1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

【怖い話】マンションの怪

私が体験したことを書こうかな。

今から6年前。

水商売をしていた私は、その日に限って0時頃帰れた。
風呂に入りたかったけど、面倒になったからいいや寝ちゃえ。

と思い、顔だけ洗って布団に入った。
すぐに眠りに落ちて、しばらくすると目が覚めた。

時計を見ると午前2時半ぐらいだった。
もう一度寝ようと思い、目を閉じて少したつと金縛りに遭った。

私の意識は、まだある。
なんだ?疲れてるのかな・・・

怖い気持ちを紛らわす為、努めて明るく考えた。
その時、私の寝ている部屋の(玄関から見て)手前の部屋の引き戸が開く音がした。
え?誰か入ってきた・・!?

そんなワケないよな、玄関とか開く音してないし・・。
異様な金縛りの中、耳に意識を集中させた。

すると、手前の部屋の畳を歩く音がする。

スッスッスッス

真っ直ぐこちらの部屋に向かっているのが分かった。

え!どうしよ!!

私は金縛りで動けない。しかし意識だけは、ある。
布団の中にいる私の、頭の上はすぐ引き戸だ。

この引き戸も開けられたらヤバくないか?
開くな・・
しかし、引き戸は開けられた。

すーっ

引き戸を開けてすぐの場所で、私は寝ている。
と言うより引き戸に布団をくっ付けるようにして寝ていた。

私は また、怖い気持ちを紛らわす為にこんな事を考えていた。
戸を開けてこんなにすぐの所で寝てるとは思わなかっただろうな。

しかし ソレは、私の顔を覗き込んでいる。
見たわけではない。気配がある。

物凄い恐怖で、もう他の事なんか考えられなかった。
あーお願い!帰って!向こう行って下さい!

一生懸命、心の中で祈った。
時間にして、どの程度か分からない。
多分1分も経ってないだろう。

それから また、頭上の引き戸がすーっ
と閉まり、手前の部屋の畳を歩く音がした。

それと同時に金縛りも解けた。
あー・・なに今の?
他の事を考える余裕も出てきた。

でも耳だけは、手前の部屋に集中させていた。
そこで、ふと気付いた。
・・・出てった音しなくないか?

入ってきた時は、手前の部屋の引き戸も開く音したのに。。

ってことは、まだいるって事!?
しかし、私には起きて確かめる勇気はなかった。

やだよ、寝る。

恐怖で凍りつきそうになりながら、私は朝方になってようやく眠れた。

それ以来、私の住むアパートでは不思議な事が次々と起きるようになった。

【一人暮らしの怖い話】夜中風呂に入ろうとした時の話なんだけど・・・

俺にとっては洒落にならない話なので書き込む。


ここのアパートは風呂場と脱水所とトイレ、そして寝室が並んで北側にあって、それぞれに窓が一つずつある。
俺はそこの2階に住んでる。
んで夜中風呂に入ろうとした時の話なんだけど・・。


風呂入る前にトイレに入ったんだ。用を足してたら、

『コンコン』

って窓を叩くような音が聞こえた。
パッと窓の方見たけど、そこには自分が写ってるだけ。外の様子はわからない。


気のせいかと思って脱水所で服脱いでたらまた

『コンコン』

って音。
今度は少しビビりながら窓に目を向けたけどやっぱり何もない。


湯船に浸かってたらまた

『コンコン』

流石に怖くなってきて風呂からあがった。
きっと疲れてんだ、気のせいだ、って自分を納得させて寝室で布団を敷いて電気を消した。そしたら・・

『コンコン』

背筋がゾワッとして鳥肌立ってるのが見なくても分かった。
カーテンを閉め忘れてる・・。

俺は布団に飛び込んで、毛布手繰り寄せて丸まった。いつの間にか寝てた。


暗い部屋からなら窓を開けずとも外の様子がうかがえたことだろうけど、俺にはそんな勇気すらありませんでした。


一人暮らしの俺には洒落にならん。トイレも風呂も寝室も怖い・・。
しかもすぐ隣に墓地あんだよなぁ・・。

【一人暮らしの怖い話】オン………ビサン…エイソワカ

アパートで独り暮らしをしていた時の事。


仕事から帰って来て晩飯を食べ、風呂に入って布団に入り、眠りにつきました。


恐らく深夜0時頃だったと思います。


俺の部屋は二階です。
誰かが階段を登って来る音がします。

あれ、ウチの部屋に来たぞ、と思い、居留守をしようと息を潜めていたところ
突然ドアを、


ドゴ―――ンッ
ドゴ―――ンッ


と思いっきりパンチかキックをしてきたのです。

な、なんだあっ!?

