日本の絵文字、海外で全然ちがう使われ方してる…!

日本で「お願い」的に使われている絵文字が、海外では「神への祈り」という意味になっているなど、文化によって使われ方が違って面白い…!

更新日: 2018年02月09日

78 お気に入り 296066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外でも親しまれている「emoji」

日本だと「お願い」とか「感謝」とかそういう意味合いで使われるけど。

英語圏では何かお願いする時にこうやって手を合わせる文化はないので、「祈り」というイメージに

なるほど。。

「ハイタッチ(high five)」として使われてたり…

インドでは「ナマステ」の意味で、挨拶とセットで使われてる(゚д゚)

ハイタッチだと?!ナマステかと思ってた

日本にもナマステ派が。

まだまだ色んな絵文字で、カルチャーショックが

「push up(腕立て)」とセットで使われまくってる。

misinterpreted as a person doing push-ups

「"腕立て伏せをしている人"と誤解されることがある」

外国人がインスタで多用する「炎」

インスタで見かける人も多いよう…

外国人のインスタコメント炎の絵文字多すぎ説

他の国など言葉が通じない人の投稿に、絵文字だけで「いいね」っていう気持ちを表現してるんだとか!

The fire emoji is used to signify that something is cool, awesome, exciting

「炎の絵文字は、クールなもの、素晴らしいもの、エキサイティングなものを示すために使われる」

俺も今日このコメント貰ったけどこれホットだね!熱いね!って意味のスラングなのか 海外の人絵文字1つだけのコメント多過ぎてw pic.twitter.com/sf2J6AdJYe

ちょっと衝撃的すぎるカン違いも…w

幼稚園児が付けるやつ。日本人じゃなきゃわからない。。

tofu on fire とかさすがすぎるわ!!wwww言われるまでそんな見方できないwwwwwwwwwwwww

1