1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私のように20代から薄毛に悩んでいる人に役立つ内容や勇気づける内容をまとめています。

20代の薄毛率

20代で薄毛に悩む人の率は何と20人に1人

薄毛の男性の割合は、20代で約5~8%、30代で約11~14%、40代で約30~35%、50代で約45%、60代で約50%、70代で約60%と年齢ごとに上がっています。

年齢が上がるほど薄毛率は高くなり、60代で半数の人が薄毛になってしまうようです。老化により髪を作る細胞分裂も活発に行われず、また毛包も退化していくためと考えられています。

気になるのは若い人でも結構薄毛の人がいるようで、20代で20人に1人は、30代で10人に1人以上は薄毛の症状が見られるということです。職場などで若手が集まれば1人ぐらいは髪が薄い人がいるということになりますが、実際思い当たることがあるのではないでしょうか。

20代から薄毛の原因

男性ホルモンが関係している

髪や頭皮の負担が関係している

生活習慣が関係している

脂肪や糖分の摂りすぎNG

■遺伝

20代からの薄毛は、遺伝が大きく影響している!

薄毛の原因ですが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が還元酵素(5αリダクターゼ)と結び付いてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHT(ジヒドロテストステロン)は本来まだまだ成長するべき髪の毛に対し脱毛するよう信号を送ります。その結果毛髪量が減り、生えている髪も成長途中の細く短い毛ばかりになり、髪のボリュームがなくなるのです。

若ハゲの人は遺伝により、還元酵素(5αリダクターゼ)の生成量が平均値を上回っているため、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されやすいということがあります。

まだ20代!髪の毛をあきらめたくない!!!

20代薄毛の対策

20代の薄毛はまだ改善が見込めます!

クリニックへ行くのが一番の治療法ですが、

その前に、やっておくべき対策を紹介していきます。

頭皮環境と整えること

1 2