1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

また強烈寒波が襲来…もうしばらく記録的な寒さに警戒を

暦の上ではもう「春」ですが、まだ冬が居座るみたいです。

更新日: 2018年02月05日

7 お気に入り 26464 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2月の天気について、各報道内容をまとめました。

manuronaldさん

■記録に残る大雪や寒さに見舞われた1月

■2月に入っても寒すぎる!

現在、北日本と西日本の上空に猛烈寒気が流入中

【週間天気】 今週は非常に強い寒気が南下。全国的に寒い日が続きます。 日本海側では大雪に警戒が必要。西日本や東海の平野部でも雪の降る日があるので、最新の情報を随時、確認を。 また、次の週末は3連休ですが、低気圧の接近により雨が降る… twitter.com/i/web/status/9…

北日本に氷点下39℃以下の強い寒気が流れ込むのと同時に、西日本でも平年を10℃近く下回る強い寒気が流入。

特に九州では、奄美大島付近まで平地でも雪になるレベルの寒気が覆っており、「2016年の記録的寒波」に匹敵する寒気となっている。

この時は、奄美で115年ぶり、沖縄本島では1890年の観測開始以来初の雪が降った

■暦の上では「春」だけど…

全国的に気温の低い状態が続き、北・東日本で低い確率50%、西日本と沖縄・奄美で低い確率60%。

今週末に一旦寒さは緩むものの、来週には再び強い寒気が襲来し、九州~北海道の日本海側では10年に1度程度の大雪となる恐れも。

気象庁は「低温に関する異常天候早期警戒情報」を発表し、路面や水道管の凍結などに警戒をするよう呼び掛けている。

■厳冬となっている原因

【「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α 最後のαの「ブレ」が適当すぎるww ただの南岸低気圧だから。色々重なっているけど、周期的だろうね】 関東「大雪の方程式」成立 | 2018/1/22(月) -… twitter.com/i/web/status/9…

北極上空にできる大規模な気流「極渦」が分裂し、強い寒気が極東から日本付近に流れ込みやすくなっている。

極渦は北半球を取り巻く偏西風の流れに影響するため、不安定になると大規模な寒気が中緯度に南下しやすくなる。

■春の気配を感じられる日は当分先になりそう

3月になると気温は平年並みか高く、急速に寒さは緩む見込み。

ようやく春らしい感じに

4月になると春の気圧配置となり、気温は平年並みか高く、日差しの暖かさを感じられるようになりそう。

快晴…から急に曇ってきた朝⛅️ 九州では今世紀最強の寒波が襲来とかこの前平成最強だったのに、なんかどんどんパワーアップしてませんか 厄介なインフルも流行り、今年は何かと厳しい冬になりましたね 暦の上ではもう春。あともう少… twitter.com/i/web/status/9…

1