1. まとめトップ

体の不調はとりあえず「総合診療医」に診てもらえ~ からだの不安をまるごと相談~

風邪を引いた、なんだか調子が悪い。風邪は内科?胃腸なら胃腸科?メンタルかなぁとおもったら心療内科?頭痛なら・・・??どこにかかればよいか分からない症状。そんなときは体全体を相談できる「総合診療医」をかかりつけにしてみてもらおう!

更新日: 2018年08月17日

4 お気に入り 1403 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

医療政策や制度、患者のニーズや働き手(医師)からもいろんな意味で話題・注目の「総合診療」!

総合病院の小児科年々診療日減っとるやないか…いまだに人増えてないんか…ほぼ2人体制とか無理やろ…早く先生増えてえええ

何の気なしに112回医師国家試験の委員長調べたら総合診療のお偉いさんやった。そりゃ総診のトピックスでますね笑

体の不調はとりあえず「総合診療医」に診てもらえ~ からだの不安をまるごと相談~ dlvr.it/QG7PYk

【日本の総合診療】総合診療専門医と内科総合専門医がグレーゾーンで争うところが次のステップ。その後,primary careは家庭医療学会が、Hospitalistは内科医がもっていくだろう。

総合診療医とは・・・まずはその「定義」から抑えとこう

総合診療科(そうごうしんりょうか)とは、医療における診療科のひとつで、あまりにも専門化・細分化しすぎた現代医療の中で、全人的に人間を捉え、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う部門。また、外来初診の「症状」のみの患者に迅速かつ適切に「診断」をつける科でもある。医療機関・大学によっては総合診療部ともいう。

「デジタル大辞泉」(小学館)では、総合診療医とは「総合的な診療能力を有し、プライマリーケアを専門に行う医師。身体の状態だけでなく、心理的・社会的問題も含めて、患者を継続的に診察し、必要に応じて専門医に紹介する。」と定義されています。

「誰も診断のできなかった奇病や難しい症例を見極める医師」としてメディアが取り上げている影響で、世間でも注目度が高い。

「ホスピタリスト」も近年ホットワードになっていますね。

NHKの番組「スーパードクターG」がけっこうおもしろいよ

総合診療医が病名を探り当てるまでの謎解きの面白さをスタジオで展開する、新感覚!病名推理エンターテインメント番組。総合診療医“ドクターG”が、誰にでも思い当たるような症状で、見逃しがちな難しい病気をひっさげてスタジオに登場。実際にあった症例をもとに再構成したビデオで出題。全国各地で奮闘する選りすぐりの若き研修医たちが“カンファレンス(症例検討会)”で鑑別診断を行う。台本なしのガチンコで病名を探るリアル感、ドキュメント感いっぱいの展開にスタジオはヒートアップ! 症例から得た“ドクターG”の教訓も熱きメッセージとしてお届けする。医師たちの真剣勝負を通して、人体の不思議や医療の奥深さをご堪能下さい。

総合診療医は問診や身体診察を通して、症状だけでなく、過去の病歴、家族関係、食生活、仕事や趣味などから、患者を総合的に診断する。専門化が進みすぎた医療界を抜本的に変革するために生まれた新しい医師像。なお、“ドクターG”は、General Medicine(総合診療)からとった番組上の造語。

人世代前のなかまたちならわかってくれるはちゃめちゃ天才医師「スーパードクターK」

総合診療で有名なのが「日本プライマリ・ケア連合学会」

ここのサイトがつくりこまれていて、けっこうわかりやすくかっこよい。
まず「総合診療」をキーワードに調べるなら、絶対に見た方がよいサイトです。

×「プライマリーケア」ではなく
〇「プライマリ・ケア」のようです!
学会のみなさんが使っている固有名詞として覚えておきましょう。

「社団法人日本プライマリ・ケア連合学会」という学会もできています。(以前からあった学会が統合して、プライマリ・ケアに対応した形で収斂されたのは記憶に新しいところです。

■総合診療専門医の使命

日常遭遇する疾病と傷害等に対して適切な初期対応と必要に応じた継続的な診療 を全人的に提供するとともに、地域のニーズを踏まえた疾病の予防、介護、看とり など保健・医療・介護・福祉活動に取り組み、絶えざる自己研鑽を重ねながら人々 の命と健康に関わる幅広い問題について適切に対応する使命を担う。

出典:一般社団法人日本専門医機構「総合診療専門研修指導医マニュアル」(閲覧日:平成27年9月8日)

欧米では、従来からプライマリ・ケア医(総合医や家庭医)が医療制度の一部として確立されていた一方で、日本では長らくそれを規定する資格や身分はありませんでした。しかし近年、高齢化等による医療需要の変化などを受けて議論が進められ、「総合診療専門医」という専門医資格がスタートすることになりました。

1 2 3 4