1. まとめトップ
0 お気に入り 2778 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

三橋貴明さんが起こした事件についてまとめます。

三橋貴明さんは評論家である。そんな三橋貴明さんが起こした事件とは?

三橋氏は外資系IT企業勤務などを経て2008年に独立。ネット掲示板「2ちゃんねる」での発言をきっかけに評論家デビューを果たし、多数の著書も執筆している。その活躍ぶりはめざましいが、一部で同氏の経済理論は「オカルト」との指摘もある。

0代の妻に暴行し、けがをさせたとして、警視庁高輪署が傷害の疑いで、経済評論家の三橋貴明容疑者(48)=本名・中村貴司、東京都港区港南=を逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。

逮捕容疑は、5日午後5時ごろ、妻と自宅マンションで口論になり、妻に足をかけて転ばした上、両腕にかみついたり、顔を平手でたたいたりし、腕に軽傷を負わせたとしている。

同署によると、同日夜に妻から「夫から暴力を振るわれた」との110番通報があり、同署が妻から被害届を受理するとともに、事情を聴いていた。平成29年にも2回、夫婦げんかをめぐって同様の通報があったが、その際は被害届は出されなかったという。

三橋貴明さん→妻への暴力は認めている模様です。→しかしこれは夫婦喧嘩にすぎないとも述べています。

橋容疑者は釈放された8日にブログを更新。妻への暴力を謝罪する一方で、大々的に事件を報じたマスコミに対し「わたくし共の『夫婦喧嘩』が、それほど凄い事件なのでしょうか そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!」とブチ切れ。

「さて、ここから彼の陰謀論が始まりますよ」。そう語るのはテレビ関係者だが、真に受ける人はどれだけいるのだろうか――。

三橋氏には16年秋にも同様の逮捕歴があるという。その相手は不明だが、出版関係者によると「当時、三橋氏はあるメディアで連載を持っていたが、その時期に突然連載が中断して騒ぎになった」。

方で、釈放時に報道陣が集まったことについては「『マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!』

三橋貴明氏、世間からの風は冷たいか・・・。

三橋貴明氏はDVを夫婦喧嘩とすりかえ「それほど凄い事件なのでしょうか」誤魔化している。三橋貴明氏が反省したふりをして実は反省していない証拠だ。三橋貴明氏による…さかき漣さんや現妻にたいする酷いDVはすごい事件であり三橋貴明氏のしてきた三橋貴明氏のDVは正義の観点からも許されない。

三橋氏の会員向け謝罪動画を見た人が全てを妻の制にしており、全然反省していないってDVの三橋貴明氏の会員向け謝罪動画、暴力振るったのは妻のせい。全然反省してない? uranaiwanko.jp/blog-entry-350…

@TK_Mitsuhashi @ameba_official DV癖はほんと変わらないって言うよね、もうしませんって反省しても絶対するらしいからな、変わらない三橋貴明って本でも出したらどうですかね?

三橋貴明氏の前妻…さかき漣さんへのDVや妻へのDVは許されない行為です。過去のDVにたいしての罪の意識がないからDVを繰り返した。今後も反省なくしてDV繰り返すならば経済以前の人格の問題で法的にも許されないことです。僕は前妻…さかき漣さんへのDVも人として反省するべきと思います。

三橋貴明氏の仕事が激減か・・・。

妻の顔を殴るなどして傷害容疑で逮捕され、釈放された三橋貴明氏8日に自身のブログを更新し、一連の「騒動」を謝罪した一方で「夫婦喧嘩がそれほど凄い事件なのでしょうか」と報道に疑問を呈した

「いかなる事情があろうとも、妻に対する暴力が許されるはずもなく、斬鬼の念に堪えない思いでございます。心か反省すると同時に、後悔の念でいっぱいです。妻及びご家族、お客様、及びパートナー会社、社員の皆様に、心からお詫び申し上げます。本当に、申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を続けた。

妻を殴ってケガをさせたとして警視庁に傷害容疑で逮捕された経済評論家の三橋貴明氏に、一部のテレビ関係者が「注意人物」として今後の出演オファーを控える動きを見せている。

実際に過去、顧客とよく揉めていた弁護士や、詐欺商法をしていた企業への関与が疑われた作家なども“注意人物”として出演オファーをやめました。

三橋貴明さん実はブログで犯行予告をしていた説もある。

三橋容疑者は昨年12月13日付のブログでも、安倍政権に批判的であることから「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪(えんざい)で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」と意味深長につづっていた。

昨年12月13日には、安倍晋三首相と会食したことをブログで公開。政策に批判的な意見を伝えたとして「近い将来、私に何らかのスキャンダルが出るか、痴漢冤罪(えんざい)で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」と意味深に書き込んでいた。

これは前置きとして安倍さんと会食についてのブログですので、この事件のことを予言したのかというのは少し疑問はあります。

1