1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

【怖い話】ブラウン管を何の気なしに見たオレは凍りついた。そこには明らかにおかしい顔が映っている。

中学3年のときだ

元々住んでいたアパートが取り壊されるため立ち退きになることになった。

仕方なく他のアパートを探していたんだが
霊感をオレ以上に持つ(当時ね)親がアパートを探していた。
もちろん霊感的な所で探していたわけだ

すると、いい場所が見つかったらしくオレと一緒に見に行くことになった。
入った瞬間、オレは

「うわ、なんかやべぇなぁ」

と、直感的に思ったんだ
しかし、親は気に入ったらしく、子供なオレは歯向かうことは許されず強制的に決定。引っ越すことになった。

引っ越してからはオレの予想が当たったらしくラップ音がよくなる家だった。
霊感が鋭いくせに、怖がりな親どもは家中の電気をつけっぱなしで寝るんだよ。

それでもラップ音はやむわけもなく、なっていた。

そんなことがあっても即引っ越すわけにも
いかなくてしぶしぶそこに住んでいた。

それから数ヶ月して中学卒~高校入までの
若干の期間の間、おれはヒッキーになっていた

夕方に起きて、朝方に寝るという生活をしていた
だから、オレが起きている時間帯は親はとっくに寝ていた
この短い期間がオレにとって恐怖の時間だった

夕方に起きて、飯を食い、ゲームにひたすら没頭。
こうやって生活をしていると気づけば夜中になっているもんだ。

その頃は変な現象もなくなり、オレの部屋以外は真っ暗な状態だ

オレはトイレに行きたくなった

部屋を出るとすぐに居間で、部屋の目の前にテレビが置かれていた
部屋を開けると部屋からこぼれる光が、テレビのブラウン管に反射するだろ?

それを何の気なしに見たオレは凍りついた。

ブラウン管に明らかにおかしい顔が映っている

もちろんテレビなんかついちゃいない

オレの後ろに誰かが立っているとかではなく、ブラウン管いっぱいに顔が映っている

もし、そこに人がいるなら顔をブラウン管に押し付けている状態だ
おれは凍りついたままブラウン管を凝視した
よく見ればそれは女のようだった

ほんの数秒のできごとだっただろうが
オレはブラウン管から眼をそむけ

再びブラウン管に眼を戻すと
そこにはなにも映ってはいなかった

これはおそらく気のせいだろうと思い込み
そのままトイレへ向かった

でもこれで終わりじゃなかった

トイレへ行くには一旦玄関へ出なければいけない
そして玄関の扉の上にはガラスでできた欄間のような部分がある

つまり外の景色がガラス越しに見えるってわけだ

オレは背がデカイためそこと顔が対面することになる

玄関の明かりをつけると、ガラスってのは向こうが暗いと、明るい方を鏡のように反射する

つまりオレの顔がそこに写るわけだ
それを必ずオレは眼の中に入れなければならない

いつもどおりそれを見つつトイレに入ろうとした
しかし、何かおかしい
明らかにもうひとつ顔があったような気がした

すでにトイレの中に入っていたが意を決して再びそのガラスに眼をやった

すると今度は、明らかに確認できる大きさで、先ほどブラウン管に映っていた女の顔が写った

しかも、オレの顔の前に

その瞬間全身に鳥肌が立ち、オレは狭い家の中を走って自分の部屋に戻り、扉を閉め鍵をかけた

それから親が目覚めるまで部屋の中でひたすら、イヤホンをつけてゲームをしていた

朝になって親が起きてきて、ようやくトイレに行くことができた

よくチビらなかったと思うよ

【ゾッとする話】子供の手の跡

前住んでたマンションの話。

別にどうってことの無い古めのマンション(アパート?)で、4階建てのうちは4階だったんだけど、自分しか居ない時にリビングからテーブルにコップを置く音が聞こえたり、コーヒーミルが勝手に回ったり(これはコンセント入れっぱなしにしといたからだと思うんだけど)
わたしは全然霊感はないんですが、なんとなく「いやだなあ」っていうことが何度かあったんです。

で、ある時空き巣が入ったんです。
第一発見者は旦那。わたしは仕事で少し遅くて、電車に乗ってたら旦那から電話。

急いで駆けつけたら、ちょうど警察も来ていて、家の中はめちゃくちゃだった。
正直あんまり掃除してなかったからかなり恥ずかしかったけど、それもわからんぐらいタンスとか引き出しとかメチャクチャにされてたからゾッとすると同時にどことなくほっとした(笑)

