1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

【ゾッとする話】目と鼻の位置がおかしい赤ん坊。その異常に大きい目がギョロギョロ。心臓が張り裂けそうなくらいドキっとした

実体験。

俺にはほんのちょっぴりだけど霊感があるんだ。あるといっても見るのはたまにだし、普段は「ああなんかいる…気がする」ってレベル。

10代のころは心霊スポットにもよく通う健全なオカルトライフを過ごしたりした。

でもネットや地元で有名なスポットなんてのは、言いかえればただのデートスポットやドライブコースみたいなもん。実際にやばいって思ったところは数えるほどしかない。

このスレ読んでたりオカ板のほかのスレ回ってるとよくある「死者に対する冒とく」うんぬんお構いなしで通ってた。

実際どういう感情かまでは表情見ればわかる…というかなんとなく怒ってる悲しんでるくらいはわかるんだけど、意思なんて感じたこともない。

当然生前のことだの、なぜそこに出るのかもわからない。

で、ある日一人で山に行ったわけだ。水子の霊を祀る霊山として有名なところ。午前1時くらいかな。

車で本堂までのショートカットがあったんだが、俺は山のふもとから門をくぐってわざわざくそ長い石段を登ってった。

その門は来門って言われてて、くぐることはすなわち、来ましたよお前らっていうあいさつになるらしい。

外灯もない真っ暗な石段は、登っていると足をつかまれるだの突き落とされるだのとスタート地点からいろいろいわくのある場所。

懐中電灯で足元を照らしながらのぼり始めて少しの間は何か起きないかわくわくしてたけど、さすがに10分くらい過ぎてくるともう心霊現象関係なしに帰りたくなる。

あまり運動してなかったのですごい息が切れた。

ようやく登り終えると、すぐ左手にショートカットで来た人ようの駐車場、その向かいに本堂が見えてきた。

さらに奥からは地蔵の森。駐車場を囲ってさらに向こう側まで地蔵地蔵地蔵。恐山にあるとよく聞く石を積み上げた山みたいなものもひとつだけあった。

近くの看板を見ると「生まれて来れなかった子供のためにうんたら」書いてあった。

で、ぐるりと一周してると途中で向かい合った地蔵にはさまれた道があった。どこに通じてるかはわからなかったけど、とにかくそこだけやばいなっていうのがわかった。

しばらく見てたけど当然だが何もいない。

意を決してというほどじゃないが、何かあるだろうなと覚悟してその向かい合う地蔵の道に入ってみたんだ。

そしたら足元からカラカラカラカラってすごい勢いで乾いた音が聞こえてきて、ぎょっとして足元を照らして見ると、よく子供に持たせるような紙でできた風車がかなりの回転数で回ってる。

