1. まとめトップ

【診断結果】【ガチ怖い!】よく当たる心理テスト、性格診断、占い

【ガチ怖い!】よく当たる心理テスト、性格診断、占いの診断結果です。あなたの診断結果はいかがでしたか?

更新日: 2018年02月19日

1 お気に入り 857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

reojcさん

【心理テスト】最初に見えたものでわかる「あなたの恋愛パターン」が当たりまくる! セックス、失恋、運命の人…

視覚や聴覚、味覚など、人間にはさまざまな感覚があり、それに環境や経験が積み重なっていくことで認識能力を高めていくが、日々あまりにも膨大な情報に囲まれているために完全に消化して理解すること、本質を見極めることに時間がかかってしまう場合もしばしばである。深層心理を探るテストは正にこれを逆手に取ったものだ。


■何が見えるかでわかる恋愛スタイル 

 複数の情報が詰め込まれた絵を見た時に、自分の目が一番最初にとらえる部分はどこなのか? 下の絵を見て、あまり考えすぎずに、ぱっと脳が認識するイメージを答えてほしい。

1. 男性の横顔

 この絵の男性が老人だからといって、あなたの恋愛感が古いもの、年老いた人のものという意味ではないのでご心配なく。愛やセックス、デートに際して全体像を決して見失わないタイプであるようだ。

 一見、ロマンチックなムードにも酔いやすく、相手にすぐ夢中になりやすいように思われがちだが、実は言い寄られても簡単にはなびかない。恋愛に対してじっくり時間や労力をかけたい人なのである。

 あなたの年齢に関係なく、パートナーと人生を共に構築していくこと、そして長い年月をかけてロマンチックな関係を築きあげていくことを理想としている。


2. 馬に乗った男

 これももちろん、あなたがカウボーイと恋に落ちるような劇的な恋愛を意味しているわけではない。逆に理想的な人に出会った時ですら、あまり素直になれず気持ちを飼いならすのが難しいことを意味している。

 どちらかというと面子や自尊心を保とうとする意識が強く、運命と思える相手でも知らず知らずのうちに見張ってしまう傾向があるようだ。大事なパートナーとなるべき人があなたから離れていってしまうことのないように、どうやったら本物の愛が長続きするのかをきちんと考えてみては。

3. 川辺に横たわる少女

 横たわるイメージは決して恋愛下手であったり、良縁が薄いのではない。だが、もしかしたら恋愛で深く傷ついたことがあり、恋に臆病になったり用心深くなっているかもしれない。

 恋を求めるシングルの人たちは将来的に失恋してしまうケースも避けては通れないだろうが、かといって全く成就しないわけではないはずだ。たとえつらい思い出を抱えていても、裏を返せば、それは忘れられないほど誰かを真剣に愛せる人であるということ。

 同じくらい真剣に、あなたと出会えて本当に良かった、と思ってくれる相手に巡り会うまでパートナー探しを決して諦めないように。


4. 川の上にかかるアーチ橋

 この絵を選ぶ人は少数派だ。それは周囲から疎外されているという意味ではなく、単純に探究心が旺盛で夢見がちなハートを持っているということ。

 恋に落ちやすく、おそらくは実際に既に何回かは深みにはまった経験があるのではないだろうか。だが、これまでは最終的にあまり手応えを感じられなかったかもしれない。

 実にユニークでワイルドな性格だが、風変わりな人生をそこまで望まなくてもいいだろう。いろいろな意味で人生の中で冒険を繰り返すだろうが、ひとつ言えることは自分と同じくらいその冒険や紆余曲折の変化を恐れずにあなたを求めてくれるパートナーが見つけられれば、人生はより楽しくさらにパワーアップするに違いない。

