1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

安田顕が絶叫!「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」特報が面白すぎ

榮倉奈々と安田顕がW主演する映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」。「Yahoo!知恵袋」から生まれたコミックエッセイを実写化した作品。小出恵介の降板で公開も危ぶまれたが、大谷亮平が代役を務め公開日も決まった。特報が公開され、全力で“死んだふり”をする榮倉と絶叫の安田が面白すぎる。

更新日: 2018年06月16日

24 お気に入り 66948 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆榮倉奈々と安田顕がW主演する『妻ふり』

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が映画化!榮倉奈々&安田顕が夫婦に #映画 cinematoday.jp/news/N0091778 pic.twitter.com/TaonkdEqBO

栄倉奈々が、映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督)で、ともに主演する安田顕と本格的な夫婦役に初挑戦。

不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻を榮倉、冷静な夫を安田が演じる。

◆原作は「Yahoo!知恵袋」から生まれたコミックエッセイ

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
(作・K.Kajunsky、漫画・ichida)

2010年「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問から生まれたコミックエッセイの映画化。

その投稿にインスパイアされたボーカロイドプロデューサー・ほぼ日Pが初音ミクで作ったオリジナル楽曲の動画もニコニコ動画で再生数1位を獲得するなど一大ブームに。コミックエッセイは現在第3巻まで発売、累計発行部数は15万部を超えている。

◆夫が帰宅すると妻が死んだふりをしているという面白ストーリー

[フォトギャラリー]ワニに食われて死んでる…?映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が来春公開へ #榮倉奈#安田顕 cinematoday.jp/gallery/E00114… pic.twitter.com/205KdgL6Gh

仕事から帰宅したサラリーマンのじゅん(安田)は、玄関で妻のちえ(榮倉)が口から血を流して倒れているのを発見する。慌てて介抱するが、血はケチャップでできており、ちえは死んだふりをしていただけだった。

ホッとして理由を問うも、からかうように笑うだけのちえ。それからというもの、家に帰ると、ちえは必ず死んだふりをするようになった。

最初は呆れるだけだったじゅんだが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。

◆小出恵介の降板、撮り直しも話題に

[映画ニュース] 大谷亮平「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に参戦!公開は18年初夏に eiga.com/l/siuRk pic.twitter.com/vv9Ss0Y0Cm

榮倉奈々×安田顕のW主演で映画化する『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。降板した小出恵介の代役キャストに、「逃げ恥」でブレイクした大谷亮平が決定。

配給のKADOKAWAによると、代役の大谷以外のキャストは変わらず、部分的に再撮影。

◆そしてついに特報が解禁

榮倉奈々がワニに食われて死んだふり&安田顕が絶叫 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』特報公開 cinra.net/news/20180206-… pic.twitter.com/Snoe5gnwSf

榮倉奈々と安田顕のダブル主演作「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の公開日が6月8日に決定。あわせてYouTubeにて特報が解禁された。

特報は、穏やかな日常を過ごしていた幸せな夫婦の映像から始まる。しかし、ある日、普段通りにじゅんが帰宅すると、血を流して倒れているちえを発見。

冷静な夫・じゅん(安田)が、吐血する、矢に刺される、ワニに喰われる(!?)などの死んだふりで出迎える妻・ちえ(榮倉)のぶっ飛んだ行動に、ワケがわからず絶叫するさまが、ユーモラスに映しだされている。

◆“死んだふり”撮影の苦労話も

【特報公開】映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々×安田顕のW主演で人気エッセイを実写化 - fashion-press.net/news/31012 pic.twitter.com/KzMHWKrBCx

「死んだふりは、早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした(笑)」と榮倉が振り返るほど、全身全霊で死んだふりを繰り返す。

安田も「メイクさんも衣装さんもご苦労されて、皆さんでつくりあげたものです。榮倉さんの作品に対するプロ意識に改めて尊敬いたしました」と感服している。

1 2