1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

【ゾッ!】カセットテープに奇怪な声が入ってた。その不気味すぎる内容がこれ→

今から10年程前、俺が通ってた中学校はA県m市m中学校だった。恐山のある街を検索すればわかると思う。

校舎は3階建てで職員室側と教室側に分かれてた。職員室側は1階が給食室、2階が職員室、3階が音楽室と視聴覚室だった。

この話はその音楽室に関わる話。

後から聞いた話だと、音楽室に関係のあった女の子が自殺してたって聞いたけど本当かどうかは知らん。

ただ、音楽室を通り抜けた先に階段があって、屋上に抜けるための階段が封鎖されてたのは覚えてる。

弟のときにも、その中学で自殺があったからわりと本当のことかもしれない。

でも、俺は心霊現象とか呪いはハッキリ言って嫌いだし信じたくない。だから、誰か科学的に説明してくれると助かる。未だに耳に残ってるから。

俺が中学2年の合唱発表会の時だった。確か曲は「少年時代」を歌った気がする。

曲を決めて初めての音楽の時間で、伴奏の女の子は音楽室、それ以外は向かいの視聴覚室で練習をした。

最初の練習だったから、楽譜を渡されてCD聞いてるだけだったけど。

音楽の先生はウチの担任で、ショートカットの女の先生だった。俺らの代で三十路になって良くからかわれてた。

その先生がお手本のピアノ演奏を吹き込んだカセットテープが問題だった。

次の日、朝早くに学校に行くと伴奏の女の子がヒステリックに先生に話をしていた。

その女の子はバスケ部で気が強く、ヒステリックになることは良くあった。しかし、そのとき変だったのは異様なまでに怖がっていたのだ。

女の子の周りにはいつも朝早く来る面子が集まっていて、数は5~8人ぐらいだったと思う。

その女の子が言うには、伴奏の途中に変な声が入っていた。何かと思って耳を近づけたら変な言葉が聞こえる。

家で一人で聞いてたからすごく怖かった。昨日も電話した通り先生に説明して欲しい。とのことだった。

先生は

「テープは新品を使って音楽室の機材で録音したからそんなはずはないんだけど」

と女の子をなだめながら説明した。女の子は先生に非がないのを知って余計に怖くなったのか

「とにかく聞いて下さい。聞きたくないので隣のクラス行ってます。」

と言って教室から出ていった。

先生は教室にあるラジカセでそのテープを最初まで巻き戻した後、再生ボタンを押した。

「サー」というノイズとともにピアノの伴奏が流れだす。最初の1分程は普通の伴奏だった。

「まだかよ」と思ってた頃にそれは来た。

ピアノの伴奏が急になくなり、「サー」というノイズだけが聞こえた。次の瞬間、聞き取れない程の早口で何かを喋っている女性の声が聞こえた。

それは決して止まること無く、20秒程続いたあとにプツリと終わり、すぐピアノ伴奏の続きが流れてきた。

「うわっ…」

「何これ…」

俺達だけではなく、先生までもが顔を真っ青にしてその場に立ちすくんでいた。

女性の声は明らかに機械で早送りにした感じではなく、人間では不可能な程の早口で何かを喋っている。

俺達の一人が先生に

「録音の機械とか壊れてたんじゃ…」

と聞いた。
先生が

「私他のクラスの伴奏も昨日録音したからそれはないと思うけど…」

と呟くように言った。そのとき、俺らの中の放送部の奴がこう言った。

「放送室の機材でスロー再生したらどうすか?」

この一言が、今でも俺の耳に残るその声の原因になった。

放送室に行ったものの機材のスロー再生機能は申し訳程度のもので、殆ど速度は落ちなかった。

そこで、ちょっとでも聞こえるようにと音量を上げていくうちにかなりの大音量になった。

放送室には窓がなく、部屋自体も狭かったのでスピーカーの音が良く聞こえた。

カセットテープを早送りし、問題の部分が聞こえる手前で止めた。カチッという音と共にピアノ伴奏が流れだした。

音量はかなり大きく耳が痛くなるくらいだった。そして、先程の再生より僅かに音がゆっくりになった。

ピアノの伴奏が急に途切れ、「サー」というノイズだけが流れる。

次の瞬間、ラジカセで聞いたときと桁違いの大音量で女性の声が流れる。女性の声は相変わらず早口だが先程よりは聞きやすかった。

そして、わずかにだが聞き取れる単語があった。それは、

心臓が××××××××××××して、心臓が××××××××××
×、心臓が×××××××××××××××アアアアアアアアァアアアアアア
心臓が××××××××アアァアアアアアアアアアア×××××××××
×××××××アアアアア心臓が××××××××××××××
××××××××××××、心臓が××××××××××××
心臓が×××××××××アアアアアアアアァアアアアアアアアアアアァ
アアァアアアアアアアアアアアァ×××××心臓が××××××××××
あああああああ心臓が×××あああああアアアアアアアアァァァァァァァァァ

