1. まとめトップ

【就活:2019卒必見!】第一志望企業の内定獲得への道

「絶対にあの企業に就職したい!」、「良い企業に就職したい!」と思っている方のために「第一志望企業の内定獲得への道」を作成しました!内定を獲得するために必要な、就活で通るすべてのステップをまとめました!参考にして就活を成功させましょう!

更新日: 2018年03月12日

2 お気に入り 2327 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

guidyさん

内定までの手順を知ろう!

選考を通過し内定を手に入れるためには自己分析や企業・業界研究、ES、面接などいくつかのステップがあります。企業から内定をもらうためには、すべての段階で対策を行わないといけません。この記事では各ステップを踏む上で役に立つサイトをまとめました!第一志望の企業に内定をもらうために、ぜひ参考にしてください!

ステップ1. 企業・業界研究をする

第一志望の企業に内定するには、その企業とその企業が属する業界の研究が必要です。選考が進むと面接で、事業や業界・職種についての質問をされます。企業についての理解度が低く、うまく質問に答えられないと面接官に入社志望度が低いと思われてしまいます。
なぜその企業が良いのか、他社と比べてどこが優れているのかなど詳しく調べましょう。

ステップ2. 自己分析をする

自己分析とは自身の人生を振り返って自分がどんな人間であるかを知ろうとすることです。
就活では自分のことを全く知らない人に、自分はどんな人間で、どんな考え方をしているのかを伝えなければいけません。相手に自分のことを的確に伝えるには、日々の行動を振り返り、自分のことを明確に把握しておく必要があります。自己分析をし自身を理解することで、面接官に「自分」を伝えられるようにしましょう。

ステップ3. OBOG訪問をする

OBOG訪問は興味のある会社の理解を深めるために、その企業の先輩社員に話を聞きに行くことです。
OBOG訪問を行うことで実際に働いている社会人から直接、仕事の実情や本音を聞くことができます。また話を聞くことで実際に働くイメージをすることができ、就活で失敗することを防ぐことができます。

ステップ4. 選考対策をする

就活ではES(エントリーシート)、グループディスカッション、面接などの選考があります。
すべてのステップの選考対策を十分に行わないと内定をもらうことはできません。面接は自身があるのに筆記試験の勉強をせず面接までたどり着けなかったり、自己分析はできているのに本番で緊張してうまく受け答えができなかったりします。一つ一つ対策を行っていきましょう。

ステップ5. 会社説明会に参加する

3月になると新卒生向けに会社説明会が開催されます。会社説明会ではその企業の情報を集めることができます。約1~2時間程度の会社の説明が行われるため、事業内容や部署ごとの仕事など、その企業のことを詳しく理解することができます。
説明会には選考を兼ねたものもあるので、気を引き締めて臨みましょう。

ステップ6. 企業にエントリーする

企業の本選考を受けるためにはエントリーをする必要があります。就活サイトに会員登録をしサイトから直接エントリーする方法や、企業のホームページにある専用のエントリーフォームに名前や住所などの基本情報を記入することでエントリーをする方法などがあります。ESを提出してエントリーが完了する企業や課題提出を求める企業もあります。
エントリーの開始日程は企業によって違います。締切日をこまめにチェックして見逃さないようにしましょう!

ステップ7. 筆記試験を受ける

エントリー後に多くの企業では選考に筆記試験を設けています。人気企業では悪しきりの点数が高く設定され、多くの就活生が次の選考に進むことができないことがあるため対策は不可欠です。
筆記試験にはSPIや玉手箱、GABなどがあります。Web上での試験が基本で、企業によってテストセンターか自宅で受けるか指定されます。それぞれの特徴や出題形式が異なるので、自分が受ける企業のテストの種類を事前に調べて入念な対策を行いましょう!

ステップ8. グループディスカッションを受ける

一般的な選考では、ESや筆記試験を通過するとグループディスカッションに進みます。グループディスカッションは複数人でグループを組んで取り組む選考です。グループで与えられたテーマについて議論し結論を出します。グループディスカッションの取り組み方を面接官が見て選考の通過者を決めます。
グループの中でどういった行動や議論をするのか見られているため対策を十分に行いましょう!

1 2