1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ダイエット方法について語る

deai77egmさん

食べてダイエットしたいなら痩せる野菜で効果的に

効果的なダイエットは野菜を中心に

マイナスカロリーの野菜で効果的にダイエット

ダイエットに効果的な大豆食品

ダイエットは食べてもいいの?

女性なら誰もが実践したことがあると言われているダイエットですが、実はダイエットを実践する上で、多くの人が勘違いしてダイエットを行っているのです。それが「ダイエット=食べない(食べてはいけない)」という先入観を持っているということです。そう思っていたと共感できる人も多いはず!
しかし、基本的に、体重を減少させて健康的に痩せるためには、「しっかりと食べる事」が大事です。低カロリーの食べ物で満腹感を得て、腹持ちの良い食べ物で食欲を抑制しながら、健康的に痩せる食べ物を摂取して全体のカロリーを減らしていくというのがポイントになってきます。そのためには、毎日の栄養バランスの摂れた食事が非常に大事です。さらには、毎日のメニューに使用する食材によって、体の代謝をアップさせて痩せやすい身体づくりができる物を選ぶことが重要です。
ダイエット中には向いている食べ物と向いていない食べ物があります。特に、体重を落とすためには向いていない食べ物の摂取は控えることが大事です。菓子パンや洋菓子類、スナック菓子、焼き菓子、アイスなど間食として食べてしまいやすいものは、糖質や脂質が豊富に含まれているため、食べてしまうと体に脂肪が蓄積されてしまいます。また、単体のカロリーが高いので痩せやすい体質づくりに必要不可欠なビタミン・ミネラル・たんぱく質がどうしても不足してしまい、体の代謝を落とし太ってしまいます。
ダイエット=食べないではなく、栄養バランスを考えて、痩せやすい身体を作る食材で食事をすることがダイエットに繋がるということを知っておいてほしいと思います。

太ってしまう原因

太るのには必ず食事や運動習慣の中に太ってしまう原因があります。
原因となるものが7つありますのでご紹介します。
(1)夕食に食事が偏っている
ほとんどの人が当てはまりますが、食事の量が夕食にかたよりすぎています。普通の食事だとよく耳にしますが、太っている人の普通は大体がカロリーオーバーしているのです。体は夜になると血糖値が高くなり、脂肪を作りやすい状態になっています。特に21時以降の食事は太る原因となるので、夕食を見直すことも必要です。
(2)朝食を抜いている
ダイエットのためだからといって朝食を抜いていませんか?確かに、食事をしなければ痩せそうに思えますが、朝食を抜くと実はダイエットに逆効果なんです。朝食を抜いてしまうと、体温が上昇するまでに時間がかかり、代謝の低い状態が長続きます。代謝が低い状態はカロリーの消費が少なくなるので痩せにくくなってしまいます。
(3)甘いものなど、糖質中心の食事で栄養が偏っている
甘いものや炭水化物中心の食事で太ってしまう人も多く見られます。炭水化物中心の食事は完全に糖質の摂りすぎです。これはダイエット成功率を下げてしまうし、糖質をとりすぎることで体は排出するか脂肪として蓄えることかしかできなくなります。炭水化物や甘いものの摂りすぎには注意が必要です。
(4)食事で血糖値を急上昇させている
空腹時に食事をすると、血糖値が低いところから上昇するので上がり幅が大きくなり血糖値が上昇してしまいます。また、がつがつと早食いしてしまうのも血糖値が急上昇しインスリンが大量分泌され、フル稼働で脂肪を作ってしまいます。
(5)からだの水分量が少ない
水分量が少ないと血液の循環が悪くなり、老廃物を運ぶ機能や代謝が悪くなります。体の水分量が少ないと痩せにくい身体になります。
(6)ストレスが多い
ストレスがたまるとエネルギー補給のために糖分を欲しがったり、アミノ酸を欲しがったりします。そのため、無意識にたくさん食べてしまうこともあります。ストレスが多いのも太る要因となっています。
(7)運動不足
運動不足によって基礎代謝量や体温が低く、太りやすいという方も多いです。
筋肉量が少ないと脂肪の燃焼率も悪くなります。運動をし、消費カロリーを増やすことがダイエットの成功につながります。
これらの原因に注意してダイエットを行うと効率的に痩せることができるのではないでしょうか。

