1. まとめトップ

日本通信b-mobile 携帯電話SIMへ乗り換える方法

格安にもいろいろありますが、今回は音声通話用に、日本通信㈱ b-mobile 携帯電話SIMへポートインしてみた時の流れなどをまとめてみました。

更新日: 2018年02月08日

0 お気に入り 398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DoCoMoのガラホに乗り換えようとしたら、「割引できませんが、契約はできます」と言われたスマホころがし太郎です。

■b-mobile 携帯電話SIM

今のスマホが主流の時代ですが、
実は3G回線専用の格安SIMが存在しています。

■オンラインショップ

b-mobileの直営オンラインショップにて、携帯電話SIMという名称のものを買います。

自動車運転免許証をスマホで撮影し、アップロードします。

クレジットカードで支払いの登録をします。

加入の手数料(ポートイン)と毎月の基本料金です。

1番最初に、電話番号とMNP予約番号を入れ、免許証の写真アップ、その後クレジットカード登録という流れでした。

b-mobileに、今使っている携帯電話番号をそのままで乗り換える人は、直営ストアでコース選択し、そのまま携帯電話番号や、MNP予約番号を入力していくという流れです。

ポートインする場合は、AmazonとかでSIMカードを買わないように注意しないといけません。

■管理画面

管理パネルは、登録してすぐにマイページにログインできました。
ただ、手続き中なので、操作はできません。

■手続きの進捗具合

日曜日になる直前にウェブサイトで手続きしたので、実質日曜日に申し込み、翌日の月曜日夕方には、「明日古いSIMが無効になり、そのまま新しいSIMカード発送します」という案内メールが届いていました。

■ガラケー端末の注意点

4G回線SIMカードは、3G回線用端末で音声通話可能です。
でも、3G回線SIMカードは、4G回線用端末では音声通話不可です。

この為、3G回線専用となる携帯電話SIMを使うには、docomoの3G回線端末を中古で買う必要があります。

写真はリサイクルショップ、セカンドストリートのガラケーのショーケースです。回線種類3Gと書いてありますが、スタッフさんに「3G用ガラケーが欲しい」と相談すれば教えてもらえます。

■ネットでガラケー端末を買う

ゲオモバイルの販売ページで、「コンディション非常に良い」という中から選びました。

■ゲオモバイルから到着

日曜日に日付が変わる直前にネットで購入。月曜日に発送連絡メールがあり、翌日東京から福岡市の自宅へ届きました。

こんな感じで、クシャクシャにした紙と紙の間に商品が入っていました。

ガラケーはプチプチの袋に入っており、納品書と保証に関する説明書が入っていました。

筐体の傷チェックをすると、たしかに綺麗です。

■端末の選びかた

高齢者や、あまり携帯操作が苦手なんて人のガラケー端末を選ぶ場合、文字盤が見えやすいかとかで選ぶと良いかと思います。

■ポートアウト

メールで連絡のあった「2月6日に通信できなくなります」と書いてあったのですが、その日16時過ぎにアンテナマークの青が消え通話できなくなりました。
翌日7日は、赤色圏外表示に変わりました。

新しいSIMカードを宅配便で出荷する直前まで通信ができるようになっている感じのようです。

■b-mobileへ切り替え案内メール

こちらは、火曜日夕方に届いた「新しいSIMカードを出荷しました」という案内メールです。

1 2