1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ダイエット方法について語る

deai77egmさん

食べてダイエットしたいなら痩せる野菜で効果的に

ダイエットをしたいけど、なかなか食事を制限できずに続かないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方でも安心!今回は食べても痩せることができる「野菜」をご紹介します。
我慢せず、お腹いっぱい食べられるのにダイエットできるならありがたいですよね。
おすすめ野菜
(1)ブロッコリー
ブロッコリーには食物繊維が豊富に含まれています。ブロッコリーから食物繊維をしっかりとれば、腸の動きが活発になって代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなります。便秘で悩んでいる方には便が排出されるようになり、便秘解消にもつながります。便秘を解消することで、体のむくみも一緒に解消することができます。また、ブロッコリーには、カルシウムが多く含まれており、カルシウム不足で起きる肥満を予防・改善することができます。
(2)セロリ
セロリはほとんど水で出来ているので、「マイナスカロリー食材」の仲間です。食べれば痩せると言われている野菜です。セロリには「カリウム」と「食物繊維」が含まれています。カリウムは身体に溜まった余分な水分を排出する効果があるので、塩分の摂りすぎで起こるむくみを解消することができます。食物繊維で腸を元気にし、代謝をあげてくれます。
(3)アスパラガス
アスパラガスも「マイナスカロリー食材」です。「アスパラギン酸」というアミノ酸の一種を含んでいます。代謝の促進・疲労回復・スタミナ増強・水分代謝の促進などの効果があります。
このように野菜の効果を知ることでダイエットを効果的に行うことができます。1日の食事にぜひ、取り入れてみて下さい。

効果的なダイエットは野菜を中心に

ダイエットを効果的に行うなら、まずは食べる物を気にすることも大事です。
食事制限が苦痛な方は特に太りにくい食材を選べばいいんです。
今回はおススメの野菜をご紹介します。
おすすめ野菜
(1)キャベツ
キャベツはよく噛んで食べる必要があります。カサもあるため、食べればお腹がふくらみやすく、消化にパワーを使うので「マイナスカロリー食材」に含まれます。
キャベツには食物繊維が多く含まれているため、腸の働きを活発にしてくれ、代謝をあげることに繋がります。キャベツは買い物に行けば手に入りやすい食材です。ダイエット中の方、ダイエットをしようと思っている方にはぜひ食べて頂きたい食材です。
(2)大根
大根は、食物繊維が豊富でお腹がふくらみやすいので、痩せる食べ物としてダイエットに適した食材です。その上、低カロリーで、大根の葉の部分は「ビタミンC」や「カリウム」なども含んでいます。体の健康を維持したり、むくみの解消に役立ちます。そう考えると、大根は捨てるところのない素晴らしいダイエット食材だと言えます。
(3)れんこん
れんこんは「カリウム」や「カルシウム」が豊富に含まれているので、肥満やむくみに効果の高い食べ物です。また、れんこんには、「ポリフェノール」が含まれていて、血液をサラサラにして血流を良くする効果もあります。血流が良くなれば代謝も上がり、体脂肪が燃えやすくなります。れんこんは好き嫌いがはっきりしますが、ダイエットには効果的です。
野菜が苦手な方でも、ダイエットを成功させるために取り入れてみて下さい。

マイナスカロリーの野菜で効果的にダイエット

ダイエットといえば、食事制限を考えがちですよね。でも、我慢して食事制限しても結局はストレスが溜まってしまって返ってリバウンドしてしまいます。
無理な食事制限をするよりも、ダイエットに良い食材を知ることで、無理のない効果的なダイエットができます。そんな時におすすめなのが「マイナスカロリー食材」です。マイナスカロリー食材を知ってダイエット中の食事に取り入れてみましょう。
おすすめ野菜
(1)にんじん
にんじんは、「カロテン」を多く含み、がんの予防や髪、お肌の健康維持に効果があると言われている食材です。さらに、にんじんの葉っぱには「ビタミンE」が多く含まれます。ビタミンEは体が老化するのを防いだり、血液中のコレステロールを抑えて、血流を良くする効果があります。そのため、体を活発にして代謝をあげる効果があります。
(2)玉ねぎ
玉ねぎには「ケルセチン」という、ポリフェノールの一種を含んでいます。脂肪の吸収を抑える・脂肪を燃焼させる・余分な脂肪を排出させるといった嬉しいダイエット効果があります。ただ、糖質も含んでいるため、糖質を気にされている方は食べ過ぎないように気を付けて下さい。
(3)ほうれん草
ほうれん草は、「カリウム」「カルシウム」「ビタミンE」など、代謝アップやむくみ対策など肥満対策にはうってつけの食べ物です。ダイエットをしやすい体をつくりつつ消費カロリーもアップするので積極的に食べていきたい食材です。
(4)トマト
トマトといえば、何といっても「リコピン」ですよね。リコピンは老化やがんの原因になる体の中の活性酸素を除去します。さらに血糖値を下げて、血液中のコレステロールを抑える効果があるので、健康的で代謝の高い体を作ることができます。
このようにダイエットに効果的な食材はたくさんあります。この食材を使って食事をすることで無理せずダイエットすることができます。