ダイエットに効果的なお肉や魚、海藻類

ダイエットに適したフルーツ

ダイエットにおススメの食べ物

ダイエット中の朝ごはん

ダイエット中は朝食を食べなかったりと抜いてしまう人も多いようですが、1日の原動力となる朝食は大事です。でも、ダイエット中はちょっとした工夫が必要です。せっかくのダイエット、無理のないように続けられるなら最高ですよね。いつの間にか痩せていた…なって言うダイエットが理想ではないでしょうか。
朝は、炭水化物・たんぱく質・野菜・果物をとりたいところです。炭水化物はご飯が一番いいのですが、どうしてもパンがいいという人もいるはず。そんな時はパンを諦めて無理をするより、カロリーや糖質の控えめなものを選ぶのがダイエットを続けるコツです。おすすめのパンは「フランスパン(バケット)」「ベーグル」「ライ麦パン」「全粒粉パン」がおすすめです。あとは、たんぱく質です。「たまご(目玉焼きや茹で卵がベスト)」「豆乳(そのままでもスープでもOK)」「チーズ(トーストなどで)」これに、野菜や季節の果物があればバッチリです。これだけ食べることができればダイエットだと意気込まなくても、普段の朝食として普通に食べることができます。
しかし、朝は忙しいですよね。特にお子さんがいる家庭では一番バタバタするのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが野菜スープです。スープにしょうがなどを入れることで代謝もアップします。野菜スープにすることで、たんぱく質と野菜が摂れることだけでなく、体も温まり、満腹感も得ることができるのでおすすめです。

ダイエット中のお昼ごはん

ダイエット中に知っておきたいのが、昼間は脂肪燃焼タイムだということです。ですので、ランチは1日の中でもある程度食べても良いので、食べる内容はそこまで気にしなくても大丈夫です。お家の中にいるなら、簡単で時間のかからない食事をしたいもの。そんな時におススメのメニューがあります。
(1)野菜スープリゾット
朝食で食べている野菜たっぷりのダイエットスープにご飯を入れて煮てるゾットにすだけ。
(2)塩こうじ焼きそば
麺と野菜は1:1で、あとは焼きそばについている粉末は使わずに塩こうじで味付けするだけ。
(3)納豆マグロ丼
ご飯の上にキャベツの千切り、さらに納豆と細かく切ったマグロをのせて完成。
(4)トマトカレースープスパ
余ったカレーにホールトマトを入れて煮てスープにします。そこに茹でたパスタを入れるだけ。
(5)山菜そば
パウチをされているすぐに使える山菜を茹でたそばにトッピングするだけ。お昼ならうどんでも大丈夫です。
また、外食の際のおすすめメニューはできれば和食です。
特に、おさかな定食や、豚の生姜焼き定食など色んなおかずが食べられるものがおすすめです。また、どんぶりものはご飯が多いので海鮮ランチを食べたいなら、刺身定食がおすすです。洋食にするのであれば、ポワレや魚料理がおすすめですが、ムニエルなどのこってりソースでたべるなら、ローストビーフなどの肉料理の方がダイエットには効果的です。イタリアンならトマトベースのパスタ、中華なら麻婆豆腐や八宝菜など定食がおすすめです。
好きなものを選びつつ、ダイエット中であるということも考慮したメニューを選ぶのが痩せる秘訣です。