プツンっと音が途切れいつものピアノの伴奏が始まった。聞こえてきた言葉の異様さに心臓がバクバクと鳴っていた。

先生が

「私音楽室にいつも一人でいるのに…………聞かなきゃ良かった………」

と言った。

そうして先生は俺達に無駄だと思うけどと一応の口止めをして、そのテープを持っていった。

そのテープがどうなったのかはわからない。

その後、2ヶ月くらい先生が一人の音楽室で大音量で音楽流しまくってて笑った記憶があるw

てのが、俺が中学の時にあった話。

伴奏の女の子は「心臓が」って言葉と「血管?血液?」って言葉が聞こえたらしい。

これ本当にあった話なんだけどどう思う?

これがあったせいで、いまいち怖い話見ても否定出来ない、つーかたまに本当にあるのかもなって信じちまうんだけど。

くる!

ウチの従兄弟の叔母さん(母の姉)は、ちょっと頭おかしい人でね。
まぁ一言で言うと、「時々、昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を、
親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。
2年くらい前から、「離婚したい」が口癖だったんだ。

そいで、3月にその叔母さんの娘が大学に合格して、
じいちゃん(母方)の家で親族で集まって、合格祝いしたんだよ。
最初は和やかな雰囲気だったんだけど、暫らくすると叔母さんがまた「離婚話」を始めてね。旦那子供の前でね。
旦那さんはホントすげぇ良い人で、どんだけ良い人かってーと、長くなるから割愛すっけど、とにかく出来た人でね。
その「離婚話」ってのが、いかに叔母さんの勝手な話かってのは、
叔母さんの母親である家のばぁちゃんとじいちゃんが、旦那さんに泣いて謝る位なんだ。

祝いの席で始まった離婚話。
最初はみんな「またかよ...」ってスルー方向だったんだけど、
ふと叔母さんの娘の方見ると、なんかすげぇ泣きそうだったのね。
もう恥ずかしくてしょうがない、みたいな感じね。
娘はすごい頑張り屋で、ホント今時珍しい位イイ子でね。
普段の彼女知ってるから、なんかそれ見たらスゲェ腹が立ってきた。
さらにじいちゃんも真っ赤になってて、今にもブチ切れそうだったから、
チィキショイ!!俺がやってやるぅ!って思って、
「叔母さんいい加減にしろよ?(中略)みっとも無いぞ?」的な言葉を言ったわけです。
えぇ、ぶちまけましたよ。親族代表としてね。

あん時の叔母さんの顔は、今でも忘れないね。
最初、真っ赤になった顔が一気に真っ青になって、
俺が喋り終わるや否や「あんたみたいなガキに何が分かるってのよっ!!」って超シャウト。
ホント内心すげぇ怖かったけど、
でも「よく言った!」って顔してる親族一同の顔見たら、ここで退いたらダメだと思って、
尚も喋り続けたら、ホント顔面蒼白になってね。
叔母さんがふらつき出したんだ。

流石にこれ以上はヤバイかな?って思ったウチのママンが、
「それ位で・・・うん、先に帰ってなさい」って、俺ら子供集を家に戻るように促したのね。
因みに、ウチとじぃちゃん家は同じ敷地にあって、徒歩10秒ぐらいなの。

んで、俺と姉貴と弟と従妹とで家に帰って、4人でゲームやってたんだ。
従妹にはホント何度も謝ったんだけど、逆に「ありがとう」とか言われて、
姉貴と弟には「よく言ったw」とか言われて、正直まんざらでもなかったんだ。

暫らくするとウチのママンが戻ってきてね、開口一番にこう言ったんだよ。
マジで一言一句忘れもしない。
「いますぐ荷物まとめて、おじいさん(親父方)のとこに逃げなさい」


「は?何?何かあったの??」
ワクワクが隠せない姉貴と弟の声のトーンとは超対照的に、ママン声のトーンは低くてね、
とりあえず従妹に遠慮して、廊下で2人で話してたんだ。
「あの後は、もうアンタに対する罵詈雑言の嵐よ。
 罵詈雑言なんてモンじゃないわよ。『殺す』って言ってたわ。
 もう誰が何言っても聞きやしないし、今晩おばぁちゃんの家に泊まるみたいだし」
遠くから聞こえる桃鉄のBGM。

