1:目や鼻から花粉(抗原=アレルゲン)が侵入
2:体が侵入者を排除と判断
3:排除するために抗体を作成し肥満細胞と呼ばれる細胞とくっつく
4:再び体内に花粉が侵入
5:抗体が花粉をできる限り体外に放り出そうと肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌される
6:くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどののアレルギー反応が出る

前へ 次へ