足を組むと、お尻の筋肉は引き伸ばされ弱くなります。お尻の筋肉には、もともとカラダの横揺れに耐えるという役割があるのですが、お尻の筋肉が弱くなると、外ももの筋肉がその横揺れの負荷を代償しようとします。その結果、外ももの筋肉が過剰に使われ、張ってきてしまうのです。

出典足を組むのは危険? 骨盤や脚の歪みを解消する方法

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

足を組んで座ると体によくありません…そのわけは

座るとついつい足を組んでしまいがちになるのは男女共通の癖です。足を組むことで血液の流れが悪くなりそうだというのは想像つきますが、どれほど体に悪影響があるのでしょうか?

このまとめを見る