通帳とか色々確認したら、印鑑と一緒に保管してあったのにその類は一切盗られてなくて、盗まれたのは「使えないから」と引き出しに保管してた2千円冊3枚・・・

となりの人は新品のノートパソコン盗られたとか言ってたんですが、(1フロア2部屋で、両方やられたわけです)、うちの被害は6千円でした。

「あー、現金とパっと見新しい電化しか狙わないのは中国人だから。一応指紋とるけど」

みたいなことを言って、警察の人がぽふぽふやりはじめました。
わたしと旦那も指の指紋をとられ、ピッキング対策にまったく適さない古い鍵を使いすぎだと大宅が怒られ、あとは土足で入られたので床を拭いたり片付けたり、そんなこんなで夜中になりました。

「最近この辺に出てる複数による犯行で、2人以上で運送業者のツナギみたいのを着てダンボール持参で来るタイプによる犯行だとおもうけど、見つけられるかはわからん」

と刑事さんに言われました。
で、最後に、指紋を採取してた人が

「奥さん、手広げてみて」

といいました。
わたしは女にしては手がでかいほうなんですが、両手広げたら

「そうだよねえ、女性だってこのくらいだよねえ。最近子供とか来ました?家に」

と言われ、

「いや、一度も来たことないですけど」

と答えたら
電子レンジのガラスのど真ん中に、ぺちゃっと子供が触ったような
小さい手のひらの指紋がついてる、と言われました。

先に書いたコップの音との因果関係は全く不明ですが、ものすごくゾッとしました。
空き巣も怖かったのですぐに引っ越しました。
結局犯人は見つかりませんでした。

【不気味】テレビを見ると放送終了後の砂嵐に荒れ果てた〇〇が映ってました

昔、実際に体験したことを投下させてもらいます。

私がまだ中学生だった頃の話。
その日は友達がウチに泊まりにきていて、いつものように深夜までくだらない話をしていました。

他愛もない話だったけどすごく盛り上がってテレビが終了のアナウンスを流してる事すら気付かないくらい夢中になっていた。その時、突然友達が

「やぁ…っ!!」

と、急に変な声を出したので
私は

「何今の声www」

と突っ込むと顔面蒼白で

「て…!テレビてれび!!」

とテレビを指差して泣きだしました。
何事かと思いテレビを見ると放送終了後の砂嵐に荒れ果てた墓?が映ってました。

人によっては赤いよだれ掛けをしたお地蔵様だって言うけど、私は彼岸花を飾ったボロボロの石のお墓に見えました。

そのすぐ後に足をベロベロ舐められた感触があったり、外で犬?みたいなうなり声が聞こえたりしましたが…あれは一体なんだったんでしょうか…

【ゾッとする話】出てくる顔

なぜか突然思い出して、怖くて寝れん!!誰か聞いて!!

2年くらい前、母親と地元ショッピングセンターで買い物をするため、車をとめようと立体駐車場に入った。
夕方5時くらいだったんだけど、冬の初めだったから外は薄暗く、駐車場に入るともう真っ暗。

なのに、駐車場内は電気がついていない。

「入り口に管理人いたのにね」

とか言いながら、なんとかあいてるところを見つけ、暗がりの中、車を止めた。

その時ちょうど右隣の車の夫婦が、両手に荷物いっぱいで帰ってきたのだが、旦那の方がドアも開けずに車の左後部の下辺りを覗き込み、何かを探しているようだった。
妻に

「何してるの、早く開けて」

と言われているのを横目に、私達が車をでた瞬間、漸く電気がついた。

時刻は5時18分。

「ほんまは5時に点くのが遅れたんかな?」

と母に話しながら駐車場を出た。
その時、普通の話と変わらぬ口調で母が言った。

「あんたに言ったら怖がると思ったから言わなかったんだけどね。さっきバックで駐車する時、隣の車の後ろに人がいた。サイドミラーに映ったのよ。

私らの右隣の車の後ろ。
顔だけ出してたの。でもね、顔が斜めに出るんじゃなくて、地面に対して垂直に…こう真っ直ぐだったのよね。気持ち悪かったわ。」

これを聞いたとき、もしかして隣の旦那も誰かいるように見えたから探すような仕草をしていたんじゃないかと思ってゾッとした。

立体駐車場は出口が一つだし、もちろん誰もいなかったから。

うちの母と妹は稀にこういうのを見るらしいんだけど、なんていうか…

すごく淡々とその話をするから余計に怖い。怖がらせようとしてるわけじゃ
ない話って、余計に怖い。

なぜか急に思い出した。文章ヘタでごめん。

【ゾッとする話】「ウサギさんがいるよ。」

家族で伊豆の下田方面へ行った時の事です。

下田の町に入る直前に左に曲がる交差点がありそこを左折すると有名な岬が有ります。
季節は冬。確か水仙が沢山咲いていると言うことでそこに向かいました。
途中、天皇さんのご用邸とかが有り、その広い敷地に沿って進むと駐車場に着きました。