【心理テスト】“最初に何が見えたか”でわかる恋愛的弱点! 恋人と長続きしたい人は必読

人格とは「思考・感情および行動の特徴的なパターンにおける個人差である」という。人付き合い、とりわけ恋愛関係を築き、維持するためには、自分の人格的な弱点を理解することが重要だ。そこで今回は、愛を邪魔してしまうかもしれない心の弱点を明らかにする画像テストを紹介する。画像を見て、最初に目に付いたのは何だろうか? そのイメージが、あなたの人格の弱点を教えてくれる。

■縛られた男

 2本の木に縛られてぶら下がっている男が最初に見えた人は、常に葛藤状態にあるタイプといえる。その葛藤は必ずしも自分の周囲との間に生じているものではなく、自分の内側に生じている可能性もある。自分の強さや弱さを含め、自分自身の全てを受け入れることができないがゆえの葛藤だ。

 内側の葛藤は自分を愛することで解消されるが、それは葛藤を抱えがちな人にとって容易なことではない。時々頑張っている自分を褒めて、愛してあげよう。自分を愛せない人間が他人との間に生まれる愛など望んだところで、そうそう見つかるものではないし、長続きもしない。


■フェンス

 後ろにあるフェンスに最初に目がいった人は、世界に対して心を閉ざしがちなタイプだ。これは心が傷ついていることや、心を開く理由がないことを意味するのではない。自分を守るための簡単で正常で、とても自然な行動である。しかし、心の垣根を高くしすぎると、誰も入ってこない代わりに、自分も外に出られなくなる。

 障壁を高くするのは簡単だが、低くすることは難しい。自分のペースでゆっくりと、だが着実に壁を小さくしていくとよい。リスクを承知で心を開かなければ、真実の愛を得るチャンスを失うかもしれない。リスクなしに得られるものはないのだ。

■ボート

 最初に見えたのが、鳥の巣を積み込んでぶら下がるボートだった人の弱点は、理想が高すぎることだ。家族や恋人に自分の理想や欲求を押し付けていないだろうか。楽しい空想にふけり、願望が強くなりすぎると現実が見えなくなりがちだ。

 夢や理想を高く持つ人の周囲には、同様に意識の高い人々が集まりがちだ。それはそれで良いことだが、将来に描くイメージが理想高く完璧なほど、現実の愛からは遠ざかりがちになることを留意すべきだろう。


■頭蓋骨

 人間の頭蓋骨が最初に見えた人は、不安と心配を抱えているタイプだ。人生に対して過度に慎重な姿勢のせいで、すぐ隣にいるかもしれない人生を美しくする存在に気づけないかもしれない。

 慎重なことは決して悪いことではないが、とりわけ恋愛において、あれこれ心配することは時間の無駄だし、機会を逃してしまうことにもつながる。パートナーに不安を隠す必要などなく、それどころか心配事を打ち明けることで、2人がより親密になることもまた、事実である。

【心理テスト】選んだ目でわかる「あなたの潜在意識」が当たりすぎる! 知らなかった自分のマスタープログラムがわかる!

あなたは目の中から一つを選ぶ必要がある。あなたの魂を見ている目はどれだろう? そしてあなたは、どの目に最もつながりを感じるだろうか?

あなたは空腹を感じているが、それは食物に対してではない。あなたの精神が空腹なのだ。それは、あなたの魂が新しい経験を求めている印だ。あなたは新しい人生の冒険を始める必要がある。そうでなければ、あなたは腐敗し始めるだろう!

 あなたの過去があなたを追い詰め、あなたはそれを簡単に手放すことができない。しかしあなたの過去に許しを与えよう。何が起きても、あなたの精神を育む必要があるし、あなたはそれに値する人だ。火に従えば、あなたはもう一度生きていると感じるだろう!