ダイエット中の夕食の食べ方

夕食をついつい食べ過ぎってしまったりしてしまうことはありませんか?
ダイエットしている時の夕食は400カロリー以下を目標に食事をすることが求められます。夕食のカロリー、時間、食材、食べ方などのコツさえつかめば体に負担をかけずにダイエットすることができます。そして、ずっと太らない食習慣を身に着けることができます。
夕食のポイントとして、「400カロリー以下」「20時までに食べるのがベスト」「野菜・肉・ごはんの順で食べる」「22時以降は控えめのメニューに」「穀類・たんぱく質・野菜・きのこ類・海藻類を使う」などがあります。
避けなければいけないものとしては、脂っこい食事、夜遅い食事、食べすぎです。
胃に負担がかかり、胃もたれしやすくなったり、胃腸が休むことができずに疲れが残ったり、肥満になったりなどの症状が出ます。また、夕食抜ダイエットも必要な栄養が得られないので、便秘・睡眠不足・ストレス・ホルモンバランスの乱れなどの不調が起こりやすくなります。
夕食をとる夜は、副交感神経が高くなり、代謝が低くなります。18時以降から代謝は落ちてくるため、カロリーを消費する力が落ちます。同じ食事をしても、時間が遅いだけで身についてしまうので注意が必要です。
夕食一つでダイエットの成功が見えてきます。
夕食の食べ方のポイントやルールを覚えてしまえば、夕食のカロリーをおさえることができ、それが身につくことによって太りにくい体質や太らない体に変化していきます。コツをつかむことで、健康的なダイエットをすることができます。

夕飯におススメのダイエット食材

ダイエット中の夕飯におすすめな食材を取り入れ、普段の食事と変える必要がないところと、変えた方がよいところなどがあるのでそれを身に着けてダイエットを成功させましょう。
おすすめ食材をご紹介します。
(1)穀類
白米や小麦粉は血糖値が上がりやすいので、玄米や全粒子などを選ぶようにします。糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を抑えてくれます。消化されるスピードが遅いので腹持ちが良いです。
(2)生野菜
生野菜はビタミンや酵素などの栄養素を多く摂取できます。ダイエット中にビタミンが不足してくると体調を崩しやすいので意識して生野菜をとるようにします。ビタミンCは熱によって壊れてしまうので、加熱していない生野菜が大切です。
「レタス・トマト・アボガド・にんじん・きゅうり」がおすすめです。
(3)温野菜
野菜は加熱することで食べられる量が増えて、食物繊維が多く取りやすくなります。からだを冷やしたくない時は生野菜よりも温野菜を中心に食べて下さい。にんじんのカロチンの吸収率は茹でた方が高まります。
「キャベツ・ブロッコリー・アスパラ・にんじん・ごぼう・豆類」がおすすめです。
(4)きのこ・海藻類
きのこや海藻類はカロリーが低くダイエット向けの食材です。きのこ類は食物繊維やビタミンDが含まれていて、脂肪の燃焼を助けたり、炭水化物や脂質の吸収を遅らせるなどの働きがあります。
(5)たんぱく質
筋肉や皮膚などの体をつくる大切な栄養素なのでダイエット中でも必ず取らなくてはなりません。魚は脂の少ないものを選び、刺身なら赤みや白身、焼き魚はあじ、さけ、イワシなどです。肉はモモやロースを選んで脂があるところは取り除きます。鶏肉の皮はカロリーが高いので取り除きます。
このようなおススメ食材を使って料理することでダイエットを成功することができます。

