マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、ガンや心臓疾患などの現代病や、喘息やアトピー性皮膚炎などとの関係も示唆されていて、多量に摂取すると高齢者の認知症の発症率の増加と相関関係があることも、アメリカでの調査研究結果などから明らかになっています。

出典バターとマーガリンどっちを選ぶべき? - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大丈夫!?「マーガリン」の身体に対する影響は?

マーガリン (margarine) は、植物性油脂(もしくは動物性油脂)を原料とし、バターに似せて作った加工食品である

このまとめを見る