1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ユネスコは5歳から設定…日本の「性教育」の遅れに色々な声が出ている

現在、日本の性教育は、教育課程の家庭科や保健科といった授業で実施されている。日本の「性教育」の遅れに色々な声が出ています。

更新日: 2018年02月12日

26 お気に入り 40254 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

現在、日本の性教育は、教育課程の家庭科や保健科といった授業で実施されている。日本の「性教育」の遅れに色々な声が出ています。

isaaccさん

○日本の遅れた“性教育”

現在、日本の性教育は、教育課程の家庭科や保健科といった授業で実施されている。

日本では、妊娠した女性の36%が「望まぬ妊娠だった」と答えている。その根本にあるとされるのが、日本の遅れた“性教育”だ。

HIVについての授業はあるけれど、具体的に性行為の正しい方法などの知識をつける授業を、中学生までに受けるのは難しいのが現状ではないでしょうか。

○若年者の性感染症は世界トップレベル

日本性教育協会(JASE)の『若年者の性感染症の現状と予防』では、18~19歳の「クラミジア」女性陽性者数は13.4%と、世界トップレベルであることがわかっています。

16年単年の報告数だけみても、20歳未満の性器クラミジア感染症は約2200人、淋菌感染症は約500人、性器ヘルペスウイルス感染症は約300人に上る。

日本国籍のHIV感染者を年齢階級別、性別、感染経路別にみると、20~30代の年齢層の男性同性間性的接触によるものが多い

○ユネスコが出している性教育の開始は5歳から設定

ユネスコが出している『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』を例に出すならば、性教育の開始は5歳から設定しています。

小学生に「コンドームなしの性交のリスク」について教える必要性について書かれていたり、中学生レベルになると、コンドームの正しい使用方法を学ぶことが大切だと記載されていたりする。

米・ロサンゼルスでは、思春期を迎える年齢が年々早くなっているという調査結果も

○女優ジェシカ・ビールは2歳の息子に早くも「性教育」を開始

性教育といっても、まずは基本的な呼び方であったりその見た目について話をしていることを明かしたジェシカ。

ジェシカ・ビールが『2018 MAKERS Conference』に登場し、性や男女関係につき話し合う中で以下のような発言をしてメディアを驚かせた。

○独自の方法で性教育をおこなっていることを明かした

「早すぎるのでは?」なんて声も聞こえてきそうだが、その理由について彼女はこう語っている。

「確かにまだすごく幼いわ。でも信じているの。これぐらいの時期に(性教育を)始めておけば、恥ずかしい思いをしなくてすむって。」

独自の方法で性教育をおこなっていることを明かしたジェシカは、最後に「自分の体だけでなくほかの人の体にも敬意を払うべき」と自身の考えを締めくくった。

○遅れた性教育はネットでも話題になっている

性教育に力入れないとネットでAV簡単に観れるご時世だから、間違った性知識が広まるぞ

1 2

関連まとめ