1. まとめトップ

『トークが面白い人』手引き

話の面白い人と面白くない人の違いは何なのだろうか?そこで話が面白い人になるためのちょっとしたコツをまとめてみた。

更新日: 2018年02月07日

7 お気に入り 9428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世の中には2種類の人間がいる、面白い人と、面白くない人だ。自分は面白くない人間の一人としてこれをまとめる。

話がつまらないときの反応

俺の話がつまらないのは話盛りすぎだったから…!?

「話が面白いな」と思う有名人

さんまは、他者に対しても、とにかく「はたで見ている人」に笑いを呼び起こすことを第一命題とする動きを要求してくる。さんまからギャグをフラれたら、素人であってもそのフリに答えないといけない。

これに正しく答えられないと、すぐさまさんまから「ダメ出し」という名のツッコミが入る。ただ、これは逆に言うと、フリへの応答を失敗しても、さんまが「やらんかい!」あるいは「そうじゃないやろ!」などとツッコむことで笑いを生み出せるということなのである。

「話がおもしろい人」と「おもしろくない人」は何が違うのか?

努力じゃどうにもならない部分として「本人がそもそもおもしろい」ってのがありますよね。

好きな人の自慢話を聞いてるとコッチも楽しい気持ちになるし、自慢することがたくさんある友人を持てて誇らしいとさえおもいます。

一言が面白い「擬音の威力」

園児に大うけの「えのない絵本」ちょっと発想が違う。
擬音やイメージで人の本能で笑う原点

朗読者である大人は「バカで意味不明なセリフ」も絶対に読まなければいけません。そのおかしなセリフのみならず、“読まされている”大人にも子供たちは大ウケなのです。

適度な余白を加えながら、ふざけた擬音のオンパレード。 そう言えば子どもの頃ってこんな擬音の連発で、意味もなく爆笑してました!

横山裕さんの『えがないえほん』の読み聞かせ、園児たちは大爆笑でしたね! この本、いつもよりちょっとだけ大きな声で読み聞かせるだけで、本当に子どもたちが大喜びします。ぜひお試しください!

前に買った「えがないえほん」年長クラスで読んでみました。10割恥を捨てて読みきりました。大爆笑でした。個人的な意見としては内容がどうなのか...と思いますが親子や先生と子どもの掛け合いという視点から見たら良い絵本なのか...。でも… twitter.com/i/web/status/9…

話している人の「笑いの沸点が低い」

笑わない人なんて、外からみたら単に「つまらない人」以外の何者でもない。

ダンナと一緒にテレビを見ていて、クスリともしなかった私も、しばらくすると、ダンナのアホっぽい笑いにつられて、ちょっと笑えてくるのだ。笑いは伝染するって言うのはこのことで、一旦そういうアホっぽい空間におかれると、ちょっとしたことで笑ってしまう。コリが取れるという感じ!

笑う→コリが取れる→沸点が低くなる→さらに笑う→もっとコリが取れる→もっと沸点が低くなる。
という笑いスパイラルである。

お笑い番組で観客の笑いを足す方法があるように、周囲が笑うことで笑ってしまうことがある。
同じように自ら笑いを足す人も印象として面白いということに。

1 2