1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

脱フォトジェニック!?2018年はストーリー映えがくる予感

若者を中心に日常と密着しているInstagram。今年は見た目より中身で勝負するようになるのかもしれない!?

更新日: 2018年02月08日

18 お気に入り 66484 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amasayaさん

昨年の流行語にも選ばれた「インスタ映え」

Instagramに投稿したくなるような商品を提供するお店や企業もまた増えましたよね。

そして、インスタ映えする食べ物やスポットに出かけては写真を撮り、Instagramに投稿して多くのいいねを貰う。そんなスタイルがブームになっています。

インスタ映えとは、写真や動画を投稿するSNS「Instagram」(インスタグラム)で「映える」ことを指す。

飲食店から会議まで、あらゆる場所で老いも若きも「これ、インスタ映えするんじゃない?」という話が飛び交うシーンを、日本でのローンチ時に誰が想像したでしょうか。

その裏でインスタ映え疲れや、食べ物を粗末にするなどの問題も...

インスタ映えとかどうでもよすぎ tvでもインスタ映えばっかだし しょうもなさすぎる インスタ映えとかするものとか自分で発掘してなんぼだろ 人に教えてもらったとこでインスタ映えの投稿しても生産性がない ただのパクリだぜ

インスタ映えってそんなに大事ですか? いいねってそんなにほしいですか 私にはわかりません。 いいね100行ったらお金がもらえるとかならわかるけど。 必死だなーって思うばかりです。

しかし、写真に「映える」ことばかりを追求した結果、若者たちのあいだでは「インスタ映え」疲れも見られるようです。

「いいね」の数を自分の“存在価値”にしてしまってはいけません。見せかけの自分にはいつか限界が来ます。

もちろん、最後までちゃんと食べる方の方が多いと思いますが、インスタに載せるためだけにアイスを注文するという方もいたようですね。。

女子に「インスタ映え」の質問してたら写真撮る為だけにアイス買って撮り終わったらアイス屋のゴミに突っ込む人も居ると聞いて唖然とした

インスタ映えばっかり気にして、食べずにゴミ箱っていうのが原宿では多いらしい。 食べ物のありがたみをわかってない子供が多いってことよね。 可愛ければいいってもんじゃないよ。

友達と大須のかわいいアイス食べたんだけどみんなインスタ写真撮る目的だからかほとんど捨てられててインスタの闇を感じた( ˙-˙ ) pic.twitter.com/xGgqRS3StH

あるアイス屋さんのゴミ箱がそういった人たちの食べ残しでいっぱいになった画像がSNSで拡散して問題になりました。

店側はお金を払って貰っているので損失はないが、こういうのを見ると悲しくなるのも現実である。

そんななか次にくると言われているのが「ストーリー映え」

フォトジェニックからストーリージェニックへ。

作り込んだ世界観の“フォトジェニック”な写真よりも、親近感のあるリアルな投稿に人気が集まっているといいます。

「ハピキラFACTORY」代表取締役の正能茉優さんがおっしゃるには、

『港区のタワーマンションに住むより、鎌倉の素敵な一軒家に住む方が素敵』
『最新のブランドバックより、おばあちゃん、お母さんから、娘に引き継がれたものの方が素敵』

など、ストーリーという価値を付けることがストーリージェニック。

例えば、インスタ映えする見栄えの良い高級旅館ではなく、「『川端康成が執筆活動のために滞在していた旅館』の方が好まれるのでは」という。

デザインや機能と違い、目には見えず数値化もできないストーリーの価値は、すべての人が理解、共感できる類のものではない。

隠されたストーリー、希少な体験談、非日常の世界のストーリー性をもったものを紹介していくのですね。

見た目の美しさの追求からストーリー性のあるものが求められるのかも

フォトジェニックではなくストーリージェニックを目指す❗

ストーリージェニックが流行と聞いて、あまりにも分かりやすいモノからコトへの変化に戦慄した。

ストーリージェニックに共感するためには、コンテキストの共有が前提になるので、今までのインスタ映えよりも狭くなるけど、そのぶん深く突き刺さるようになるだろうね | 「インスタ映え」の次は「ストーリージェニック」:2018急上昇ワード… twitter.com/i/web/status/9…

ストーリー映え! インスタ映えが17年新語流行語大賞にノミネートされてるが、早くも18年にはストーリー映えが流行るのでは? インスタのストーリーがファッションビジネスでの活用が広がりつつある。 撮影テクニックや#の研究よりストーリ… twitter.com/i/web/status/9…

魅力的なビジュアルやコンセプト負けしないような「ストーリ―」、そのストーリーを伝えていくための設計、どちらも大切でどちらも想像できる「リアルな人間力」を身に付けていきたいです。

1