夕食におススメの低カロリーメニュー

夕食のカロリーは400キロカロリーまで抑えられるようにしましょうとダイエット中は言われています。
具体的にどのくらいでしょうか?
まず、ご飯はカロリーが高いので、お茶碗を子ども用のお茶碗にして量を減らします。
子ども用のお茶碗1杯(100g)は168キロカロリーです。そのため、残りの232キロカロリーでおかずや汁物を作ればいいのです。
おすすめのメニューをご紹介します。
(1)ささ身のあっさり鍋
ささみのあっさり鍋は1人分102キロカロリーです。野菜とたんぱく質が取れるのでダイエットに向いています。味はさっぱり目なので1人分用の鍋にすれば食べすぎることなくお鍋を楽しむことができます。
お鍋なのでしっかりと野菜も取ることができるのでおすすめの料理です。
(2)しめじのおろし和え
しめじのおろし和えは、1人分76キロカロリーです。油を使わず料理ができるのでカロリーをおさえることができます。バルサミコ酢は脂肪燃焼などのダイエットも高いのでぜひ、お料理に使ってみて下さい。
(3)イカとトマトの炒め物
イカとトマトの炒め物は1人分183キロカロリーです。イカはコレステロールの代謝を促してくれます。プリッとした食感のイカと酸味のあるトマトがポイントになります。
(4)マグロのガーリックステーキ
ステーキを食べたくなったときは低カロリーのマグロにします。弱火でにんにくを炒めて香りを出すのがポイントです。マグロのガーリックステーキは1人分123キロカロリーです。
工夫をすれば美味しく低カロリーメニューがたくさんできます。
ぜひ、挑戦してみて下さい。

ダイエット中におススメの朝食

ダイエットを始めても、ダイエットで朝食を抜いたらなんだか調子が悪くなってしまったとか言った経験はありませんか?
朝食をとらずにダイエットしても、昼食や夕食で食べ過ぎてしまいかえって太ってしまったなどの経験も多いはず…。
ちゃんと朝食を食べて、健康的にリバウンドのないダイエットがしたい!そんな方に今回はダイエット効果の高い食べ物などをご紹介します。
朝食をしっかりとると、体温が上がり代謝が良くなるため、効率よく脂肪燃焼が行われます。また、脳に必要な糖分が補給されるため、集中力や記憶力が高まり、仕事や勉強の効率がアップします。
朝食をしっかりとった方がいいと言いますが、忙しい朝の時間にバランスよく朝食を作ったり、食べる時間はなかなかないですよね。そんな時におススメな朝食が、「シリアル」です。実は、シリアルには、炭水化物・ビタミン・ミネラル(鉄分)が摂れるため、手軽でありながら必要な栄養をある程度は取ることができます。ただし、シリアルだけでは偏るため、これに足りない脂質とたんぱく質をプラスすることが大事です。
次におすすめなのが手軽に食べられる「フルーツ」です。朝食にフルーツを食べるのは、健康や美容のために良いと言われています。フルーツにはビタミンやミネラルが豊富に入っています。免疫力を高めたり、肌の活性させる働きがあります。しかし、フルーツには糖分が多く含まれます。適度な量とフルーツのみの朝食を避けてとることをおすすめします。

ダイエットにおススメの朝食メニュー

ダイエットに適しているのは、低カロリーの朝食メニューです。
低カロリーのメニューを選ぶことで、食べる量を減らさずダイエットができ、昼・夜の食事の自由度も高められます。
今回はおススメの朝食メニューをご紹介します。
(1)カッテージチーズ
チーズは脂質が多くて高カロリーの物が多いですが、カッテージチーズは脂質分が少なく、低カロリーのメニューです。ボディメイクアップのクライアントさんにも人気の食品となっています。また、脂質が少ない分、たんぱく質が多く含まれていて、筋肉をキープしながら痩せるのに最適な高たんぱく低カロリーの食事をとることができます。
(2)野菜スープ
スープはほとんどが水分で、量の割にかなり低カロリーです。
野菜ばかりだけでなく、鶏肉やショルダーベーコンなどを使うと、カロリーをおさえながらたんぱく質も取ることができます。
(3)ヨーグルト
ヨーグルトは水分が多く、カロリーは高くありません。特に脂質ゼロのヨーグルトにすれば、100g:40キロカロリー程度に抑えることができます。
(4)ふすまパン
ふすまパンとは、小麦粉を製粉するときに出る、お麩の材料の「ふすま」で作ったパンです。普通のパンより少し低カロリーなことに加えて、かなりタンパク質が多いパンです。
(5)サラダ
野菜はほぼすべてのものが低カロリーです。ただ、ドレッシングに注意が必要です。
オイルを多く使ったドレッシングは高カロリーなので、ダイエット中は控えた方が良いです。ノンオイルの物がおすすめです。
(6)ハムエッグ
ボンレスハムを使ったハムエッグがおすすめです。ロースを使ったハムやベーコンだとカロリーが高くなってしまいます。
脂質の少ないハムを選べば、高たんぱく・高カロリーな朝食になります。

