1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shin_risaさん

女性が薄毛になってしまう原因を集めてみました

女性の薄毛は男性のように頭皮が硬くなってしまうことで起きるわけではありません。
それではどうして薄くなってしまうのかをチェックしていきましょう。

1.過度のダイエットによる女性の薄毛

ダイエットは女性にとって永遠のテーマ。どんどん新しく出て来るダイエット方法は多くの人が影響されて紹介されています。ファッションのように流行しているのが特徴です。

食事制限を伴う過度なダイエットをすると、
髪の成長に不可欠な栄養分まで不足し、成長期の髪の毛を十分に育てることができなくなります。その結果、ヘアーサイクル途中で脱毛してしまいます。

また、運動しない系のダイエットは、運動不足により血行不良を引き起こします。
その結果、今度は栄養を毛根に届けることができずに脱毛につながります。

若い人たちだけに限らずダイエットはやっちゃうから気を付けておきたいですね…。
ダイエットをするときは栄養バランスがしっかりと摂れる食事を摂りつつ適度なダイエットをするのがベストだそうです。

2.ヘアースタイルによる女性の薄毛

ヘアアレンジをして髪の毛を無理矢理引っ張ってしまっていませんか?実は、長年同じヘアースタイルをしている人は薄毛になる可能性があるらしいですよ。

ポニーテールやお団子、エクステンションなどです。
髪を引っ張ることで頭皮に過度の負荷がかかっていまいます。
負荷が持続すると、脱毛が起こり薄毛が進行します。

夏場とかよくやりがち…

長期間ロングセンター分けの髪型をしていると、
センター分けの生えぎわに負荷がかかってきます。
やはり負荷が持続すると脱毛が起こります。

これはいつもやりがち…うそでしょ…

このときのベストな対策方法は、「ヘアースタイルを定期的に変えること」。ファッションによってヘアースタイル変えるのでもいいですし、イメチェンにもなるのでぜひやってみて下さい。

3.パーマやカラーリングによる影響

「若いうちしかヘアスタイルは楽しめない…」「白髪が目立てきたから」と頻繁にヘアスタイルを変えている人はいませんか?実は髪に薬剤を湿布するので頭皮環境が荒れてしまい、将来的に薄毛に繋がってしまうケースがあるんです。

薬剤の効果促進のために照射器で赤外線を髪に当てることもあります。問題となるのは、薬剤と頭皮の相性です。

髪から頭皮に流れた液剤は、直接頭皮に触れることになります。
人によっては、薬剤の成分が肌に合わないことがあるのです。

肌に合わない場合、炎症やかゆみ、痛みを引き起こす原因となります。
さらに悪化すると脱毛することもあります。

パーマやカラーは最小限に抑えるのが無難です。それでもヘアスタイルを楽しみたいと考えている方は、薬剤で頭皮環境が荒れてし舞う可能性を考えて、最低限パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行ってから染めるようにしましょう。

4.ストレスの蓄積による女性の薄毛

ストレスは性別や年齢関係なく誰でも感じてしまうものです。そんなストレスも薄毛に近づいてしまう材料となってしまいます…

女性が日常生活にストレスを感じる一方、男性は仕事や人間関係でストレスを感じるそうです。
また、女性は周期的に生理による精神的ストレスを抱えます。
ストレスは蓄積していくと体調面での不調が出てくるだけでなく、外見的な変化も現れます。

脱毛もその一種で、症状が悪化すると円形脱毛症などの病気にまで発展することもあります。

しっかりとストレス発散をして薄毛対策をしていきましょう

5.出産後の抜け毛

女性の多くは出産をするとホルモンバランスが一気に崩れてしまい、体調不良になってしまうそうです。ひどいケースだと6~8週間は続くと言われています。
そんな出産後は体調不良のほかにも薄毛になってしまうメカニズムも整ってしまっているのです…

産後はさらに赤ちゃんのお世話や睡眠不足などの生活リズムの変化で精神的ストレスをかかえ、
食欲の減衰で栄養バランスも崩れがちになります。

そうしたことが原因で、出産を経験した女性のおよそ7割が抜け毛に悩むといわれています。

ただし、これは一時的なものなので特に心配する必要はないものです。
子育てにも慣れ睡眠も取れるようになると、だんだんと生活リズムが安定し、ストレスも緩和されていきます。

生活リズムが戻れば抜け毛も落ち着くのね…ホッとしました…

さらにバランスが整った食事をとることで崩れたホルモンも整うので、産後はとくに栄養のある食事を摂るようにしましょう。

6.更年期性による女性の薄毛

更年期は閉経の前後になるといわれ、だいたい45~55歳。

女性は更年期に差し掛かると様々な体の変化が起こります。更年期と女性ホルモンの一つであるエストロゲンは密接に関わっています。エストロゲンは女性らしさに関係するホルモンで、
女性らしい体を作ったり、妊娠の準備をしたり、自律神経を整えたりなど様々な作用があります。

髪にとっては、女性らしい綺麗な髪の育成や頭皮を健康に保つ作用があります。エストロゲンは30代をピークに年齢とともに分泌量が低下します。

更年期を迎える頃には、閉経とともにエストロゲンが著しく減少します。そうなると、頭皮も肌と同様に老化し、健康で丈夫な髪を育てることができなくなります。結果、ヘアーサイクルが乱れ、髪が細く短くしか成長できず薄毛になるのです。

いまから更年期が怖くなってきた…

女性におすすめの薄毛対策とは…?

原因を知れたところで次は薄毛対策について把握しておきましょう。

1.女性用の育毛剤を使用

1 2