1. まとめトップ

声優の新田万紀子さん!大動脈解離により急死

発症ピークは70~80歳代の男性に多くみられます。多くが突然発症

更新日: 2018年02月09日

0 お気に入り 5491 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

高血圧と密接に関連

Doragonflyさん

声優の新田万紀子さんが8日、大動脈解離により急死した。所属事務所が9日に発表した。56歳だった。

静岡県出身で早稲田大法学部を卒業した新田さんは、円俳優養成所などを経て声優として活動。「のだめカンタービレ」「好きっていいなよ。」などアニメのほか、映画「オーシャンズ13」「007 私を愛したスパイ」などで声を担当した。

新田 万紀子は、日本の女性声優。
ケンユウオフィス所属。
静岡県出身。
早稲田大学法学部卒業。
生まれ: 静岡県

声優の新田万紀子さん、大動脈解離で死去 堀内賢雄も追悼「残念でなりません」 news.nicovideo.jp/watch/nw3281090

ご冥福をお祈りいたします 声優の新田万紀子さん、大動脈解離で死去 堀内賢雄も追悼「残念でなりません」 #niconews news.nicovideo.jp/watch/nw328109…

また「急死」...去年はドキンちゃんの方が急死 .. 声優・新田万紀子さんが大動脈解離で急死 「のだめカンタービレ」「007」など担当(スポーツ報知 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-… @YahooNewsTopics

声優の鶴ひろみ(つる・ひろみ)さんが16日午後7時30分ごろ、乗用車を運転中に大動脈解離のため死去したことが17日、分かった。

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや、「ドラゴンボールシリーズ」のブルマなどの声で知られる

声優、女優、ナレーター。
旧芸名および本名は靏 ひろみ。
北海道生まれ、神奈川県横浜市育ち。
最終所属は青二プロダクション。
血液型はO型。
神奈川県立鶴見高等学校卒業。
生年月日: 1960年3月29日
生まれ: 北海道 千歳市
死亡: 2017年11月16日, 東京都 東京 中央区
身長: 160 cm

俳優の中嶋しゅうさん(享年69)が舞台出演中に発症、

東京都豊島区の東京芸術劇場シアターウエストで6日午後8時すぎ、女優の寺島しのぶさん(44)が主演する舞台「アザー・デザート・シティーズ」に出演していた俳優の中嶋しゅうさん(69)が舞台から客席に落下。病院に搬送されたものの死亡が確認された。

俳優、演出家。 東京都出身。
元劇団NLT所属。
所属事務所はCOME TRUE。
妻は女優の鷲尾真知子。
生年月日: 1948年4月18日
生まれ: 東京都
死亡: 2017年7月6日, 東京都

タレントの大木凡人(72)は15年1月に発症

1週間ほど胸が苦しい状態が続いた後、突然胸の激しい痛みに襲われ自ら119番。

タレント・レポーター。
本名は後藤 清登。愛称は凡ちゃん。
愛媛県八幡浜市出身。
身長180cm。
アミー・パーク所属。
日本司会芸能協会会長。坂本龍馬龍悠会会長。
生年月日: 1945年7月8日 (72歳)
生まれ: 愛媛県 八幡浜市
身長: 180 cm
映画: トリック劇場版

同年12月にはタレントの笑福亭笑瓶(61)がゴルフ中に発症し、ヘリで病院に搬送

胸と背中に痛みを訴えるなど、笑福亭笑瓶は、かなり厳しい状態でしたが、応急処置を施したおかげで、一命はとりとめました。

落語家・お笑いタレント。
所属事務所は太田プロダクション。
上方落語協会会員。 大阪府出身。興國高等学校、大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業。本名は渡士 洋。左利き。
生年月日: 1956年11月7日 (61歳)
生まれ: 大阪府
身長: 168 cm

≪大動脈の内壁に亀裂 多くが突然発症≫大動脈解離は大動脈の内壁に亀裂が入り裂ける病気。

本来流れていない場所に血液が入り込み、胸や背中に激しい痛みが走る。大動脈剥離とも呼ばれ、循環器疾患による突然死としては心筋梗塞に次いで多いとされる

突然発症する場合が多く、車の運転時に襲われ事故につながる例も少なくない。

福田医院(横浜市)の福田伴男院長は「多くの場合、高血圧や動脈硬化など何らかの予兆があるもの。もし運転中に発症したら、意識があればできるだけ安全な場所に止め、助けを求めてほしい」と話している。

原因は不明ですが、動脈硬化や高血圧が関係しているともいわれています。

マルファン症候群などの大動脈の中膜が弱い先天性(生まれつき)の病気との関係も知られています。中膜に流れ込んだ血液は、新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)をつくり、それによって血管が膨らんだ状態を解離性大動脈瘤(大動脈解離)といいます。外側には外膜一枚しかないため、破裂の危険性を伴います。

性別でみると女性に比べ男性で約2~3倍多くみられます。

一部は先天性大動脈2尖弁やMarfan症候群、Ehlers‐Danlos症候群などの遺伝性疾患ですが、60歳以上で高率に起こり、高血圧と密接に関連しています。大動脈解離の発症ピークは70~80歳代の男性に多くみられます。

加藤茶さん、石原裕次郎さんはこの病気を発症しながら生還、

塩屋俊さん(俳優)、大滝詠一さん(ミュージシャン)、立松和平さん(作家)らは残念ながら亡くなった、といった報道が記憶のどこかに残ってはいないでしょうか。

1