もちろん風なんか吹いてない。物理的になにかが干渉してきたのは始めてだったから正直びびった。

妙に左右に並んでる地蔵が気になって、ふと顔を上げると、入る前はまっすぐ前を見ていたはず地蔵が、全部こっち見てる。

地蔵そのものの向きがかわったとかじゃないんだけど、「目があった」っていうのがわかった。それも全部から。

怖がれば怖がるほど泥沼にハマるのはわかっていたから、俺も強気に霊山すげえ、なんてことを考えてそのまま帰ろうとしたんだ。

そしたら右足が動かない。ひざが笑って力が入らないとかじゃなくて、ひざから下がまるで石になったようにものすごく重い。

左足は普通に動くもんだから、右足を引きずって気合でその道から出たんだ。

左足がようやくその敷地の外についたとき、なんでこんなに重いのかそこで疑問を抱いて右足を見てみた。暗かったから懐中電灯で照らしたんだ。

そしたら目と鼻の位置がおかしい赤ん坊が俺の足にしがみついてた。その目も異常に大きくて、もう何年も前にテレビで見たグレイって宇宙人みたいなの。

わかりやすく言えばアニメの萌え系の美少女の顔のパーツ配置とサイズがそのまま現実になって、鼻が額の方にきたような顔だった。

腕は赤ん坊にしてはやたら大きくて長い。小学生くらいはあって、俺の脚を抱きしめてる。でも下半身はほぼ未発達なのか、すごく小さい。

上半身だけで俺にしがみついて下半身と足はただくっついてるだけって感じ。それがずっと俺の顔を凝視してる。

まばたきどころかまぶたすらあるのかわからないくらい。眼窩が黒目かと思ったとかじゃなくて目玉がぎょろぎょろしてた。

心臓が張り裂けそうなくらいドキっとして、勢いにまかせてそこから出たら右足は軽くなった。照らしてみてもさっきまでの赤ん坊はくっついていない。

このあと心配になってそこの住職に相談したり、近くの寺でみてもらいに行けばもうちょっと書き込むネタにもなったんだろうけど、残念ながらそんなことはしなかった。

その後右足に何か支障をきたしたこともなく、その後その赤ん坊を見たこともない。

ただ、それまで顔面ぐちゃぐちゃの人とか首から上がない人とか、ある程度「生きてた」ってわかるのしか見たことがなかった俺には、そもそもの体のバランスが崩れたものっていうのは洒落にならんくらい怖かったのは事実。

でも昨日の夜、これを書こうと思って今これ書いてるんだけど、昨日の夜は奇形の夢みたんだよなあ。

もう5年近く前の話だから細かいところは忘れてる。特に本堂ちかくの配置とか。とにかく地蔵まみれだったのは本当だけど。

オチもなくて申し訳ないがこれが俺が今までで一番怖かったときの話。

【洒落怖】変な夢見て起きたら凄いことが起こった【怖すぎる】

1ヶ月前の夢の話だけど…

おれ信号待ちしてて、向かい側の道にリンチに合ってるおっさんがいて。これはやばいと思い、あわてて「おい、何やってるんだ!!」

て言ったら暴行してる奴ら一目散に逃げてって、急いで信号渡っておっさん大丈夫か確かめに行ったんだ。じゃあおっさん仰向けに倒れてて、若干道路に血とかもついてて。

さすがにこれはやばいなと思い、とりあえずうつぶせだったし、ひっくり返したらそのおっさん顔がボコボコになりながらもTシャツに勝者って書いてて吹いた。で笑いながら起きたんだけど、

