1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

70階建のビルだと!?住友林業の木造超高層ビル計画に色々な声

住友林業が発表した「木造超高層ビル」計画に色々な声が上がっています。

更新日: 2018年02月11日

32 お気に入り 51358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実際に住友林業が発表しています。

■住友林業が驚きの計画を発表した

日本一の高層ビル「あべのハルカス」を超える超高層ビルを木造で建てる構想が発表されました。

高さ350メートルの木造高層ビルの建築を目指す構想を、住友林業が発表しました。創業350周年を迎える2041年が目標。

70階建ての木造の超高層ビルのイメージです。内部はすべて木材を使い、外側は木材と鉄鋼との組み合わせで建物を支える構造となっています

建物に使った木材は、一定期間を経た後、一部を取り換えてメンテナンスを施す。除去した木材は住宅用の柱や梁などに再加工・利用したり、新たな木質建材の原料にしたりして循環利用する

2041年の建設を目指すと発表しました。環境に優しく、森林の再生にも役立てるとしています。

想定する建物は、店舗・オフィス・ホテル・住宅の複合ビルで、地震固有値解析のため建設地は千代田区丸の内に設定。

一軒家の住宅約8000棟分の木材を使い、木材と鉄鋼の割合を9対1にすることを目指しています。

国内では、手入れが行き届かず放置され、荒廃した森林が多く存在している。計画が実現すれば、木材の再利用や林業の活性化など多くのメリットが期待できる。

住友林業が350mの木造建築を計画してるって。 鉄筋と木材のハイブリッドみたいだけど、そんなの建てられるのね。 sfc.jp/information/ne…

耐用年数短そう。30年くらいになりそう / “70階建ての木造高層ビル、住友林業が計画 - ねとらぼ” htn.to/DenSk53

こう言う馬鹿が出来る余裕が出来て何より。限界を突破しろ。「住友林業が木造超高層ビル『W350』を東京丸の内に建設する計画を発表した事に..」togetter.com/li/1198042#c46…

個人的に好きな住友林業のデザイン。大手メーカーでは木を全面に出した提案は他には少ない。このナチュラル感がいい♪ 丸の内エリアに高さ350メートルの木造超高層ビル建設へ 店舗やホテルが入居 fashionsnap.com/article/2018-0… @fashionsnapより

へー、木材で3時間耐火なんてできるんだ。木の間柱の壁でもフィブロックとか使えるようになるのかな。8000棟分の木材を使用する工数をこなす大工さ..「住友林業が木造超高層ビル『W350』を東京丸の内に建設する計画を発表した事に..」togetter.com/li/1198042#c46…

■実は、木材高層建築は世界中で進められている

CLTという新たな集合材が、建築物の世界を変えようとしている。従来は使えなかった高層建築物に木材が使えるようになるのだ

コンクリート並みの強度を誇る新しい集成材、CLT(クロス・ラミネイティッド・ティンバー)を利用した、木造高層ビルが、オーストリアの都市部にどんどん建ち並び始めている。

政府は杉などを使ったCLTの普及を成長戦略の一つに組み込んだ。性能や施工法、生産方法などの法整備を進めるという。

CLTとは、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場(杜のスタジアム)にもCLTが採用される見通し

■カナダでは現在18階建ての木造建築を建築中

1 2