ダイエットに効果的な大豆食品

ダイエットに効果的な食材の中に「大豆食品」もあります。
その中でも、大豆食品の定番は「豆腐」ですよね。豆腐の原料の大豆には、「大豆たんぱく質・大豆イソフラボン・大豆オリゴ糖・ミネラル」などを含んでいるので、脂肪燃焼効果や代謝のアップ、エネルギー変換効率アップ、整腸作用、美肌効果など、体に嬉しい効果が期待できます。また、お腹も膨らみやすく、低カロリーなのでダイエットに向いています。
次におすすめの食品は「おから」です。おからは大豆から豆乳を作る時にできる絞りカスです。おからは料理がしやすく、簡単なダイエット料理を作ることができます。おからには豆腐と似た効果があり、脂肪燃焼や代謝アップが期待できます。しかし、豆腐に比べるとカロリーが高いので気を付けて食べる必要があります。
次に、「もやし」がります。もやしは、血液中の脂質や糖質のエネルギー代謝を促進させる「ビタミンB2」を含んでいます。脂肪の蓄積を防ぐため、ダイエット効果があります。もやしは安くで販売されているので、家計にも優しく、続けられやすい食材です。
次は「納豆」です。納豆も大豆で出来ているので、豆腐やおからと同じような効果を得ることができます。納豆のネバネバの元である「ポリグルタミン酸」には美肌効果があり、肌に潤いを与えてくれます。
大豆食品には、美肌効果が期待でき、ダイエット中は特にお肌が乱れやすいので、食事に取り入れることをおすすめします。
キレイにダイエットできるなら嬉しいですよね。

ダイエットは食べてもいいの?

女性なら誰もが実践したことがあると言われているダイエットですが、実はダイエットを実践する上で、多くの人が勘違いしてダイエットを行っているのです。それが「ダイエット=食べない(食べてはいけない)」という先入観を持っているということです。そう思っていたと共感できる人も多いはず!
しかし、基本的に、体重を減少させて健康的に痩せるためには、「しっかりと食べる事」が大事です。低カロリーの食べ物で満腹感を得て、腹持ちの良い食べ物で食欲を抑制しながら、健康的に痩せる食べ物を摂取して全体のカロリーを減らしていくというのがポイントになってきます。そのためには、毎日の栄養バランスの摂れた食事が非常に大事です。さらには、毎日のメニューに使用する食材によって、体の代謝をアップさせて痩せやすい身体づくりができる物を選ぶことが重要です。
ダイエット中には向いている食べ物と向いていない食べ物があります。特に、体重を落とすためには向いていない食べ物の摂取は控えることが大事です。菓子パンや洋菓子類、スナック菓子、焼き菓子、アイスなど間食として食べてしまいやすいものは、糖質や脂質が豊富に含まれているため、食べてしまうと体に脂肪が蓄積されてしまいます。また、単体のカロリーが高いので痩せやすい体質づくりに必要不可欠なビタミン・ミネラル・たんぱく質がどうしても不足してしまい、体の代謝を落とし太ってしまいます。
ダイエット=食べないではなく、栄養バランスを考えて、痩せやすい身体を作る食材で食事をすることがダイエットに繋がるということを知っておいてほしいと思います。

