政府の対応で市民が混乱も 北京は農地収容、ソチでは強制労働…

 五輪開催をめぐっては政府の強制的な対応で一般市民が損害を受けるケースが問題となっている。

 2008年の北京五輪では、競技場建設などのために住居の立ち退きを迫られた住民は推計で約150万人に上るとされる。農地も強制収用され、十分な補償金も与えず、大規模な抗議行動が行われた。国家機関の陳情窓口などで拘束された住民は数千人に上るともいわれた。

出典「五輪に殺される」用具レンタル店が五輪組織委と地元自治体を提訴 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

北朝鮮との融和を演出し盛り上がりに必死な平昌五輪 その裏では外野の場外乱闘がひどい?

スポーツの祭典というよりも南北融和の良い道具に使われている平昌五輪。当然その裏では記念の五輪に見られる空席の多発なため盛況演出に躍起、そして極寒の地でもあるだけにノロウイルスの集団感染などが問題になっているようです。

このまとめを見る