ダイエット中のランチ

ダイエット中のランチで理想的なメニューは和食です。
和食でも、カロリーが低いか高いかは料理よって違ってきます。コロッケやハンバーグ定食などは洋食に近いのでもちろんカロリーが高めになります。今回はランチに理想的なメニューをご紹介します。
ダイエット中に一番おすすめなランチは、焼き魚定食です。「ご飯・味噌汁・焼き魚・サラダや煮物」などのメニューが理想的です。このようなメニューなら、主食である炭水化物と主菜、副菜がきちんと取れているのでバランスもいいです。
魚は肉よりもカロリーが低く、ダイエット中のいい味方です。焼き魚の種類がたくさんあるようならば干物などのなるべく脂身が少ない魚を選びましょう。また、味噌汁は豆腐やワカメなどのカロリーが低いものがよりいいです。ご飯はできれば白米ではなく、玄米や五穀米、麦が入ったご飯が理想的です。
ランチがコンビニの場合は、栄養が偏ってしまうことに注意が必要です。コンビニでしがちなのが、おにぎりやパンにから揚げなどの組み合わせです。これは栄養バランスが悪く、カロリーオーバーになってしまいます。これでは、野菜が足りず、主食である炭水化物は身体に大切ですが、摂取しすぎてしまうと脂肪として蓄えられてしまいます。そのため、サンドイッチとサラダ、のり弁当とサラダなど、サラダなどの野菜をプラスするといいです。サラだが苦手なら、煮物などでもいいと思います。
どうしても外食が増えがちなランチ…。
ダイエット中は厳しいですよね。でも、カロリーが低いものをわかっていればダイエット中のランチも苦になりません。
頑張ってダイエットを成功させましょう。

ダイエットに効果的な食事

今回ご紹介するのは小分けダイエットです。
これは、1日3回の食事を1日4回以上に分けて食べるダイエット方法です。
1日に摂取するカロリーは、1回にまとめて食べるよりも数回に分けて食べた方が脂肪がつきにくくなります。それは、食事をするという行為自体が消費カロリーを高めるからです。数回にわたって食事をすると脳が次もすぐに食べ物がくると思って、脂肪としても食べ物を蓄積しないようになります。また、血糖値も大きく関係しています。そのため、小分けダイエットをすると痩せやすい体になります。
また、数回にわたって食べる小分けダイエットは、1日3食のときに摂取するカロリーより少なくしても満足感が得られやすいです。そのため、1日3食のときよりも摂取カロリーを減らす努力もしていきましょう。
小分けダイエットのメリットは、お菓子でもできるということです。ダイエット中でもお菓子を食べれるならストレスもたまらないですよね。ダイエット中は、摂取カロリーの10%以下にすればいいといいます。女性の摂取カロリーは1500キロカロリーなので、お菓子は150キロカロリーまで摂っていいことになります。そのため、買ってきたお菓子を150キロカロリーずつ小分けし、自分のタイミングで1日分ずつを食べて行けば太らないということになります。
間食での食べすぎも防止することができます。
無理してストレスがたまるより、小分け作戦で、食べたいものを摂取カロリー以内で何回も食べられるならお得感があります。これで痩せることができるなら嬉しいですよね。
効果的な食事方法でダイエットを成功させましょう。

ダイエットに効果的なスープ

1 2