1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
16 お気に入り 26474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

芥川賞作家、本谷有希子氏の小説

芥川龍之介賞、三島由紀夫賞の候補作となった「生きてるだけで、愛。」は、過眠症で引きこもり気味の寧子と、ゴシップ雑誌の編集部に勤める恋人・津奈木の2人を中心とした物語

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(2007)、『乱暴と待機』(2010)に続き、本谷小説の3度目の映画化となる本作

趣里、菅田将暉、仲里依紗ら出演、本谷有希子の小説「生きてるだけで、愛。」映画化(コメントあり) #趣里 #菅田将暉 #仲里依紗 #本谷有希子 natalie.mu/eiga/news/2680… pic.twitter.com/eGjUOicRT6

菅田将暉がヒロインの恋人に、仲里依紗がその元恋人にふんする

さらに…

寧子のアルバイト先カフェバーのマスター・村田に田中哲司、カフェバーのママ・真紀に西田尚美、カフェバーの先輩アルバイト・莉奈に織田梨沙、津奈木の上司・磯山に松重豊、同僚の美里に石橋静河が決定している

今年1月5日に都内近郊でクランクインし、現在編集作業中。今秋、新宿ピカデリーほかで公開予定

映画化にあたり、原作者の本谷は「23歳の頃の作品です。私が今まで作ってきたものの中で、一番いろんな人々に刺さった作品かもしれません。監督が最後までブレずに、やりたいことをやらかしてくれれば、と思います」とコメント

筒井ともみ氏の短編小説集

人はおいしい食事をすると、体が元気になる。いとしいセックスをすると、心が優しくなる=“スローフード・スローセックス宣言”を冒頭1ページ目から掲げたセンセーショナルな短編集

映画『食べる女』8人の女性のリアルな”食”と”性” - 小泉今日子・沢尻エリカ・前田敦子・広瀬アリス - fashion-press.net/news/36889 pic.twitter.com/v4Il9nL8oR

小泉今日子を主演に迎えるほか、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香が出演することが分かった

食べることと料理することをこよなく愛する、小泉演じる雑文筆家・敦子(とんこ)のもとに集まる7人の女性が、恋や仕事に悩みながらも、本来の自分を取り戻そうとする物語

筒井氏によると、当時演出を担当した久世光彦さんとは原作の発売以来、映像化するなら演じるのは小泉今日子しかいないと意見が合致していたという

今作でも熱烈なラブコールを送り、2年かけて小泉さんの出演を実現させたとか

監督には、トレンディ・ドラマの金字塔とも言える「男女7人夏物語」や、東野圭吾の人気小説を実写化した映画『手紙』などを手がけた生野慈朗が抜擢された

大山淳子氏による小説

“アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサ―女性”と、“自分を彼女の恋人だと思い込んでいる猫”の関係を描いた、ハートウォーミングな物語

沢尻エリカさん、6年ぶりとなる待望の主演作!!!『猫は抱くもの』(犬童一心監督)来年6月23日公開決定 #猫は抱くもの #沢尻エリカ nekodaku.jp pic.twitter.com/4Lgs6Tl9R5

1 2