1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Katakataさん

▼豆乳ダイエットは2種類ある

1、置き換えダイエット

1日3食のうちのどれかを豆乳に置き換える方法です。
豆乳のカロリーは200mlあたり104kcal(無調整豆乳の場合)です。
3食のうちの1食を豆乳に置き換えれば、その分カロリーは減らせるのでダイエットに繋がります。

豆乳置き換えダイエットは、朝昼をしっかり食べた上で、夕食を豆乳に置き換えるのが一番ベストな方法なんだそう。

2、生理前だけ豆乳を飲む

生理が始まるまでの間の7日間は、女性ホルモンのプロゲステロンが増えるため、体が水分や脂肪などの栄養を蓄えようとします。さらに、水分、塩分を溜め込むため、むくみやすい状態になってしまうのです。

この7日間に、プロゲステロンの分泌を抑えることができるもう1つの女性ホルモン「エストロゲン」と似たような働きをもつ豆乳を飲むことで、水分や脂肪の溜め込みを防ぐことができます、その結果、痩せることができるのです。

▼豆乳ダイエットの効果は?

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きをする女性にとって大事な成分「エストロゲン」が含まれているので、ホルモンバランスが乱れやすい方には、ダイエットのサポートと一緒に健康維持もできる事が嬉しいです。

▼豆乳の種類

【無調整豆乳】
大豆を絞ったそのままの状態で売られているものを言います。
大豆本来の味や香りがダイレクトに感じられるため、苦手に感じる方も多いのですが、大豆に含まれる栄養がしっかりと含まれています。

【調整豆乳】
無調整豆乳を飲みやすくするために砂糖などを加えています。
飲みやすい反面、大豆に含まれる栄養は無調整豆乳よりも少なくなってしまいます。

▼豆乳選びのポイント

ダイエット中におすすめなのは、無調整豆乳。無調整豆乳は、栄養価が高く低カロリーです。

▼豆乳を飲む期間、量、タイミング

豆乳を飲む時期というのもあり、それが生理開始7日前から生理日までの7日間のみとされています。

飲むタイミングは、食事前や間食に。飲む量は1日200mlを目安にしましょう。

食事前に水分を摂ると満腹感が得られるので暴食を抑える事が出来ます。コップ1杯の豆乳を飲んだ後は、普段通りの食事が食べる事が出来るのでストレスなく続けられます。

▼豆乳にプラスしてダイエット効果アップ

①きな粉と黒ごま

〈レシピ〉
無調整豆乳 200ml
黒ゴマ ティースプーン1~2杯
きな粉 ティースプーン1~2杯

いつまでも若々しく、綺麗でいたいという人にはセサミン・ポリフェノールを含んでいる黒ゴマがオススメです。ここにきな粉をプラスすると、イソフラボンもさらにプラスすることができます。

②バナナ

〈レシピ〉
無調整豆乳 200ml
バナナ 1本

便通があまりよくない人や、豆乳が苦手という人にオススメなのがバナナ豆乳です。

1 2