あなたはまるで図書館のような人である。それはあなたが単に読書好きだからと言うわけではなく、過去生の経験をたくさん持っているからだ。あなたの人生は難しいものだったが、あなたの溢れる知識を思う存分発揮する時だ。人々は本当のあなたを知りたいと思っているので、あなたも本当の自分を出さなければならない。今は、暗闇の中で孤独になる時ではない。星のように輝くこと。あなたにはそれができる。

あなたは自然に振動している。あなたは置かれている環境で輝くために、特に努力をする必要はない。あなたはごく自然にそれを全て手に入れた。あなたはただ、明るく輝くようにするだけでよい。

 人々は癒しを得るために、あなたを必要としている。あなたと一緒に彼らがより高い所で振動できるように、彼らを助ける必要がある。世界はあなたに協調性や社交性を与えてくれたが、あなたはそう感じていない時もあるだろう。あなたの輝けるオーラを周りに広げて、自分と一緒に周囲の人の魂のレベルを高くすることを奨励しよう。

あなたは物事に深く入り込む性質だ。だが、時にあなたは深く入り込み過ぎて、そのものの本質を失ってしまうことさえある。あなたの脳は、次から次へとカンガルーのようにジャンプしている。あなたはいつも、現在の道で良いかどうかを熟考していて、胸の内では自分が敗者だと感じている。しかし、その感覚に負けないように!

 あなたは間違えることもあるが、果たして誰がこの世で何が正しくて何がそうでないのかわかるだろうか? 新しい事をするためには、誰もが間違いを犯す。自分自身をもっと信じ、そう頻繁に気を散らさないようにしたい。あなた自身をもっと愛し、考え過ぎる前にとにかく行動をしてみよう。

あなたはバットマンに登場するなぞなぞを仕掛けるジム・キャリー演じるリドラーだ。もちろんそれは、良いことではない。あなたは人々に対し、あまりにも多くの情報を隠している。あなたはそれをわざとやっているのではないが、過去の悪い経験によって自分を隠すようになったのだ。

 あなたは自分自身に疑問を持っていて、その態度こそが多くの人々を惹きつけているかもしれない。しかし、やり過ぎないようにすることだ。人々はあなたが心を開かなければ、簡単に退屈してしまうだろう。あなたは本当はオープンで外向的な人だ。今こそあなたの出番が来た。星のように輝く時だ!

あなたは間違いなく古き魂だ。あなたは以前、この地球上に別の体で大きな存在感を示していた。ゆえにあなたは人を惹きつけて、かつ神秘的だ。あなたはあるグループの人たち(あなたが好きな人たちとは限らない)にとって非常に魅力があり、彼らは皆あなたの謎めいたところに惹かれている。

あなたは夜の友人であるフクロウだ。あなたは多くのことを見て知っているが、それらをしっかりと自分の中に秘め続けている。すべてを見通しているが、人にそれを見せることはめったにない。

「奇術師」があなたを表現するのに、最も適しているかもしれない。釣り人が釣り糸を使って魚を捕るのと同じように、あなたは人を操る。あなた自身についてのちょっとした情報を人に見せては、人を考えさせる。

 あなたは正しいことをしているので、自分を変える必要はない。あなたをよく知る権利を持った人は、謎を解いて永遠にあなたのソウルメイトになるだろう!

【心理テスト】最初に何が見えたかで分かる「あなたに必要な愛情」! 本当に求める愛のタイプが丸裸に!

画像を見て、最初に見えたのは一体何だっただろうか? そのシンボルはあなたが求めているものを象徴しているという。

■男の顔

 男の顔が最初に見えた人は出会う全ての人が敬意を払うようなタイプだ。自分が他人からどのように見られているか分かっているので、好かれるように振舞って相手に気に入られるのも得意である。だからといって決して不誠実なわけではなく、仕事を懸命にこなすタイプでもある。

 このタイプに必要なものは「相手からの理解」である。内面が複雑で様々な側面を持つが、一度に提示できるのは一つの側面だけだ。このタイプを他人が理解するのは時間がかかるので、特に親しくなりたい相手には時間をかけて自分の様々な部分を見せていく必要がある。そうすればその人からの理解、そして尊敬や感謝の念を得られるだろう。

