1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

要介護5の母親と二人暮らしです。周りには無理をするなと言われていますが、うまく介護サービスを利用して在宅介護を続けています。そのまとめを参考にして頂ければと思っています。

capellさん

在宅介護これまでの道のり。

私の母は脳梗塞で、半身不随で脳梗塞の治療を経て、リハビリ病院の入院、合計で半年入院しました。リハビリ病院は原因となる病気によって最長の期間がちがってきます。
脳卒中は五ヶ月ぐらいです。

それからは私が介護サービスを利用しながら一人きりで在宅介護を続けて今年で三年目です。
初めは要介護4でした。でも一年で5になりました。

介護度には1~5あります。

1が一番軽く5が一番の重度です。

介護保険も5が一番沢山使えますが、介護サービスのうちの多くは介護度が高くなると料金が高くなり、介護保険をそのぶん多く使います。



実は介護保険を利用して介護をするにあたって一番必要な人物はケアマネージャーです。
なぜなら介護保険を利用する場合はケアマネージャーを通さないと使えないのです。
何故ならば介護提供事業者が不正を働く可能性もありそれを防ぐためです。

でもここで心配な事です。
ケアマネージャーがどんな人物かわかりませんよね。
中には気の合わない人がいたり、
人として間違ってたり、公私混同をしながら非常識なことをする人もいるかもしれません。

そんなときは苦情を入れる相手を設けていて、きちんと契約書の冊子の中に記してあります。

私の母は脳梗塞になる前は何の問題もありませんでしたが、
たった一回のその病気で重度の4、そして一年後には5になりました。

それでも訪問リハビリやデイサービスでのレクリエーション、本人にはいい刺激があり、特に異性のスタッフさんに優しくされるとイキイキする母がいて、脳梗塞の影響でボケながらも、明るく元気に幸せな母がいます。

自分でいうのも何ですが、私の愛情のお陰ではないかと思います。

しかし愛情をふんだんに使えたのは周りの人たちのお陰です。

身内も介護サービスのスタッフも近所の方も通院先の先生や看護師さんも、
もちろんケアマネージャーもです。

みんなは母にだけじゃなく、なによりも私に優しくありました。

だからと言って私がしんどくないかと言えばそうではありませんでした。

働きながら介護をできるか。

私は介護のため仕事をやめました。
母が一人では過ごせなくてデイサービスに行ってる間の時間だけを利用してパートに行きましたが、ほぼ同時に介護と新しい仕事が始まり、どちらもお互いに悪い影響を与え合い、どちらもうまく行きませんでしたので、仕事をやめました。

今思えば、先に介護になれてみてリズムを作ってから、仕事を見つければ良かったと思いました。

デイサービスですが、本人が楽しければ、決して悪くありません。
デイサービスは、体のメンテナンスを看護師さんの目を通してしてくださるので、塗り薬を渡しておけば風呂上がりに塗ってくださいます。

ショートステイに関してもそうです。

母はからだが不自由なので自宅のお風呂には入れません。だからデイサービスのリフト式のお風呂に入れてもらってます。

自宅にきてもらう組立式の風呂の介護サービスは非常に料金が高く、聞いた話では一回利用すればデイサービスに三回は通えるので、デイサービスでお風呂を利用した方がいいですね。

寝たきりで動かせないお年寄りの場合は、訪問介護ヘルパーを利用するでしょう。

でも、そうでない場合は、デイサービスやショートステイの方が気が落ち着きます。それは私の場合であり、人それぞれです。

在宅介護をする秘訣のまとめ。

では、これまでの在宅介護生活のまとめです。
私はパートをやめて介護に専念して介護がうまくなりました。これは仕事をやめる事が可能でできた事です。特に急いでお金に困らない、きちんと老人本人の貯蓄があるかどうかです。
それと身体障害者手帳を取得すれば医療費など手厚くしてくださいます。

それと周りの人間関係がよいかです。介護サービスの皆さんに相談をすろばいい情報を下さいます。ご近所のみなさんも優しい言葉をかけてくださいます。
それだけで心が和みます。

母は体が小さくて介護をしやすいです。

でも一番は何かです。

年寄り(母)と自分の関係がどうかです。
実の親子で、姑ではない。

もともといい関係の親子でした。

ずっと一緒に暮らしてきたので

からだが不自由になれば

世話をするのは当たり前だと私は思っています。

つまり介護で者がどうかです。

でも中には施設の方が介護のプロなので良かれと施設に預けてる人も沢山おられます。

その人の考え方ですね。

まとめてみると

私が一人で母を在宅介護をしてるのは
自分でしたいこと
そしてやり易い状況。

これらなので

一概には言えない…。で終わりました。

が、介護保険は、在宅介護の味方です。

私はデイサービスとショートステイ(短期入所)をしながら

なんとか出来ています。

私自身はできるだけ長く自分のもとに母をおいて幸せを満喫してもらいたいと思います。


追記ですが、これを投稿したその後、母はまた脳梗塞になりました。

更に体が不自由になり

麻痺則でない側の体も不自由となりました。

同じ要介護5でもひどい5です。

周囲からは今度こそ施設入りではないかと見られましたが

施設にはいれません。

介護の方法を変えてみました。

出来るだけ頑張ってみたい、大切な親を世話し続けたい、そう思います。

1