太ってしまう原因

太るのには必ず食事や運動習慣の中に太ってしまう原因があります。
原因となるものが7つありますのでご紹介します。
(1)夕食に食事が偏っている
ほとんどの人が当てはまりますが、食事の量が夕食にかたよりすぎています。普通の食事だとよく耳にしますが、太っている人の普通は大体がカロリーオーバーしているのです。体は夜になると血糖値が高くなり、脂肪を作りやすい状態になっています。特に21時以降の食事は太る原因となるので、夕食を見直すことも必要です。
(2)朝食を抜いている
ダイエットのためだからといって朝食を抜いていませんか?確かに、食事をしなければ痩せそうに思えますが、朝食を抜くと実はダイエットに逆効果なんです。朝食を抜いてしまうと、体温が上昇するまでに時間がかかり、代謝の低い状態が長続きます。代謝が低い状態はカロリーの消費が少なくなるので痩せにくくなってしまいます。
(3)甘いものなど、糖質中心の食事で栄養が偏っている
甘いものや炭水化物中心の食事で太ってしまう人も多く見られます。炭水化物中心の食事は完全に糖質の摂りすぎです。これはダイエット成功率を下げてしまうし、糖質をとりすぎることで体は排出するか脂肪として蓄えることかしかできなくなります。炭水化物や甘いものの摂りすぎには注意が必要です。
(4)食事で血糖値を急上昇させている
空腹時に食事をすると、血糖値が低いところから上昇するので上がり幅が大きくなり血糖値が上昇してしまいます。また、がつがつと早食いしてしまうのも血糖値が急上昇しインスリンが大量分泌され、フル稼働で脂肪を作ってしまいます。
(5)からだの水分量が少ない
水分量が少ないと血液の循環が悪くなり、老廃物を運ぶ機能や代謝が悪くなります。体の水分量が少ないと痩せにくい身体になります。
(6)ストレスが多い
ストレスがたまるとエネルギー補給のために糖分を欲しがったり、アミノ酸を欲しがったりします。そのため、無意識にたくさん食べてしまうこともあります。ストレスが多いのも太る要因となっています。
(7)運動不足
運動不足によって基礎代謝量や体温が低く、太りやすいという方も多いです。
筋肉量が少ないと脂肪の燃焼率も悪くなります。運動をし、消費カロリーを増やすことがダイエットの成功につながります。
これらの原因に注意してダイエットを行うと効率的に痩せることができるのではないでしょうか。

ダイエットに効果的なお肉や魚、海藻類

ダイエットを成功するには、まず、基本的な食事が大事です。今回は健康的に痩せられる食べ物をご紹介していきます。ダイエット中でもお肉や魚など、好きなものが食べれるので無理なく続けることができます。
お肉…
牛肉や豚肉などの赤みのお肉は、L-カルニチンやビタミンB群があるため、代謝をアップして脂肪を燃焼させる効果があります。さらに、赤みのお肉に含まれるたんぱく質は筋肉を大きくさせるので代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体づくりに効果的です。
また、鶏のささみは赤みのお肉と比べるとカロリーが低く、たんぱく質が豊富鶏のささみはダイエットの
定番です。蒸し鶏にすれば油も使わないのでさらに効果的です。赤みの肉を食べない日には鶏のささみなどのメニューにすといいです。
魚介類…
マグロ・イワシ・サケなど、これらの魚に含まれる「オメガ3」はコレステロールや脂質を抑える効果があり、代謝アップも期待できます。また、たんぱく質も豊富で特にマグロの赤身は高たんぱく、低カロリーな食べ物なので代謝をあげるには効果的です。イカは低カロリー、高たんぱくだけでなく、タウリンという成分で新陳代謝をあげて脂肪を燃焼させる効果があります。また、噛みごたえもあるので、自然と噛む回数も増え満腹中枢を刺激して少しの量でも満腹感が得られます。
海藻類…
わかめや昆布、ノリなどの海藻類に多く含まれるヨウ素には、体内でたんぱく質・脂質・糖質の代謝を促進させる働きがあります。また、食物繊維も豊富なので便秘解消の効果も期待できます。
ダイエットをするなら、これらの食材をうまく料理すると効果的に痩せることができます。