遠くから聞こえる桃鉄のBGM。
あんなに暗く聞こえたのは初めてだった。
とりあえず色々突っ込みたい事もあったけど、「まさかw?」って笑って部屋に戻ったんだ。

その後、おじさんが来たり色々あったんだけど、結局11時頃には、おじさんと従妹は叔母さん残して帰ってね。
んで、3時ぐらいにはママンもパピーも弟も寝てて、俺と姉貴2人で映画観てたんだ。電気消してね。
そしたら庭の方から、砂利の上を歩く音がしてね。
もうそん時は、前おき無しで俺も姉貴も直感したんだ。
「叔母さんだ・・・」


映画の音量下げて、耳凝らして外の音聞いてると、確実に俺の部屋の窓んとこグルグル回ってんだよ。
最初は面白半分で笑ってた姉貴も、急にマジになってさ、
「アタシが上手く足止めするから、裏口から逃げろ!
 んで、すぐ車庫に行け!こりゃホント冗談じゃないよ」
とか言い出す始末でね。
俺も軽くパニくって、何かバッグに下着とか詰め始めてね。
とりあえず車のキーと財布と携帯と煙草持って、裏口でスタンバイしたんだ。

そんで、同じタイミングで外に出る俺と姉。
俺の部屋の窓と車庫は7mぐらいあって、
今のままじゃ下手すりゃ、車に乗ろうとすると、叔母さんと鉢合わせになっちゃうんだ。
だから物陰に隠れて耳を凝らしていると、姉貴の声が聞こえてきた。
「叔母さんどうしたの、こんな時間に?」

そっから先は姉貴の声しか聞き取れなかったけど、なんか段々声が離れていった感じがしたのね。
そんで、時折笑い声とかすんの。
さすが姉貴は叔母さんに超好かれてるだけあんな!とか思いながら、
ダッシュで車庫に行って、車のエンジンをかけたのね。
よし!行けるっ!と思い、ギアをバックに入れてライトを点けると、
物凄い顔をした叔母さんの姿が映ってたんだ。
あの瞬間は本当に背筋が凍った。
だってさ・・・作業用スコップ持ってたんだもん。

そっから先は鬼バック。急発進。
チャーリーなエンジェルも真っ青なフルスロットル。

近くのコンビニに着いて、速攻姉貴に電話をすると、
「いやスコップですよw!でもやっぱ完全に、殺意の対象はお前のみ。
 アタシとか全然笑顔でトークしてたよ。
 あの酒席で、誰もお前の事をフォローしなかったのは大正解だったねw」
と大爆笑な姉。
「殺意の対象が俺のみじゃなかったら、あんな無茶な事しねぇよ」
とか言いつつも、内心家族が心配で、その日は姉貴と弟に寝ず番を。
もち武装した状態で。

そして、明け方着いた祖父の家で、自分の車を見てビックリ。
傷だらけ。引っかき傷だらけ。
つか叔母さんさ・・・車庫にいたのかよ・・・

叔母さんはその数日後、神奈川だかの病院に入院して、今は退院して元気だそうです。多分。
それまでいろんな心霊スポット行ったりしたけど、生きてる人間が一番怖いです。

ヤバイと感じる場所

去年の夏に、小学生から付き合いのある友人の家に飲みに行っていた時の事。
霊感がない俺は本やネットで怖い話を読むのが好きで、その友人と二人で飲んでいる最中に心霊系の話になった。
俺がこんな話もあった、あんな話も聞いたことあると話し、
友人も「それは聞いたことあるわ(笑)」などと笑い半分、怖がり半分で話していて、
俺がこんな不思議な体験したわ~と話すと、友人が突然「実は…」と切り出した。
その内容というのも、友人は弱いながらも見える体質であり、そこそこの体験をしているとの事だった。


俺の家族を含めそういう人がいない事に加えて、長い付き合いだった友人の突然のカミングアウト。
元々怖い話が好きなのに加えて、生の体験談が聞けるとあって話は盛り上がり、
友人と話していると二十四時を過ぎていた。