起きた瞬間目の前に包丁持ってる女に刺されて今も入院中、こんな体験初めてしたわ。


オートロック完備のマンション12階に住んでるんだが、たまに酔ってる時、ドアの鍵を閉め忘れるんだ。その日はどうだったか知らんが。

で起きたら包丁持ってる女(もちろん面識のない女)が笑ってて刺された。気付いたら病院のベッドだった。

ちなみにその出来事の時、ドアが開きっぱなしで血痕だらけだったらしく、隣の住人が119番してくれたらしい。それより傷口が一生傷なのが負に落ちん。

【怪談】俺は病院で深夜、掃除のバイトしてた。そのバイトを辞めた理由をご覧下さい。

病院で掃除のバイトしてた頃の話。

掃除は深夜誰もいなくなってからやっていた。その日、俺は全ての作業を終えエレベーターで一階に降りようとした。

この時間は看護婦も診回りに行かないし、医者も当直しかいない。まして患者さんなどいるはずも無いから病院の中は本当に静かだった。

㊦ボタンをいつものように押すとエレベーターは上に上がってくる、はずだった。

なぜだか、その日は下へ下へと降りていく。そしてエレベーターは地下二階で止まった…

その階には『霊安室』といくつかの検査室しかなかった。誰があの階に?いるわけがない…今日の深夜バイトは俺一人なんだから…

そう考えているうちにエレベーターは上がってきた。途中で止まってくれたら、誰か忘れ物でもしたのだ、と思えるのに、エレベーターは俺がいる階まで上がってきた。

霊安室のある階からノンストップで最上階まで。最上階には物置しかなくて俺は掃除用具を片付けに来ただけだった。

誰もここに来るはずが無かった。そしてエレベーターの扉が開いた…そこには誰もいなかった。

何だ、勘違いか。と安心して乗り込もうとした瞬間、何か血なまぐさい臭いがしてきた。エレベーターの中からだ。

俺はもう気持ち悪くってエレベーターをあきらめ階段を使って一階まで降りた。

えらく時間が長く感じた。後ろになにかがいるような気がして後ろも見ず一気に駆け下りた。

次の日は昼番で、そこで初めて聞いた。あの日患者さんが屋上から飛び降り自殺したのを。そして遺体は霊安室にあったことを。

俺はそれでも霊とかはあまり信じちゃいなかったからこのことは勘違いで済ませそれからもそのバイトは続けていた。

しばらくしてから、ある友達とアパートで酒を飲むことがあった。

そいつは自称霊感ありの奴だったから俺は病院での出来事をそいつに語ってみせた。

俺が話している間、そいつは静かに聴いてたがだんだんそわそわしだした。トイレかなと思ったけどそうじゃないみたいだ。

そしたらいきなり『俺もう帰るわ。』て言い出した。まだ酒も余ってるのに。俺は引き止めたけどそいつはさっさと帰ってしまった。

何だあいつ、と少し腹が立ったけど、一人で飲んでも仕方ないのでその日は寝ることにした。

本当に嫌な夢を見た。狭いところに無理やり押し込まれるようなそんな夢を。

次の日俺はそいつと学校で会ったから、何で昨日帰っちゃったんだ?と聞いてみた。そしたらそいつ、こう言った。

「あの話してる時、なんとなくドアの方見たんだよ…そしたらさあ覗いてんだよ女がさあ…ポストの受け取りかごの隙間からさぁ…」

ありえなかった。投函口の内側についてるボックス、あんなところに人の頭が入るはずもないし。

その時外から投函口に頭を突っ込んで、ボックスのスダレみたいになってる隙間からこっちを見てる女の顔を想像して気分が悪くなった。

「言っても信じてもらえないと思って…それに血まみれでしかも逆さで…ほんとに置いてってゴメン、ゴメン…」

と最後にはそいつは俺に泣きながら謝ってた。俺はそれでバイトを辞めた。

【洒落怖】「さかささかささかささかささかさ・・・」という声がどんどん近づいてきている。

結構霊感の強い俺の友人の話。

そいつが盆で帰省して、親戚の家に遊びに行ったときのこと。

親戚一同は買い物に行く事になり、友人は1人で家に残った。特にすることもなく、居間のテレビの前で寝転がりながら漫画を読んでいた。

静寂の中、しばらく経った後、そいつはあることに気が付いた。

「・・・・・・」

後ろの方で誰かが何かをボソボソと呟いているのだ。

途端に吹き出る寒気と冷や汗。直感で「これはヤバイ」と思ったそうだ。(友人曰く、昼間に出てくる霊はヤバイのが多いらしい)