■コートの男

 コートの男を最初に見た人は、内面に深い悲しみをたたえているタイプだ。うつ病とまではいかないが、あまり元気がある状態ではないかもしれない。一方で、あらゆる物事のバランス(生と死、幸せと悲しみ、始まりと終わりといったことまで)を鋭く感じ取れるタイプでもある。

 このタイプに必要なのは「全てを受け入れられること」だ。このタイプが持ち合わせる悲しみや憂鬱を生来のものと理解しないどころか修正しようとするような人ではなく、全て受け入れてくれる人をパートナーとして探すべきだ。悲しみに満ちた内面を受け入れてくれる人と過ごす人生は価値あるものになるはずだ。

■赤ん坊

 赤ん坊がまず見えた人はしばしば無力感を覚えるタイプだ。大人で経済力も生活力もあるけれど、全てが崩れ落ちる瞬間を待っているようなタイプである。睡眠不足で走り回ったり、ストレスまみれで週末は酔って泣き喚いたりするようなことに覚えがあるかもしれない。

 このタイプに必要なのは「養育」だ。一つ明確にしておくと、このタイプは赤ちゃんではない。子供ではないけれど、長いこと一人ではいたくない、そんな人だ。このタイプに必要なのは、背負っている肩の荷を降ろしてくれること、暖かいお茶をマグカップに注いでくれること、愚痴に耳を傾けること、夜は安らかに眠らせてくれることだ。燃え盛る情熱のような愛ではなく、落ち着いた岩のように穏やかな愛情である。

■魔法使い

 最初に三角帽をかぶった魔法使いの姿を見たなら、好奇心と情熱を持ち合わせているタイプだ。来世にも強い興味があり、宗教にも興味があるかもしれない。今生きている人生は唯一のものでも、あるいは初めてのものでもないと確信めいたものを抱いているタイプである。

 このタイプに必要なのは「精神的なつながり」だ。精神的な充足感を感じられることが重要で、必ずしもパートナーと信念を分け合う必要はないと思っているが、同じように精神的なつながりや運命を求める相手に惹かれがちだ。

■二人の従者

 二人の従者が最初に見えた人は、意志が強く明晰で、全てをコントロールできるタイプだ。自分がもう一人いたなら、もっと気楽に人生を生きられるのにと思っているかもしれない。それは物事の道理をわきまえている人が、自分以外にもう一人部屋の中にいるからだ。このタイプは自分が常に正しいと考えているのだが、周囲の人にとってはそれが問題であったりする。

 このタイプに必要なのは「異議」だ。パートナーが善良で支えになってくれることだけでなく、間違いを指摘したり教えたりしてくれることを恐れてはいけない。パートナーはきっと新しいことを教えてくれる。

http://tocana.jp/2018/02/post_15971_entry.html

【心理テスト】選んだ「ドリームキャッチャー」でわかる“本当の性格”に超納得! まだ知らなかった自分に出会える!

左のドリームキャッチャーの中から、あなたならどれを選ぶだろうか? 直感で選んでほしい。きっと、あなたの真の性格がわかるはずだ。

1. 保守的、信頼、誠実

 あなたは親しみやすく社交的、気配りのできる人。だが、常に親しい友人たちに囲まれていたいという寂しがりやの一面もある。一度親しくなると相手を盲目的に信用してしまい、そして自分も同様に信用されたいと考えるようだ。

 感情面で言うとやや複雑で、本来は気立てが良い人であるにもかかわらず、自分の感情をコントロールできない部分もある。ムラ気になったり感情的になってしまうことがあり、そんな時には、まったく別人のように変わってしまうだろう。

 自分を取り巻く環境がきちんと秩序を守り、整理されている点を重要視するので、予測不可能な出来事が起きるとあたふたしてしまうかもしれない。


2. 平等、純真無垢、自己満足

 あなたは自分を中立の立場に置き、気配りのできる人である。他の人を元気づけて励ますことで、同時に自分も励まされている。品格に優れており、この品格こそが持ち味といえよう。

