Amazonにも影響…?ジワっと広がる「段ボールの異変」

オンラインショッピングで購入した商品の梱包にはもちろん、Nintendo Laboにも使われることが決まるなど大活躍の段ボール。しかし、その裏には業界の苦労がありました…

更新日: 2018年02月08日

43 お気に入り 390862 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

考えてみれば、今は「空前の段ボール需要」

任天堂、Switchと合体する“段ボールコントローラー”「Nintendo Labo」発売 itmedia.co.jp/news/articles/… pic.twitter.com/PqyRo15HY1

話題になったNintendo Laboのほかにも、

Google、Raspberry Pi(別売)で動くAIカメラ「Vision Kit」を45ドルで予約開始 bit.ly/2zDeD2S pic.twitter.com/vdc0yrD7Uu

GoogleのAIカメラなど、色んな製品に使われるように。

爆発的に広がるネット販売を中心に需要が増加し、(段ボール需要が)今年は過去最高になる見込み

当然、段ボールの生産数も尋常じゃなくて

レンゴーで毎日生まれる段ボールの面積は、東京ドーム300個分にもなるんだそう

配送センターもどんどん増えているようで、段ボール生産は今後も増えていく見込み。

2021年には2016年比5.0%増の146億7000万平方メートルに拡大すると予測

四国(約180億平方メートル)より少し小さいぐらいの面積が年間で。

業績もさぞかし好調…かと思いきや

1キロ当たり2倍以上の10円程度まで上がり、年10億円規模のコスト高

日本とは比べ物にならないレベルの段ボール需要で、日本の古紙の値段まで上昇。

段ボール原紙の価格は昨年の倍へと上昇。注文に対応できない段ボール業者も出た

通販で何かを注文しても、商品よりも段ボール代のほうが高くつくなんてことになりかねない

値上げのレベルが尋常じゃない。。

段ボールだけど、段ボール会社の営業さん曰く、今中国で通販の拡大で原材料が高騰してるそうです。中国は紙のリサイクルする施設自体が無かったり、リサイクルの意識も低いため、作っては捨てという状況らしい。

2017年に、大手段ボールメーカーが軒並み10%程度値上げをしたという状況。

段ボールも高くなるなか、Amazonではこんな流れが

アマゾンで販売されている製品の半数近くが、この新たなパッド入り封筒やポリ袋に入れることができる

※環境への配慮という面もあります。

最近のAmazonの郵便変わった?小さいものはダンボールに入ってない!ダンボール不便だったんだよな。受け取り面倒くさいし

最近のAmazon、小さめのものは郵便でポストに投函パターンがある。楽でいいけど。

段ボールの値上げ、色んな所に影響が出てきそうです…

1