玄関に行き、だ、誰ですか?と尋ねると、


「オン………ビサン…エイソワカ」


と、何だかよくわからない、聞いたこともない事を言ってきたんで、俺もこちらから外にいる奴に向かってドアごしに思いっきりパンチをしたところ


「ギャッギャッギャッ」

と笑い声がして、走って階段を降りて行ったようでした。
俺も怖くなって布団に潜り、朝まで震えていました。


昼頃に目が覚め(休日だった)一応、玄関のドアを見に行ったら、
藁人形が太い釘でドアに打ち込まれていました。


でも俺は今でも元気です。

【事故物件】前の住人のモノと思われる一本のビデオテープが出てきた

あれは、5年くらい前かな。おれは就職のため東京に引っ越した。

中々部屋はなかったけど、最後に不動産屋が渋々紹介してくれた部屋でさ。
北向きでも新しい物件で5万円、1LSDKって間取りの、広めの部屋。場所も○天宮の脇で、もろ都心。

「都心もそれ程家賃高くないな。掘り出し物かな。」

程度に思った。気がついたのは、異変が起こってからだったよ。

この部屋は洗濯機等の家具付きだった。
あとテレビデオ(死語)、冷暖房、電気(照明)。あと、珍しいものでは、収納室(SDKのS)に、赤い自転車を置いてくれてた。

丈夫な造りの建物だし、ほんと満足だった。しかし、最初の晩から不気味なことが起こったんだ。夜、風呂に入っていたら、部屋の方から、何か聞こえてきた。

「ズル・・ズズズ・・・」

と、ひきずる様な、低い声の女性の喉が詰まったような音が。俺は驚いて、

「えっ!??」

って声を出した。同時に音がやんだ。気のせいと思ったけど、ひとりで風呂に入ってるのが怖くなった。出た時、異変に気づいた。

ひっそりと静まり返るおれの部屋。リビングの電気もついていない。
比較的強気な俺だけど、びびった。

「電気はつけてたはずなのに。。。」

おれは、混乱した。脱衣所から外に出るのが怖かった。

幽霊なんて信じちゃいない。
でも、脱衣所の外に広がる暗闇・静寂はどう考えてもまともじゃない。
気を静めるため、とにかく体を拭いた。でも湿気がとれない。

冷や汗が止まらなかったんだ。服を着た。何か護身用にと、姉がくれたドライヤーと、ヘアスプレーを持った。とにかく怖くて、歯がガチガチ震えるんだよ。

脱衣所の扉をゆっくりと開くと、そこには、何も見えない暗闇が広がってた。街灯の多い通りに面してるのがおかしい位、何も見えない。
ごくり。おれが生唾を飲む音が、いやに
そらぞらしく、耳に響いた。

「ズズズ・・・」

突然、あの音が、うつろな闇の奥から湧き上がってきた!!おれは急いで電気をつけようとした。
でも、スイッチを押してもつかない!

「ズズズズ!!」

音がいきなり大きくなった。近づいてくる!暗闇の中、おれは咄嗟に、夜中だってことも忘れて「ぎゃぁ」っと叫び、脱衣所に逃げ込んだね。
そのまま脱衣所の扉を固く握り、朝が来るのを祈ったよ。

おれの祈りは、通じなかった。

「ズル・ズル・・ズズズ・・!!」

おれの握ったドアノブが、いきなりグイグイと下げられた!おれは力の限り、抵抗した。必死で腕に力を込めた。

「やめろぉ!」

叫び声が家中に響いた。それでもドアノブはグイグイと腕を押し下げてきた。
もうだめだと思った。今度は、扉が引っ張られた。俺の腕は、素早く、扉を引き寄せた。無我夢中だった。

「やめてくれぇ!!」

届くはずのない願いを、俺は連呼した。その刹那。

「ドン!ドン!ドン」

おれの心臓は、ドクッと大きく動いた。玄関の扉をたたく音だ。

「こんな時間に、何を騒いでるんですか!!」

玄関だ。脱衣所の扉じゃない。
「助けてくれ!」俺は叫ぼうとした。そのとき、俺の押さえる扉から、すっと圧力が抜けた。ほっとした次の瞬間

「ドカン!!」

俺の心臓は冷たくなった。扉に何かが突進し、ついで、それがつぶれた気配があった。

「助けてください!!」

俺は、力の限り叫んだ。

助けに来てくれたのは、下の階の夫婦だった。

その二人によると、前の住人も夜中に騒ぐことがあったので、何度か注意をしていたんだそうだ。

部屋の外で、おれは部屋の電気がつないこと、部屋の中で起こったことを話した。夫婦は、意外にも、俺の頭がおかしいとは思わない様子で、黙って話を聞いてくれた。そして、二人は

