1. まとめトップ

必見!夏より冬のほうが汗臭いって本当?!

冬は汗をかきにくいから大丈夫なんて思っていませんか?汗をかかない冬こそ、自己管理しないと体臭を強めてしまうことになってしまうんだとか!

更新日: 2018年02月07日

2 お気に入り 646 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shisyamochanさん

どうして汗が臭くなるの??

エクリン腺から出る汗の99%は水分で、それ以外の成分は塩分がほとんどです。

本来はほぼ無臭の汗。皮脂や垢と混ざり、時間が経って皮膚のうえに存在する雑菌に分解されることで悪臭を発するようになります。

ワキガの場合は、アポクリン腺から出る汗が原因で、細菌の分解によってニオイが発生します。

冬に注意が必要なわけ

冬は寒いから汗も書きにくい??実は代謝が上がるのは寒い冬。知らず知らずにむわっとした汗をかいていること、多いんです。

あまり汗をかかない冬は汗腺の機能が落ちて、成分が濃いネバネバ汗をかきやすいのです。

老廃物の排出機会も減ってしまうので、一度汗をかくと老廃物をたくさん含んだ臭い汗を分泌するようになってしまいます。

衣服の重ね着によって、汗が衣類内にこもって濃度がさらに上がります。こうして濃縮された汗のニオイが、コートやセーターを脱いだとたん一気に出て、むっと生臭い「冬の汗臭」となる

季節だけじゃない!生活習慣も体を臭くさせている?

食事を度々ジャンクフードで済ましてしまうと、活性酸素を大量発生させてしまうことになります。

ストレス、大量飲酒、喫煙なども活性酸素を発生させ、体を酸化させてしまいます。

普段野菜をあまり摂らず、肉中心や油の多い食事ばかりだと腸内の悪玉菌の働きを活発にさせ、ンモニア等の臭いの元となる成分を発生させます。

身体が疲れると、疲労物質である「乳酸」が増え、汗の中にニオイのもととなるアンモニア成分が生成されてしまいます。

不規則な生活による疲労やストレスは「疲労臭」と言われるアンモニア臭を伴った汗をかくようになります

これを守って臭くない自分に!

食事で体の中から変える!

活動量も減るのに食べ過ぎてしまうのが冬…
体の中が汚いと、体臭も強くなってしまうのだとか。

春がくる前に、内側から改善しましょう!

肝臓は暴飲暴食、運動不足や睡眠不足で弱ってしまいます。食べ過ぎ飲み過ぎなどの自覚があるときには肉や魚は食べすぎないようにしましょう。

たんぱく質は、からだをつくる上でも大事な栄養素。食べないのではなく、食べ過ぎに注意することが大切です。

体臭を軽減する食べ物やサプリを摂り入れて体の中からケアをしましょう。

この中のどれかに絞るのではなく、色々な栄養素を取るようにすると良いですよ!
ちなみに梅干しは、アルカリ性食品でありクエン酸も多く含むため、体臭予防・改善には非常に効果的です!

お風呂に入ることってとても大切!

寒い冬はやっぱりお風呂!
お風呂に入ることで得られる効果は沢山あります!

臭いの予防、改善のためには湯船に浸かることを習慣がけ、汗腺の働きを衰えさせない事が重要です。

ストレスを減らし、心身ともにリラックスする時間を持ちましょう。ゆったりとお風呂の湯船につかると血行がよくなり、乳酸が減少します。

お風呂に入る際、ニオイが気になるからとゴシゴシと強くこすって洗ったりすることは逆効果。しっかり泡立てて優しく洗いましょう。

1 2