ダイエットに適したフルーツ

ダイエットを続けるには無理をしないこと!そのためには食べて痩せるのが一番です。
低カロリーな食べ物で満腹感を得たり、腹持ちのいい食べ物で食欲自体を抑えたりする方法などいろいろありますが、せっかくなら満腹感もあって健康的に痩せられる物を取り入れていきたいですよね。
今回はダイエット中におススメのフルーツをご紹介します。食後のデザートにフルーツを食べるだけでも気持ちが違いますよね。
(1)グレープフルーツ
グレープフルーツには、代謝をあげて脂肪を溜めにくくする効果があります。また、グレープフルーツなどのかんきつ系の香りは食欲を抑える効果やストレスを緩和する作用もあります。
(2)バナナ
朝バナナダイエットという方法をご存知の方も多いと思います。なぜバナナがいいのかというと、バナナには代謝をあげて脂肪を燃焼させるビタミンB群や、からだのむくみを解消する効果のあるカリウムなどを含んでいます。また、食物繊維も豊富で便秘解消にも効果的です。
(3)リンゴ
リンゴには糖質と脂質をエネルギーに変え脂肪がたまりにくくしてくれる効果のあるクエン酸や、脂肪の吸収を抑える働きのあるリンゴポリフェノールなどが含まれています。また、血液をサラサラにして代謝アップを促進してくれるリンゴポリフェノールは皮に多く含まれているので皮ごと食べるのがおすすめです。
食べるタイミングや量を考え3食きっちりとバランスよく食べることでダイエットを成功させることができます。

ダイエットにおススメの食べ物

今回はダイエットにおススメの食べ物をご紹介します。
誰もが簡単に摂れる食材で、「たまご」があります。たまごは高カロリーのイメージがありますが、それよりも消化するエネルギーが多いため太りにくい食べ物です。また、たんぱく質を多く含んでいるため、栄養価が高く、腹持ちもいいのでダイエットに適した食材となっています。茹で卵にしておくと簡単に食べることができるのでおすすめ食材です。
次におすすめなのが「しょうが」です。しょうがに含まれるジンゲロンが体脂肪の燃焼を促進させエネルギー消費をアップさせる働きがあります。また、体を芯から温めてくれるため血液の巡りを良くしたり代謝アップにも効果的です。
次におすすめは「アーモンド」です。アーモンドは一時ミランダカーも始めていると話題になったダイエット食品です。アーモンドには脂質の燃焼に効果的な不飽和脂肪酸やビタミンB2、また油分の吸収と食欲を抑える効果のある不要性食物繊維など、脂肪や糖質が付きにくい体になるための栄養素が豊富に含まれています。
ダイエットは低カロリー・高たんぱく・繊維質が豊富である・ビタミンやミネラルを含んでいる食べ物が必要となってきます。これらをうまく取り入れることで、無理な食事制限をしなくても、自然に体重も落ちてきます。3食をバランスよくしっかりと食べることでダイエット成功に近づくことができます。
代謝を良くし、健康的に痩せることが理想です。ダイエットは、楽しく、美味しい食事で無理をせず、効果的に行うものです。

ダイエット中の朝ごはん

ダイエット中は朝食を食べなかったりと抜いてしまう人も多いようですが、1日の原動力となる朝食は大事です。でも、ダイエット中はちょっとした工夫が必要です。せっかくのダイエット、無理のないように続けられるなら最高ですよね。いつの間にか痩せていた…なって言うダイエットが理想ではないでしょうか。
朝は、炭水化物・たんぱく質・野菜・果物をとりたいところです。炭水化物はご飯が一番いいのですが、どうしてもパンがいいという人もいるはず。そんな時はパンを諦めて無理をするより、カロリーや糖質の控えめなものを選ぶのがダイエットを続けるコツです。おすすめのパンは「フランスパン(バケット)」「ベーグル」「ライ麦パン」「全粒粉パン」がおすすめです。あとは、たんぱく質です。「たまご(目玉焼きや茹で卵がベスト)」「豆乳(そのままでもスープでもOK)」「チーズ(トーストなどで)」これに、野菜や季節の果物があればバッチリです。これだけ食べることができればダイエットだと意気込まなくても、普段の朝食として普通に食べることができます。
しかし、朝は忙しいですよね。特にお子さんがいる家庭では一番バタバタするのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが野菜スープです。スープにしょうがなどを入れることで代謝もアップします。野菜スープにすることで、たんぱく質と野菜が摂れることだけでなく、体も温まり、満腹感も得ることができるのでおすすめです。