「夜中だから、今日は私たちの家に泊まって、明日電気屋を呼ぼうね。分かった?」

って言ってくれた。涙があふれた。東京なんて、高いビルばかりの冷たい街だと思ってた。
でも、夫婦は本当に優しい人たちだった。その夜は、夫婦の家に泊まった・・・・

「またこの物件かぁ。」

翌朝、管理人と電気屋が溜息混じりに言った。

「この物件ね、よく停電するんだよ。しかも、何でもないのに、電気がつながらなくなっちゃうんだよね。」

とにかく、俺は鍵を開け、部屋の扉をそっと開いた。
すぐに、異常な物が目に映った。脱衣所の扉に、べったりと、赤い液体がこびりついていた。あまりの恐ろしさに、俺は、気が動転し、息ができなくなった。

「またかぁ。」

扉を拭きながら、管理人が、ひとりごちた。

「いまさらで悪いんですけどね。」

ばつが悪そうに管理人が続ける。

「前にも、何度か同じようなことがあったんですよ。
ここは元々、建売のマンションだったんですけどね、なぜかこの部屋だけは、持主の意向で賃貸にしたんですよ。

日当たりも悪いんですけど、この部屋は、異様に暗くて、買手がつかなかった。

持主は、設計上瑕疵(かし)があるに違いないので、とても人様には売れない、この瑕疵の分、割安価格で、賃貸にしようって言いました。私は管理を担うだけだから、従いました。」
※欠点(欠陥)または過失

管理人は言葉をとめた。平静を保つためか、タバコを吸った。しばらくすると管理人は

「私を責めないでくださいね。」

ポツリと呟いた。

「最初の住人。。責任は彼らにあるんですから。」

そこで、管理人は口を閉ざした。

自分の部屋が怖い。この事実に、俺は耐えられなかったが、自分の荷物が全部この部屋にあることがそれ以上に恐ろしかった。

「勝手で申し訳ないですが、引っ越してください。」

管理人が手を床につき言葉を繋げた。

「引越しに必要な費用は、こちらに負担させてください。」

俺は本当に救われた。昨晩のことで破けてしまった心が、再びつながった気がした。すぐに、不動産屋に連絡した。持主にも。両者とも、素直に納得し、解約の申し出はこの電話のみで良いといってくれた。

引越屋の手配も請負ってくれた。幸い、引越し初晩で、荷物の大半は開いてはいなかった。
片付けはあまりないけれど、俺の精神状態を酷く心配した夫婦が、手伝ってくれた。片付けも終わり、いよいよ引越屋を待つだけ、となった時だった。旦那さんが、余計なものを見つけた。

「このビデオテープは君の?」

しーんと静まった部屋で一同はおれを見つめた。テープを手に取った。頭が真っ白だった。何分たったのだろうか。おれは、うっかり、余計なことを言った。

「違います。でも、見てみたい。」

ごくり、と、皆が息をのんだ。怖かった。でも、おれは知りたかった。
責任者とはどんな連中なのか。あれは何だったのか。おれは、自己の責任において、ビデオを見ることを決めた。

管理人も、夫婦も、真相を知りたい気持ちは同じだった。
きっとこのビデオには何か手掛りとなる事実が映っていると誰もが直感した。その時、突然おれのPHSが鳴った。引越屋だ。あと1時間位で到着するそうだ。

良いタイミングだった。十分な時間が与えられた。

テープは、この部屋を撮ったものだった。そこには一家三人。
きゃっきゃとハシャグ2歳くらいの赤子。優しそうな男性(父親)
と美人だが陰鬱な顔の女性(母親)が写っていた。

映像が切り替わる。
うるさかった部屋には、今度は誰も写っていない。画面の左り端には、黒い影が映っている。撮影者の指のようだ。ただ、何だかゴトゴトと音がしている。しばらくじぃっと画面を見つめていた。
まわりは、すっかり夕暮れになっていた。
「イヤァ!!」

急に、かぼそい悲鳴が響いた。一緒に見ていた奥さんだ。目を閉じて、すっかり脅えながら、画面を指差して言った。

「せ、せ、洗濯機の中。。。」

おれは息をとめた。ゴトゴトいう音は洗濯機だ。そして、よく見ると、何か見え隠れしてる。小さな赤く染まった手だった。

内部に入ってる物は容易に想像できた。

あの子だ。楽しそうに遊ぶ姿が印象的だった、あの赤子だ。誰もが固唾を呑んで見ていると、急に画像が乱れた。ざぁーと、波が入った。

しばらくすると、うつろな部屋が再び写された。皆、動けない。話せない。おれは、背筋が凍りついた。洗濯機から赤い血糊が部屋の中へ、べったりといっぽんの帯となって続いている。

