一般的に、暖色系の色のほうが寒色系の色より太って見えますが、明るさが変わると逆転して見えることがあるのです。つまり、色味よりも“明るさ”のほうが重要ということです。

 ですが、明るい色を着たいときもありますよね。夏に向けて、やはり暗い色よりも太陽の光が似合う明るい色を着たいと思われる方も多いのではないでしょうか。

 そんなときは、暗い色を「縦長に見えるように」組み合わせましょう。たとえば、薄い黄色にダークブラウンを合わせてみたり、紫色やダークターコイズ、紺色などでもOKです。

 暗い色のジャケットやストールを合わせたりするのはもちろんですが、アクセサリーも縦長で暗い(濃い)色のものを選ぶと良いでしょう。暗い(濃い)色のインパクトで、視線が上下にいき、着やせ効果が出るというわけです。

出典ライブドアニュース(livedoor ニュース)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る