1. まとめトップ

【軍艦島】クルーズ船で上陸!廃墟ロマンの中を歩く(長崎県・端島)

ユネスコ世界遺産に登録され、実写版「進撃の巨人」のロケ地で有名なかつての炭鉱の町の写真。九州旅行で長崎に行くなら島内の散策ができるガイド付きの日帰り周遊上陸ツアーがおすすめ。沖合の無人島には歴史マニアや芸術家肌の観光客をひきつける魅力に溢れています。

更新日: 2018年02月18日

2 お気に入り 2303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mybkmさん

【注】2013年4月時点の情報です。郡鹿島クルーズに参加される方は公式HP等で最新の情報を必ずご確認ください。主催者によっては出航する港が異なるので、事前によく確認してください。

軍艦島とは?

長崎の沖合17.5キロにうかぶ端島(はしま)。島の外見が軍艦(戦艦土佐)のように見えることから、「軍艦島」と呼ばれています。

★外周わずか1.2㎞の小さな島
当初は3分の1の大きさでしたが、6回の埋め立てで今の大きさになりました。それでも、幅160m、長さ480mしかありません。

★海底炭坑の島として栄える
1890年に三菱の私有地となり、本格的に炭坑が操業されるようになりました。良質な強粘炭が採れる端島炭坑は、日本の近代化を支えた炭坑のひとつでした。

★”時代の最先端”を走っていた絶頂期
出炭量の増加に伴って、端島の人口も増えました。島内には最先端の設備がつくられ、端島は絶頂期を迎えました。

(1)日本初の鉄筋コンクリート造の高層住宅
1916年、7階建ての「30号棟」が、鉱員の社宅として建てられました。

(2)世界一の人口密度(東京の9倍以上)
最盛期(1960年)の人口は5,267人、人口密度は83,600人/km²(東京特別区の9倍以上)と、世界一を
誇っていました。

(3)火葬場と墓地以外は、ほぼ何でも揃っていた
炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗・病院・寺院「泉福寺」・映画館「昭和館」・理髪店・美
容院・パチンコ屋・雀荘・社交場(スナック)「白水苑」・プールなどがあり、島内においてほぼ
完結した都市機能を有していました。

(4)日本初の屋上菜園
狭い島内では草木を育てる場所がなかったので、高層住宅の屋上に土を運び、花や野菜を育ててい
ました。これが、日本初の屋上菜園と言われています。

★エネルギー革命で閉山。島は”無人島”に
1960年代より、主要エネルギーが石炭から石油へ移行し、端島の炭坑も衰退しました。1974年1月、端島の炭坑は閉山することとなり、約2000人まで減っていた住民は同年4月20日までに全て島を離れ、端島は無人島となりました。

利用したツアー会社

長崎港フェリーターミナルから出航

長崎港フェリーターミナル。やまさ海運のツアーは
ここから出航します。

【他の港から出航するツアーもあるので、軍艦島クルーズに参加する方は、事前によく確認してください】

フェリー・ターミナルのやまさ海運の窓口。ここで料金を支払い、誓約書にサインをします。

クルーズ船「マルベージャ号」に乗船。

クルーズ往路

軍艦島(遠景と船着場)

クルーズ船からの上陸場所。天候が良くても海が荒れている場合は上陸できない日があるそうです、

軍艦島上陸(第一見学広場)

1 2 3