1. まとめトップ

【反撃!】貴乃花親方、事件について語り始める。

貴乃花親方を応援している人に捧ぐ。頑張れ貴乃花親方!!相撲協会に負けるな!!

更新日: 2018年02月08日

0 お気に入り 3854 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

頑張れ貴乃花親方!!

貴乃花親方がテレビで心境激白「無断出演」が角界に波紋 - ライブドアニュース

今回の収録は相撲協会の了承を得ておらず、事実上の“無断出演”だったことが分かり、角界内では大きな波紋を広げている。テレビ局が番組を放送する際には、相撲協会へ事前に内容を申請して許可を得る必要があるからだ。

 別の親方からは「(無断出演は)普通の会社ならクビになってもおかしくない。これでは協会の“示し”がつかない。処分するべき」との強硬論まで出ている。

貴乃花親方、「グッディ!」の独占インタビューで元日馬富士と白鵬を批判…「話にならない。あんなもの」「そういうことを問われるのは横綱じゃない」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

「貴乃花親方きょう激白100分」と題したインタビューで弟子の貴ノ岩(27)を暴行し引退した元横綱日馬富士氏(33)が引退会見で貴ノ岩について「礼儀と礼節を忘れずちゃんとした生き方をして頑張っていただきたい」と話したことについて「話にならないですよ、あんなもの。被害者を悪く言うなんてことは組織としてあってはいけない。事実とは違うわけですからね。それを言ってしまった加害者がどう弁解して生きていくか、見てみたいですね」と批判した。

インタビュアーが貴ノ岩に非があったと受け止められていたがなどと聞くと「そんな風に思ってしまうと角界の創り上げた常識、勝手な常識と思われてしまいますよね。一般的にも基本となる心根を持っていないといけない。もともと力士と力士が戦い合うというのはそういうことですから、礼に始まるということですからね。そこを逆手に取って被害者の貴ノ岩が礼節を欠いた、携帯がとか全然、事実と違う話になっている。今、明らかになってますけど、捜査終わってますから」と明かし、日馬富士氏の会見を見たかどうかは「見れないです。見てられないですよね。傷を負わせた側でしょ。会見とかそんな話じゃないですもんね」と断じていた。

さらに横綱・白鵬(32)の張り手、かち上げが横綱審議委員会から見苦しいなどと指摘された問題について「そういうことを問われるのは横綱ではないっていうことです。相手を傷つけるために相撲を取るわけじゃない。相手十分で向かってこさせて横綱っていうものですから」と断じ、指摘されることに「対象になることが変です」と示した。

「相手を傷つける技じゃなくて勝って横綱が勝てなかったら相手の力士が強かった、それだけのことなんです。そこを認めてまた自分と向き合ってやる。横綱になる前からそうでないといけないし、横綱になってからもっとそうでなきゃいけない。横綱って超横綱を目指して横綱なんですよ。15日間、毎場所やればやるほど負担がかかるんですよ。15日間、個性の違う相手に好きなように向かってきてくださいってやるのが、足腰鍛えると精神的にも強くなる。人間の心身とも柱を太くして土俵に上がらないといけませんから」などと横綱論を展開。さらに張り手やかち上げなど「そういう技ではなくて、正面切ってぶつかりあって行くのが相撲の醍醐味ですから。それの総称、最高峰が横綱。綱を締めるって言うことですね。回しも締めるっていうんです。巻くんじゃなくて、締めるっていうのは意味が重いんです。懐締めてっていうことですから、行司さんも短刀を入れて、間違えれば腹をかき切るっていうのが基本。相撲道というのは分かりやすく言えばそこが基本ですね。お国のために土俵に上がるってことが当たり前な横綱ということですね」と示していた。

貴乃花親方、兄の質問され苦笑い「個性ですから」 - 大相撲 : 日刊スポーツ

映画の山本晋也監督(78)がインタビュー中に「本当はお兄ちゃんとも仲いいんでしょ」と兄花田虎上氏の質問を投げかけられると苦笑い。「仲がいいというか、そこは相撲に対するそれぞれの個性ですから。それぞれ生まれ持ってしまった宿命というものがあるのかもしれない。大小関わらず」と受け応えた。

貴乃花親方がテレ朝系番組で池坊保子議長を名指しで指摘 白鵬、鶴竜らを暗に批判も|ニフティニュース

理事解任処分が決定した際、日本相撲協会評議員会の池坊保子議長が「著しく礼を欠いていた」と指摘したことに対し、「池坊さんが個人的にそう思われたんだと思います」と冷静だった。

貴乃花親方、マフラー着用理由にも言及「自律神経がいかれてしまいまして」 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

貴乃花親方は現役時代のけがなどの影響でマフラーが欠かせなくなったと紹介。貴乃花親方は「自律神経がいかれてしまいまして」と事情を説明。北の湖理事長(元横綱=故人)にも許可を得ていたといい、「喉が苦しい感じが続いたので中に巻かせてもらって」と語った。これにインタビュアーを務めた山本晋也氏(78)も「わかります。わかります。精神的に安定する」と同調。続けて「ほんとにいっぱい持ってる。正直何本くらい?」と問われ、「3本くらいですかね」と貴乃花親方。山本氏が「うそ。またー」と突っ込むと「嘘です。嘘です。30本くらいかな」と笑顔で明かした。

関連まとめ

1