ダイエット中のお昼ごはん

ダイエット中に知っておきたいのが、昼間は脂肪燃焼タイムだということです。ですので、ランチは1日の中でもある程度食べても良いので、食べる内容はそこまで気にしなくても大丈夫です。お家の中にいるなら、簡単で時間のかからない食事をしたいもの。そんな時におススメのメニューがあります。
(1)野菜スープリゾット
朝食で食べている野菜たっぷりのダイエットスープにご飯を入れて煮てるゾットにすだけ。
(2)塩こうじ焼きそば
麺と野菜は1:1で、あとは焼きそばについている粉末は使わずに塩こうじで味付けするだけ。
(3)納豆マグロ丼
ご飯の上にキャベツの千切り、さらに納豆と細かく切ったマグロをのせて完成。
(4)トマトカレースープスパ
余ったカレーにホールトマトを入れて煮てスープにします。そこに茹でたパスタを入れるだけ。
(5)山菜そば
パウチをされているすぐに使える山菜を茹でたそばにトッピングするだけ。お昼ならうどんでも大丈夫です。
また、外食の際のおすすめメニューはできれば和食です。
特に、おさかな定食や、豚の生姜焼き定食など色んなおかずが食べられるものがおすすめです。また、どんぶりものはご飯が多いので海鮮ランチを食べたいなら、刺身定食がおすすです。洋食にするのであれば、ポワレや魚料理がおすすめですが、ムニエルなどのこってりソースでたべるなら、ローストビーフなどの肉料理の方がダイエットには効果的です。イタリアンならトマトベースのパスタ、中華なら麻婆豆腐や八宝菜など定食がおすすめです。
好きなものを選びつつ、ダイエット中であるということも考慮したメニューを選ぶのが痩せる秘訣です。

ダイエット中の夕食の食べ方

夕食をついつい食べ過ぎってしまったりしてしまうことはありませんか?
ダイエットしている時の夕食は400カロリー以下を目標に食事をすることが求められます。夕食のカロリー、時間、食材、食べ方などのコツさえつかめば体に負担をかけずにダイエットすることができます。そして、ずっと太らない食習慣を身に着けることができます。
夕食のポイントとして、「400カロリー以下」「20時までに食べるのがベスト」「野菜・肉・ごはんの順で食べる」「22時以降は控えめのメニューに」「穀類・たんぱく質・野菜・きのこ類・海藻類を使う」などがあります。
避けなければいけないものとしては、脂っこい食事、夜遅い食事、食べすぎです。
胃に負担がかかり、胃もたれしやすくなったり、胃腸が休むことができずに疲れが残ったり、肥満になったりなどの症状が出ます。また、夕食抜ダイエットも必要な栄養が得られないので、便秘・睡眠不足・ストレス・ホルモンバランスの乱れなどの不調が起こりやすくなります。
夕食をとる夜は、副交感神経が高くなり、代謝が低くなります。18時以降から代謝は落ちてくるため、カロリーを消費する力が落ちます。同じ食事をしても、時間が遅いだけで身についてしまうので注意が必要です。
夕食一つでダイエットの成功が見えてきます。
夕食の食べ方のポイントやルールを覚えてしまえば、夕食のカロリーをおさえることができ、それが身につくことによって太りにくい体質や太らない体に変化していきます。コツをつかむことで、健康的なダイエットをすることができます。

