く含まれていることが分かっています。

つまりポリフェノールをたくさん含むチョコレートやココアには、活性酸素が体内で引き起こすさまざまなトラブルを防いでくれる可能性があると言えるのです。

今まで美容・ダイエットの敵と思われてたチョコですが、これからは積極的に食べたいですね!

チョコの選び方

◎カカオ70%以上のものを選ぶ
カカオ含有量が多い程、カカオポリフェノールや食物繊維などの成分が多く含まれ、美容効果が高いとされています。

◎1日8粒でOK
美容効果や便通改善が期待出来るからと言って、食べ過ぎは禁物です!
高カカオチョコは、普通のチョコよりカロリーも脂質も高いです。その為、1日8粒を目安に食べるようにしてください。

チョコレートの健康成分が血中に残るのは2時間程といわれています。

それに合わせて、1日数回に分けて少量ずつ食べるのが効果的です。一気にたくさん食べないように注意しましょう!

こんな使い方も。

86%のチョコも食べたことありますが、割といただけます。

ただ、95%のチョコとなると、苦くて食べづらいです。

でも、カレーの隠し味に入れるには良いとは聞きます

1