さすが友人宅の実家なので泊まる事に気が引けた俺は、歩いて自宅に帰る事にした。
歩いて帰る事の出来る距離ではあったが、片道30分以上な上、時間帯は深夜。
「車で送るよ」と友人の家族の強い申し出があったが、その日は平日だったので丁重に断り歩いて帰る事にした。
それで、友人は友人は「せめて見送りくらいはする」と、近くまで送ってくれる事になった。
帰り道のほとんどは街灯もない田舎道。

さっきまで怖い話をしていた事もあって、
帰り道のルートが三つあるが、その中でヤバイと感じる場所を三番目まで挙げて交互に挙げていくか、
という話になった。
まず、言いだしっぺである俺が三番目だと感じた「国道沿いの病院」と言うと、「え…?」みたいな顔をする友人。
友人も全く同じ場所を考えていたらしい…
まぁまぁ…次々!と友人を急かせて、友人が答えた二番目にヤバイ場所は「俺の家の近くの工場」。
今度は俺が「え…?」という反応をしてしまった。

実はその工場の目の前で、数年前に交通事故で亡くなった人がいる。
加えて、その場所は小さいころから何処か嫌な感じがしていたので、俺も二番目にヤバイと思っていた場所だった。


二人して絶句しながら、最後はお互い同時に場所を挙げることに。
予想を裏切らず、二人が挙げたのは同じ場所。「友人宅の近くにある、林がトンネル状になった道路」だった。
当然、打ち合わせたわけでも、三か所が話題に上がったわけでもないので、
二人で、ヤベーよコエーよとガクブル。
しかし、酔いが残っていて何を考えていたのか、一番ヤバイと感じた場所に行ってみるかという話に。

目的地に向かいながら、俺も霊能力があるんじゃね?と思い、
目的地を頭の中で思い浮かべて霊能力者のまねごとをし始めた。
(自分に霊能力があるかどうか確かめる方法が有名ですが、今思えば多分あれから連想したんだと思います)
それで思い浮かんだ映像は、自分視点ではなく第三者の視点。

友人と俺はトンネルの中間地点、道路の上に二人並んでおり、五m離れた林の中から友人と俺を見ていた。
しかも2mほどの高さから見下ろし、狼のように自分たちの右側から飛びかかり…そこで映像は終わり。
終わった瞬間、俺の右半身だけ鳥肌が半端ない事になっていた。
友人にそれを告げると、怖いと言いつつ目的地までの足は緩まず、俺も半ばやけになって友人について行った。


目的地に着くと、深夜、しかも街灯がまともについていない事もあって、不気味な雰囲気。
林のトンネル入口から二人して逃げ腰になりつつ覗いてみても何もいない。
「何もいないよな…?」と友人。
それから30秒ほど眺めても何も見えない。


仕方ないから、さっきのもう一回やるかと思い、目の前の光景を浮かべようとした途端、
友人の『逃げる』合図である肩たたき。
二人でそこから猛ダッシュ。

ちょっと離れたところで友人に聞くと、
「何か、闇よりも黒い何かが『右側』にいて、林の中に入って行った」と。

そこからは、予想外の体験にビビりながらも友人と別れ、俺は自宅に徒歩で何事もなく無事帰宅。


その数カ月後、母親にこの事を話してみると物凄く驚かれた。
ハイ、二番目の工場前どころか、三か所全部で人が亡くなっていました。
三番目の国道沿いの病院では、長い直線の後きついカーブがあるので事故が多い。
一番目の林のすぐ裏に結構大きいため池があり、そこでお婆さんが溺れて亡くなったらしい。
当然、この二つの事を俺と友人は全く知らず、
何で人が亡くなってるのに工場が二番目にヤバく感じたんだろう、と二人で首をひねってました。

見たのは友人だけで俺は何も見てないが、それを差し引いても不気味な合致が多い体験だったように思う。
他の体験談もありますが、また要望がもしあれば書き込みたいと思います。

山奥にある鉄橋

高校1年の夏。深夜。友達合わせて5人で、山の奥にあるダムに行った。
足は原付きが3台。
俺はカブに乗っていたのでケツには誰も乗っていなくて、他の4人の友達はそれぞれスクーター2台に2ケツしていた。
そのダムは普通に散策したので、さらに原付きに乗って山道を抜けたところにある大きな鉄橋に行った。
到着すると、みな一様に黙り込んだ。
なんだか雰囲気が異常に怖かった。
全員がなぜか緊張している。この橋は明らかに雰囲気が違った。
怖いのだ。さっきまでは本当に何でもなくて、ワイワイ楽しんでいたのに。
辺りは真っ暗闇で外灯すらない。
それでも俺は気のせいだと思い、怖い気持ちを抑えて、記念写真を撮ろうと準備にかかった。
みんななんだか落ち着かず、顔もこわばっている。
でもせっかく来たんだし、「早いとこ撮って出発しよう」と声をかけた。
その時ふいに音が聞こえてきた。