夕飯におススメのダイエット食材

ダイエット中の夕飯におすすめな食材を取り入れ、普段の食事と変える必要がないところと、変えた方がよいところなどがあるのでそれを身に着けてダイエットを成功させましょう。
おすすめ食材をご紹介します。
(1)穀類
白米や小麦粉は血糖値が上がりやすいので、玄米や全粒子などを選ぶようにします。糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を抑えてくれます。消化されるスピードが遅いので腹持ちが良いです。
(2)生野菜
生野菜はビタミンや酵素などの栄養素を多く摂取できます。ダイエット中にビタミンが不足してくると体調を崩しやすいので意識して生野菜をとるようにします。ビタミンCは熱によって壊れてしまうので、加熱していない生野菜が大切です。
「レタス・トマト・アボガド・にんじん・きゅうり」がおすすめです。
(3)温野菜
野菜は加熱することで食べられる量が増えて、食物繊維が多く取りやすくなります。からだを冷やしたくない時は生野菜よりも温野菜を中心に食べて下さい。にんじんのカロチンの吸収率は茹でた方が高まります。
「キャベツ・ブロッコリー・アスパラ・にんじん・ごぼう・豆類」がおすすめです。
(4)きのこ・海藻類
きのこや海藻類はカロリーが低くダイエット向けの食材です。きのこ類は食物繊維やビタミンDが含まれていて、脂肪の燃焼を助けたり、炭水化物や脂質の吸収を遅らせるなどの働きがあります。
(5)たんぱく質
筋肉や皮膚などの体をつくる大切な栄養素なのでダイエット中でも必ず取らなくてはなりません。魚は脂の少ないものを選び、刺身なら赤みや白身、焼き魚はあじ、さけ、イワシなどです。肉はモモやロースを選んで脂があるところは取り除きます。鶏肉の皮はカロリーが高いので取り除きます。
このようなおススメ食材を使って料理することでダイエットを成功することができます。

夕食におススメの低カロリーメニュー

夕食のカロリーは400キロカロリーまで抑えられるようにしましょうとダイエット中は言われています。
具体的にどのくらいでしょうか?
まず、ご飯はカロリーが高いので、お茶碗を子ども用のお茶碗にして量を減らします。
子ども用のお茶碗1杯(100g)は168キロカロリーです。そのため、残りの232キロカロリーでおかずや汁物を作ればいいのです。
おすすめのメニューをご紹介します。
(1)ささ身のあっさり鍋
ささみのあっさり鍋は1人分102キロカロリーです。野菜とたんぱく質が取れるのでダイエットに向いています。味はさっぱり目なので1人分用の鍋にすれば食べすぎることなくお鍋を楽しむことができます。
お鍋なのでしっかりと野菜も取ることができるのでおすすめの料理です。
(2)しめじのおろし和え
しめじのおろし和えは、1人分76キロカロリーです。油を使わず料理ができるのでカロリーをおさえることができます。バルサミコ酢は脂肪燃焼などのダイエットも高いのでぜひ、お料理に使ってみて下さい。
(3)イカとトマトの炒め物
イカとトマトの炒め物は1人分183キロカロリーです。イカはコレステロールの代謝を促してくれます。プリッとした食感のイカと酸味のあるトマトがポイントになります。
(4)マグロのガーリックステーキ
ステーキを食べたくなったときは低カロリーのマグロにします。弱火でにんにくを炒めて香りを出すのがポイントです。マグロのガーリックステーキは1人分123キロカロリーです。
工夫をすれば美味しく低カロリーメニューがたくさんできます。
ぜひ、挑戦してみて下さい。

ダイエット中におススメの朝食

ダイエットを始めても、ダイエットで朝食を抜いたらなんだか調子が悪くなってしまったとか言った経験はありませんか?
朝食をとらずにダイエットしても、昼食や夕食で食べ過ぎてしまいかえって太ってしまったなどの経験も多いはず…。
ちゃんと朝食を食べて、健康的にリバウンドのないダイエットがしたい!そんな方に今回はダイエット効果の高い食べ物などをご紹介します。
朝食をしっかりとると、体温が上がり代謝が良くなるため、効率よく脂肪燃焼が行われます。また、脳に必要な糖分が補給されるため、集中力や記憶力が高まり、仕事や勉強の効率がアップします。
朝食をしっかりとった方がいいと言いますが、忙しい朝の時間にバランスよく朝食を作ったり、食べる時間はなかなかないですよね。そんな時におススメな朝食が、「シリアル」です。実は、シリアルには、炭水化物・ビタミン・ミネラル(鉄分)が摂れるため、手軽でありながら必要な栄養をある程度は取ることができます。ただし、シリアルだけでは偏るため、これに足りない脂質とたんぱく質をプラスすることが大事です。
次におすすめなのが手軽に食べられる「フルーツ」です。朝食にフルーツを食べるのは、健康や美容のために良いと言われています。フルーツにはビタミンやミネラルが豊富に入っています。免疫力を高めたり、肌の活性させる働きがあります。しかし、フルーツには糖分が多く含まれます。適度な量とフルーツのみの朝食を避けてとることをおすすめします。

1 2