1. まとめトップ

薄毛の悩み 対策や治療の適齢期について調べてみた!

男性なら心配に方も多いであろう薄毛の悩み。出来ることなら、薄毛にはなりたくないものです。ここでは、薄毛予防のためにも知っておきたい対策や治療の適齢期についてご紹介します。

更新日: 2018年02月09日

2 お気に入り 45 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AGA治療を行っているクリニックHP、薄毛の関するコラムなどの情報を参考に執筆。

gasbzhjjさん

まずはAGAの発症率と発症時期を知ることが大切!

一般的な統計によると、AGAの発症率は年齢とともに上昇。40代の男性で30%、50代の男性で40%となっています。また、20代でも約10%の方が発症する可能性あると言われています。

AGAの発症率は年齢とともに上がり、40代の男性で30%、50代の男性で40%となっています。加齢によって発症率の上がる症状なので、10代で発症するケースは流石に少ないのですが、20代、30代ともなれば薄毛の症状が目に見えて進行してしまう方も少なくはありません。

年齢を重ねるごとにAGAの割合は上昇します。つまり、一般的に年齢ともにAGAのリスクも上がると考えてよいでしょう。

AGAを予防するにはいつから始めれば?

予防に関していえば、気になっているのであれば、すぐでも始めるのが好ましいと言われています。

たんぱく質は髪にとって欠かせないものです。そのため、食事でたんぱく質を十分に摂取しないと、健康な髪が育たなくなってしまいます。たんぱく質は、魚・肉・卵・豆製品に多く含まれていますので、これらを毎回の食事に取り入れるようにしましょう。

毎日の食事で欠かさずバランスよく栄養をとるのは難しいこともあるでしょう。特に、家の外で食事をすることが多いと、栄養のバランスが偏りがちです。そのような場合には、食事で不足した栄養分をサプリメントで補っても問題ありません。

『医学的に効果が証明された成分』が含まれている育毛剤が販売されているので、そういった育毛剤で予防するのが、オススメです。

医学的に効果が証明された成分を含んでいるものもあり、それらの効果は臨床実験で証明されています(ものによってはまったく別の病気の治療薬として開発され、副作用としての増毛効果が認められて、その後育毛剤として扱われているものなどもあります)。

それらの薬品は誰にでも確実に効果が出るというわけではないにせよ、一定の効果は期待できます。

個人差はあるが、一定の効果は期待できるようです

AGAの治療を始めるなら

予防してもAGAを発症してしまう場合があります。そういったとき、改善を考えるのであれば、セルフケアではなく病院。早期の発見であれば、改善も早いと言われています。

AGA対策やAGA治療を始める時期は早ければ早いだけ良いのです。抜け毛や薄毛が少々気になり始めたら直ぐに治療を始める事が今後を左右します。

薄毛や抜け毛対策は髪の生え変わりサイクルが残っているうちに行わないといけません。

まとめ

AGAは年齢的な影響はありますが、どの年代でも発症する可能性があります。気になる方は早めに予防すること。もし、AGAかもと思ったのであれば、病院でカウンセリングを受けることをすすめます。

1