海岸を歩きながら水仙を見ましたが、当日風が強く、物凄い寒さで早く帰りたいと思っていました。

しかし、子供は元気です。

「あそこに灯台があるよ。」

と私の手を引いて小高い岬の上へと続く階段をを上って行きました。
妻と下の子は、寒さのため車に戻っています。

階段を登り終わると、そこは芝生に覆われていて左手は岬の先端となり灯台が有りました。
2人は灯台へと向かいました。もうすぐ灯台に着こうと言う時、

「ウサギさんがいるよ。」

子供が叫びます。

子供が言う方向を見ると確かにウサギの耳が見えます。

灯台の周りには欄干が有るのですが岬の最先端の所の欄干の下(踊り場の下)からウサギの耳が”ぴょこん”出ています。

きっと、岬の先端の欄干の下にちょっとしたあそびが有りそこにウサギがいて耳だけ出していると思っていました。

子供は、夢中で走り出します。
でも、何か嫌な気がして、

「ちょっと待って。」

子供は、聞いていません。

「○○、待ちなさい。」

大声を上げると”びくっ”とした様子で子供は立ち止まり恨めしそうな顔をしてこちらを見ます。

私も怖くなるような物凄い恨めしそうな顔でした。
私は、子供の所へ駆け寄り手を握りました。

「おとうさん、どうしたの。」

「危ないから、怒鳴ったんだよ。」

「怒鳴ったの?」

「えっ」

取りあえず、手をつないで灯台へと向かいました。
既に、ウサギの耳は見えません。

「ウサギさん逃げちゃったね。」

残念がりながら灯台まで行き灯台の周りの踊り場に立って欄干の所に行こうとした時、”ゾッ”としました。

欄干の下は、直接断崖絶壁となっていて遊び場など有りません。
小動物がもとどまるところなど有りませんでした。

何メートル下には崖の凹凸が有りウサギが休める様な所は有りますが鳥でもない限り降りることは出来ません。

それよりも、何故、ウサギの耳が見えていたのかです。
欄干の近くに行くのも嫌なのでそのまま灯台を後にしました。

車に戻ってその話を妻にしましたが、気のせいだよと言われてしまいました。

「でも、良かったよ。○○がウサギの所へ行こうと灯台の方に走って行ったのを止めて。
 でも、大きな声を出したからびっくりしたろう。」

「ぼく、走らないよ。ずっと手をつないでいたじゃない。」

子供が言うことなのでと思いましたが、本人は走った記憶、怒鳴られた記憶は全然無い様でした。

その時、立ち止まった後の恨めしそうな顔が思い出されました。
今思うとあの顔は、子供の顔でなかった様な気がします。

あのまま、呼び止めなければ。
考えたくありません。

【ゾッとする話】同じ調子の返事

昨年の夏の母親の体験です。

私は都内某所にアパートを借りて一人暮らしをしています。
電車で20分程離れた所に両親が住んでいて、母は気が向くと電車またはバスを利用しアパートに遊びに来ます。

ただし私が不規則な生活(になりがちな仕事)をしているため、母は遊びにくる直前に必ず在宅か不在かを、確認します。

ところがある日、母は確認の電話を入れずに私のアパートへ来たそうです。
私はその日、休みだったんですが友達と遊びに朝から外出して不在でした。

時刻は真っ昼間です。母はそんなことも知らずアパートに到着。
本当は合い鍵も持ってますが、頭から私が在宅していると思い込んでいて

「(トン、トン)○○子いるでしょ~?」

すると

「・・・はい」

中から声がしたので突っ立って待っていたそうですが、声がしたきり中で人が動く気配なし。

そこで再びノックして

「いるんでしょ? 早く出なさいよ」

「・・・はい」

また同じ声。返事だけ。

ここで初めてゾッとしたそうです。

一瞬にして一度目の「・・・はい」が自分の娘の声ではなかったこと、女性よりかすれてちょっと低めの男っぽい声だったことに気づいた。

母は・・・バカですよね、霊とかじゃなくドロボーの可能性だってあるというのに即座に合い鍵を使いドアを開け部屋へ飛び込んだそうです。

まあドロボーではなかったからよかったものの・・・

中に入り、2つの部屋、トイレ、風呂、押入まで確認したが、誰もいなかったとのこと。

私はと言えばその数時間後帰宅。
叔母から電話をもらい別の話で盛り上がった後、叔母が

「お母さんから聞いた?今日あんたのアパート行ってね・・」

ここではじめて事実を聞いた私は、鳥肌が立ちました。
電気消して眠れなかったです。

後で友達の同僚でちょっと霊感があるって人に聞いたら、

「私の能力じゃ正体までは分からないけど、あっちの地域は多いからね~」

と言われました。多いって????

1 2 3 4 5 6