 もし人生で何か上手くいかないことがあれば、自分が孤立したように感じてしまうかもしれないが、きっとそれまでの人生が完璧すぎただけであり、心配はいらない。といっても、それでもくよくよして悩んでしまう側面もあるだろう。

3. 楽観的、意志の強さ、外交的

 あなたは、長い間ひとりで過ごしていると寂しくなり、人恋しく感じるタイプ。さまざまなイベントに参加したり、人と会話をすることが何よりも楽しみ。

 どんな人でも受け入れて、誰とでも仲良くなることができるはずだ。だが、自分がほかの人の目にどう映るか、少々人の目を気にしてしまうこともある。目立ちたがり屋で、人助けをする自分自身に満足する部分もあるが、周囲の人々も明るいあなたに救われるだろう。


4. 繊細、情け深い、協力的

 どちらかというと内向的な性格であるにもかかわらず、人から何かと頼られやすい。頼られると一生懸命応えようとするが、時に都合良く利用されてしまうこともあるので、少し注意が必要だ。

 顔にはあまり出さないが、繊細であるゆえ、人が発した言葉に必要以上に敏感になり、傷ついてしまうこともある。平和で穏やかな自らの立ち位置で尊厳を保とうとし、人と群れなくても大丈夫である。理想的な未来を思い描きながら、ひとりで過ごす時間を大事にするだろう。


5. 自立、強固な意志、距離

 周囲から受ける悪影響を全て避けるかのように、他者との間に距離を保とうとしている。その頑なまでの強い意志は、貴方をミステリアスだと思わせるのに十分だ。

 周りが自分の評価をすることが許せず、先輩や上司といった上に立つ人から何を言われたとしても、圧力に屈せず、流されることなく我が道を進む。よって、自分の行うことは全てパーフェクト、と自己肯定可能である。

http://tocana.jp/2018/02/post_15900_entry_2.html

あなたの家族観

左の画像の三つのシルエットのうち、偽物の家族だと直感的に思ったのはどれだろうか?

■1を選んだ人

 1の画像の母親は父親に背を向け、子供を父親から遠ざけようとしている。1を偽物の家族だと思った人は、家族を重視するタイプではないだろう。父親のいない家庭、もしくは強い父親像を知らずに育ったのかもしれない。あるいは母親が子供たちを父親から遠ざけようとしたために、父親は子供らに注意を払わず面倒もみなかったのかもしれない。

 このタイプは強い父性を知らないために、誰かを助けようとする傾向が強い。面倒見の良い人で、周囲の人々にポジティブな影響を与えたいと考えている。その一方で、本当の家族とはどんなものなのか知らないし、確信も持てずにいる。実は3つの中で最も家庭向きではないタイプである。

■2を選んだ人

 2の画像の両親をよく見ると、母親はミニスカートを履き、子供に注意を向けていない。父親も同じで子供の方を見ていない。どちらも自分のことにしか興味がないのだ。

 2を選んだ人は家族の重要性を知っていて、家族を物事の中心に考えるタイプである。だからこそすぐに偽の家族を見分けることができた。

 このタイプは心優しく、生涯続くような安定した信頼関係を望む。精神的にも健全だろう。結婚と家族の構築は非常に重要な課題で、家族のためには努力を惜しまないだろう。

■3を選んだ人

 3のシルエットは明らかに幸福な家族であることを示している。愛情を持った2人の親が子供を受け入れていることを示している。

 3を本当の家族ではないと思ったのなら、機能不全家族に育ったせいでなんらかのトラウマを背負っている可能性がある。両親のどちらかがアルコール中毒や重度の精神病で、精神的・肉体的に虐待を受けていたのかもしれない。幸せな家族像が偽物に見えるのは、自分が知る本当の家族とはまるで異なっているからではないだろうか。

http://tocana.jp/2018/02/post_15937_entry.html

1 2