そしてその先には、ズ・ズズッと這うようにうごめく赤い塊があった。ぐちゃぐちゃで、顔も手も、足も分からない。だが、一つ、異様に目に付くものがあった。

大きく、異様に歪んだ口だった。口の中には、ぎょろりと、こちらをじっと睨む瞳。
血の滲んだ目だ。誰も声を出せなかった。沈黙の後、黙っていた管理人が泣崩れた。

「こんなことが。」

赤い塊は「・・ね」とつぶやき、洗濯機の中へと這い戻った。次の瞬間、画像が上下した。
床に落ちたのだ。続いて、画面に飛び込んだのは、意識を失って倒れた撮影者だった。陰鬱な顔をした美しい女性。ただ、美しさはもはや損なわれてしまった。真っ赤に染まったうつろな顔。

その鮮血は、崩れた左の眼孔から絶え間なく流れでていた。
おれはその夜、部屋を出た。ホテルにつくと喩え様のない悲しみがこみ上げた。翌朝○天宮様へいった。彼らの冥福を祈るために。

【洒落怖】御札をはがしてから不気味な電話がかかってくるようになった

これは私の友人の体験談で、友人本人から聞いた話です。

私の友人(以降A)がアパートに部屋を借りたんです。
古い建物を改装したアパートなんだけど、リフォームがしっかりしてて結構綺麗、借りたのは最上階の部屋で、部屋も広くて天井も高く開放感のある部屋。

主要線の駅からも歩いて行ける位近くて、商店なんかも整ってて凄く条件が良い物件だったそうです。
それなのに、家賃もそれほど高くない・・・と云うより安い程。
(この時点で普通はおかしいと思いません?)

でも、そこに入居して暫く経って、一つ嫌な事を発見したんです。
和室の押入れの上部に小さな棚があって、そこの奥天井に一枚の御札が貼られてるのに気付いたそうです。

Aは心霊だとかその手の事には鈍感な性質で、気味が悪いとは思いつつもお札を剥がして捨てたんです。

それから、部屋に変な電話が掛かってくるようになったんです。
しわがれた年配の女性の声で、呟くように繰り返すのだそうです。

「こちらはあたしの家じゃないかねぇ」
って。

Aはいたずら電話か痴呆老人の仕業かと思って、対応もおざなりに電話を切ったそうです。
けど、その電話は時折掛かってきたんです。日をおいて幾度も、同じ老婆から同じ内容で。

終いには辛抱しきれなくなったAは、この部屋は俺のモンだ、と怒鳴りつけたんだそうです。
そうしたら、震える声で

「・・・ここはあたしの家だよぅ」

と返ってきたきり、電話は切れてしまったそうです。

その夜、Aは息苦しさに目を覚ましたそうです。
身体が動かない。すぐに金縛り状態である事に気付きます。

動けないまま目を凝らしていると、直に目が暗闇に慣れてきました。
その時、顔にポタリと何か雫のような物が降りかかったんです。

すぐ頭上の天井に目を向けると、真っ白な筈の天井に黒いシミが出来ていて、そこから雫が垂れているようでした。
みるみるシミは広がって、垂れてくる雫の量が増えてきました。

生臭い、金臭い臭いに、その雫が血であると思った瞬間、天井のシミの中から何かがA目掛けて降ってきたんです。

ドサドサ、バラバラと重みのある物体が、Aの顔といわず身体といわず降り掛かったんです。
Aが恐怖に身を強張らせていると、顔の真横に生臭い空気を感じました。

視線を向けると、真っ黒な塊・・・人の首がAの顔の横にあり、それが耳元で口を開いたんです。電話のしわがれた声で。

「ここはあたしの家だよぅ」

翌日、Aはすぐその部屋から引き払いました。
不動産屋は、もうあんな所には住めないと訴えるAを問い質す事も無く即時引き払いに応じたそうです。

後日、Aはその部屋の(建物の)来歴を調べました。
十数年前、その建物はある資産家の老婆の持ち物でした。

しかしその老婆は欲に目の眩んだ身内によって殺されたんだそうです。
ただ・・・何故Aの借りた部屋に老婆は現れたのか。
明確な理由は今でも解りません。

1 2 3 4 5 ... 11 12