1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ムダ毛に悩む女性の本音!

@s_panda_s_ 一旦切るとムダ毛の処理が出来ないとかも悩み 切る→毛剃れない→汚い...

セルフムダ毛処理で肌を傷つけてしまい、毛が剃れなくなるという悩み。

この時期って肌見せないからムダ毛の処理が疎かになる訳ですよ 夜の予定がある時ぐらいしか剃らない部分もありまして 感覚を忘れているからなのか肘をガガガッとカミソリ負けです 関節って剃り辛いよねー 痛い痛い #裏垢女子

関節部分のムダ毛処理は難しすぎる!カミソリ負けもヒリヒリ痛い…。

なお、ムダ毛を剃り忘れるというキラキラどころじゃないやらかしをしてしまいましてな… 腕あげられないの辛いw

ムダ毛を剃り忘れたときに限って、急に男の人とご飯に行くことに…。そんな日は、一日中ブルーになってしまいます。

ムダ毛処理の処理方法は「自己処理」と「脱毛」の2種類!

カミソリや毛抜きを使って行なう「自己処理」。やればやるほど、皮膚にダメージを与えてしまうのが特徴です。また、毛もどんどん濃くなってしまいます。

サロンやクリニックで施術を受ける「脱毛」。続けるとどんどん毛が生えにくくなるので、処理が簡単になります。

ムダ毛の自己処理方法を紹介

もっとも手軽で簡単な自己処理方法ですが、特に肌へのダメージが大きいのが特徴です。

■電気シェーバー

肌への負担は少ない方法ですが、深剃りができないのが特徴です。

小さなバリカンのようなペンタイプのシェービング機器。産毛など細い毛におすすめです。

■ピンセット

毛を抜くとしばらく生えてきませんが、毛穴へのダメージが大きいのが特徴です。

■脱毛ワックス・テープ

一度に広範囲の毛を抜けるのがメリット。その反面、毛穴や皮膚へ大きな負担がかかります。

■電動毛抜き

毛を素早く抜いてくれる機械。しかし、埋もれ毛ができやすいといった毛穴トラブル多いというデメリットがあります。

■薬剤(除毛剤・脱色剤・抑毛剤)

1 2