どうしていいか分からないまま、そのまま漫画を読んでいるフリをしていると、その呟き声と気配がゆっくりと近づいてくるのを感じた。

「・・・・・・」

「何だ?何て言ってるんだ?」

恐怖で体を凍りつかせたまま、耳だけに神経を集中する。呟きは近づいてくる。

声が近づいてくるにつれ、だんだん後ろの人間が何を呟いているのか分かってきた。

こいつは「さかさ」という言葉を繰り返していたのだ。

「さかささかささかささかささかさ・・・」

どんどん近づいてくる。ヤバイ。まじでヤバイ。その「さかさ」という声が自分のすぐ後ろまで来た時。

友人は我慢が出来なくなり、意を決して、後ろを振り向いた。すると、

「さかさ」

と言いながら、目の前で、男の生首が逆さになって宙に浮いていたそうだ。友人はそのまま親戚一同が帰ってくるまで気絶していたそうな。

「もしかしたらあの家の地下には首が逆さになって埋まってるんじゃなかろーか・・・」

とは、後日の友人の弁である。

とある八百屋で起こった凄まじい怪奇現象

もう10年以上前の話の実話。



夏休み、僕は母親に頼まれて知り合いの八百屋でアルバイトをすることになった。近々そこの奥さんに子供が生まれるということで手伝いに行けということだったと思う。



8月31日、バイトの最終日だったからよく覚えている。朝10時頃、八百屋の旦那と僕がトラックで巣鴨の青果市場から戻ってくると、お店の前に人だかりができている。

遠目に見ても深刻そうな顔をしている。何よりも妊娠中の奥さんがその中央で泣きじゃくっていた・・・

青くなった旦那さんが



「なんだ、何があったんだ?」



と慌ててトラックを降り奥さんの所に駆け寄った。僕もすぐに人ごみをかきわけながら後に続いた。



「いったいどうしたっていうんだ。」



と旦那さんは奥さんの肩に手を置いて優しく語りかけると奥さんはウワーと旦那さんに抱きついて



「あのマンション、イヤ、怖い、何かいる!!!」

(そのときの顔は一生忘れられないが・・・)全くブラシを入れていないボサボサの髪を振り乱し、周囲が真っ赤になった目を剥いて、それこそ狂ったようにわめきはじめたのだった・・・

実は八百屋さん夫婦はもともと僕の両親が経営するアパートに長らく住んでいた。



このたび、子供が生まれるというので、お店の近くにある中古マンションを一月ほど前に購入したのだった。



奥さんはまさに錯乱状態で旦那さんに抱きついて大声で泣きじゃくっている。



旦那さんはちょっとビックリした顔をしていたが、すぐに笑って周りを見回した。すいませんっていうような表情をしていた気がする。



しばらくそのままの状態が続いていたが、奥さんの鳴き声が少し落ち着きはじめた頃を見計らって旦那さんは奥さんにたずねた。

「なに言っているんだ。何がいるっていうんだ?」



すると奥さんは(夫が帰ってきたので少々おちついたか)涙をボロボロこぼしながら少しづつしゃべりはじめた。



「男がいるの・・・。でも人じゃない。」



「え・・・」



奥さんがいうにはこうだった。

朝4時ごろ旦那さんが市場に行くのを見送ってまた寝たらしいのだが、7時ごろ違和感を感じて布団の中で目を覚ましたら、中年の男の顔が鼻と鼻が当たるぐらいの距離で浮いていたそうだ。



アッと思ったら宙に溶け込むように消えていったそうだ。

旦那さんは困惑の極みというような表情をして聞いていた。奥さんは



「あのマンション変よ、なにかあったのよ。」



と旦那さんに泣き叫んでいる。

2人ともこれをどう解決していいか全くわからず途方にくれていたようだった。



もちろん僕も、こんな事態なんて生まれて初めてのことなので、ただただ固まっていた。



するとそれを聞いて、どこかに電話をしていた隣の果物屋のおばあさんが商品のスイカとメロンを手に持ってこちらにやってきて2人にしゃべりはじめた。



「今、地元の不動産屋さんに聞いてみたんだけど、そのマンションに前住んでいた人が近くにいるそうだ。そこにこれもっていって供養してもらいなさい。」

そのおばあさんは他にも何か聞いたようだったが、それ以上なにも言わなかった。



旦那さんは「そうします。」と言って供物を受け取り、その場はそれでおしまいとなった。

その昼、僕はバイト代をもらいにそのマンションにいくことになった。



バイトは午前中だけで、その後は予備校の夏季講習にいくのがその頃の生活だった。



旦那さんも昼は自宅に戻り、食事と仮眠をするのがいつものスケジュールだった。僕と旦那さんは歩いてそのマンションに向かった。



「おい、ゆうちゃん(僕です)、どう思う?」



と旦那さんが聞いてきた。



「僕にはよくわからないですが、こんなこともあるんですね。」



と答えると

1 2 3 4 5 6 7 8 9