・・・キィ・・フュィィ・・・
遠いところから聞こえてきた。
道のずっと向こう、見えないぐらい遠いところから、山間を隔てて聞こえてきたように思った。

ギクリとはしたが、最初は別に気にしなかった。しかし暫くするとまた聞こえてくる。
キィ・・・キィィ・・
車のスリップ音のようだ。
それが遠くから聞こえてくる。
キィーー・・・キュィィィ・・・フィ・・
俺たちは顔を見合わせ、「走り屋でも走ってるのかね」と言い合った。
もたもたと写真を撮る準備をしていると、また音が聞こえてくる。
キィーーキィーーキュィィィ・・・キキキ・・・
なんだかおかしい・・。聞こえる毎に音が長くなってきてる。
そして、それが徐々に近付いてきているのは明らかだった。
走り屋だったら、絡まれたりしたら嫌だなあ・・。その時はまだそんなことを考えていた。
音はさらに間隔を延ばし、長い間鳴り続けるようになり、どんどん近付いてきている。
キュィィィ・・・キィーーキィーーキュィィィ・・・キキキーー・・・

「ちょっと離れたほうがよさそうだなあ」
友達の一人がてっきり走り屋だと思いそう言った時、全員が硬直した。
その音はいつの間にかすぐ足下から聞こえてきていた。
そう・・鉄橋の真下。真っ暗闇の河からだ。

ありえない。なんで橋の真下から聞こえてきてるんだ?
恐怖で顔が引きつった。
しかも、よくよく聞いていると、その音は車のスリップ音などではなかった。
何人もの男女の声が入り乱れた、うめきとも叫びともわからない、判別不能、理解不能な声が、
ウワンウワン、フュウウウウ、エエエエエーーー、キャアアアアーー・・・。
とにかく字で表現しづらいのだが、大勢の男女が声を絡ませ合って、奇妙な叫び声を上げていた。
その声は橋の真下からどんどん上がってくるような感じがした。

明らかに人間のものではない。
やばい!やばい!やばい!
みんな一斉に逃げ出し、原付きに乗ってエンジンをかけた。
2台のスクーターはすぐセルでエンジンがかかり、出発しようとしている。
俺はというと、カブのためキックでエンジンをかけなければならなかった。
が、エンジンがかからない。何度キックしてもかからない。
その間、あの声はどんどん迫ってきている。

ついには橋に上がってきて、俺の背後に迫ってきている感じがした。
もう恐怖で足がガクガク震え出し、キックもまともにできなくなってきた。
怖すぎて、鼻がツーンとして、手なんか間隔がなくなってきた。
こんな恐怖体験は生まれて初めてだった。
「待ってくれーーーーーーー!!!」
俺はスクーターの友達にあらん限りの声で叫んだ。
一台はすでに逃げ出した後だったが、もう一台の友達がその声に気づいて、びっくりしたように振り返って、止まってくれた。
ようやくエンジンがかかった!

俺はもう脱兎の如くアクセルをふかして逃げ出した。
それを振り返って見ていた友達と、その後ろに2ケツをしているもう一人の友達の顔もカブのライトに照らされて見えた。
それが見る見る恐怖に変わっていくのが分かった。
やべえ!俺の真後ろに何か見えているらしい!!怖えええ!!

バックミラーが視界に入ってきたが、相変わらず真っ暗闇だ。でも振り返って確認などできるはずもなかった。
あらん限りアクセルを握りしめ、友達と合流し、鉄橋を猛烈なスピードで渡りきり、
あとは振り返ることなどせずに、ただひたすら街の方に街の方に原付きを走らせた。
そうして俺たちは這々の態で逃げ帰ってきた。

あとで友達に聞くと、俺がカブのエンジンをかけている時、
その背後で、鉄橋の下からのそりと這い上がってくる、黒いモヤモヤしたものが見えていたらしい。
それはよく見えないけど、黒い霧だったと言ってた。
もう一人の話が強烈で、そいつは別のものが見えていたらしい。
いわく、古びた着物を来た異様に首の長い女が、凄まじく笑いながらスーッと近付いてきていたというのだ。
さらにその背後には、ゆらゆらとうごめく何体もの人影が見えたらしい。
これにはかなりゾッとさせられた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10