1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まだ大丈夫…と思いつつも頭頂部が気になる。前髪が薄くなってきた気がする。人の目線が気になって帽子が手放せない。髪の薄さを気にする世の男性達が「頭皮がヤバい」と感じ始めた瞬間をまとめました。

furugenさん

ハゲたくない…全人類の悲痛な願い

はげたくない、ハゲたくない、hageたくないよぉ... おれの毛根頼ムウ!

いやだハゲたくないハゲたくないよ。 せめてハゲるならスティサムみたいにしてください神様。

職場の先輩の 介護も楽じゃないですわ ストレスがヤバい う~ん、ハゲそう。頭皮ケアとストレス発散せねば(´д`|||)

誰しも「ハゲたくない」そう願っているのに、薄毛の恐怖は日々私たちを襲ってきます…残酷です。

みんなが薄毛を気にし出したきっかけは?

33歳なった 実感全くナシ(ヤバい) とりあえず1年1年ハゲないよう頭皮マッサージだけは怠らずにしていきたいと思います ※雪降ってテンションアゲ☃️

30歳を超えると髪が気になり始める。これは必然ですね。

ブリーチした頭皮がめっちゃ痛い。ヤバい。禿げる。

若い頃にブリーチを繰り返すとやっぱりツケがまわってきます…。

ニット帽忘れたけ頭が寒い 将来できればハゲたくないなって思う

今はまだ違う。今はあえて坊主にしているんだ…と思いつつも寒さが頭皮に染みて将来のことを考えてしまうあるあるです。

なっていくのは非常に悲しいし、どうしても遺伝でハゲていきそうな自分をネタに走ってしまう自分というのもわかってほしいかな。あと、決して好きではない父親がハゲてるから、絶対ハゲたくない、でも父親に一番似たのが兄妹で自分でこれからも似ていくという謎の自負がこういう冗談をはかせています

親がハゲていると諦めのような気持ちが芽生えてきますよね。でも、まだ分からないので諦めないでほしいところです。

頭皮が時々痒くなるのは当たり前。だけど「いくら掻いてもここが痒い!」というのは乾燥や雑菌、シャンプーのすすぎ残しなどなんらかのトラブルです。 わしは、最後夜すすぎでは5分間かけてすすいでる。ハゲたくない。

頭皮環境が悪いとハゲる…これ鉄則です。5分すすぎは良い心がけ。見習います。

抜け毛が多くなったと感じた瞬間

「髪が薄くなったと感じた瞬間」ベスト5
1位 朝のスタイリング時
2位 お風呂上がりの濡れた髪を見たとき
3位 シャンプー時の抜け毛を見て
4位 家族、友人からの指摘
5位 髪の毛を短くしたとき
IT企業で働く男性20~30代 All About調べ 2009年7月

心当たりがあり過ぎます。身だしなみに敏感な男性ほど、「あれ…なんだかヘアスタイルがいつものようにキマらない」と違和感を感じるのでしょう。

薄くなったと感じた男達はどうやって対策しているのか?

薄くなったけどまだハゲてない。この年齢で育毛剤を使いたくない。そう考えている人達はどのような対策を取っているのでしょうか?

前髪でハゲを隠しづらくなってきたからいっそのことオープンにしてやったわ‼︎ ハハ、、は、、は、はぁ?‼︎ 落武者になってきたから 近いうちにカット行こ 切る髪あるの? やかましいわっ‼︎

これはハゲじゃない!おでこの広さだ!!!!おでこの広さなんだ……(と言いつつ前髪で隠すのはもはやあるあるです)。

数学教師がハゲ隠しに髪の毛寄せてるの最高にロック

全生徒がロックと言ってくれるならみんな髪の毛を寄せるだけで済むのになぁ…なんて思ってしまいます。

風が強すぎてハゲ隠しの帽子が飛んで生きそうになって嫌になる

たのむから帽子を奪わないでくれ風…。

どうでもいい話ですが、僕がずっとニット帽被ってる理由はハゲ隠しのためです。

ニット帽なら風でも飛びにくいからバッチリですね。

薄毛を放置したらどうなるのか?

通常薄毛は何もしないままでいたとしたら、やがては抜毛がひどくなり、もっと対策をしないままだと、毛髪の細胞が完全に死滅して将来再び髪が生まれ変わらない状態になってしまうことがあります。症状が早く現れる方はまだ20歳代前半の若い時期から、少しずつ薄毛がはじまりますが、全ての人が若年齢層よりはじまるということではなくて、遺伝が原因であったり、過度なストレスの蓄積や日々の暮らし方などの影響も大きな原因と断定されています。

見て見ぬふりをしたいところですが、放置すると残酷な未来が待っているみたいですね。20代前半はストレスや生活習慣病が原因というケースも多いことは分かりましたが、実際のところどう対策すればよいのでしょうか?

早いうちから対策したい人は…頭皮マッサージで頭の血行を活性化!

実際頭の地肌マッサージに関しては、頭の皮膚の血液の流れを促してくれます。つまり頭の地肌マッサージを行うと、抜け毛の発生を止めることに効果がありますから、ぜひ毎日実行していくようにするべきです。濡れているままの状態でいることによって、雑菌&ダニが広がりやすい場をつくってしまうので、抜け毛対策を強化するためにも、シャンプーが済んだ後はとにかく早く髪の毛をドライヤーを使って乾燥してあげましょう。毛髪は、身体のてっぺん、言わばどの部位よりも目に付くようなところにございますために、抜け毛・薄毛について気になるという方には、大変大きな問題です。事実遺伝は関係なしに、男性ホルモンの量が異常に分泌することになったりなんていう体内のホルモンの様子の変化が作用して、ハゲになってしまう場合もよくあります。

シャンプーで頭皮マッサージ&洗いの腰がないようにしっかりすすぐ&ドライヤーでよく乾かす!これが頭皮環境改善の必須条件です。

頭皮マッサージの方法

1 2